特集記事

今注目の記事

2017年12月13日 更新

自然な甘さで子供も喜ぶ!「南瓜」を食べたい!消費に困らないレシピも☆

南瓜は子供に食べさせたい栄養豊富な食材です♪甘味があるので離乳食でも、完了後でも子供にとって食べやすい食材ですね。子供がぱくぱく食べてくる鉄板レシピもご紹介します♡

南瓜の旬は?南瓜を食べるといいワケとは?

収穫のピークは夏、栄養価が高いのは冬

収穫のピークは7月ごろですが、栄養価や甘味が強く食べごろとされるのは秋から冬にかけてです。収穫と食べごろに時差があるのは、南瓜は貯蔵することにより栄養価や甘味が増すからなのです。

ビタミンを豊富に含む緑黄色野菜

南瓜の注目すべき栄養素は「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンE」です。
これらは疲労回復や老化防止などに効果的です。
また、炭水化物も豊富に含まれておりエネルギー補給としての役割も果たしてくれるでしょう。
 (116300)

南瓜を食べて寒い冬を乗り切ろう

冬至には「南瓜」が習慣

日本には「冬至」があります。冬至とは一年で一番昼が短く、夜が長い日をいいます。

この日には南瓜を食べる習慣があるのです。
昔は今ほど食も豊かではなかったので、夏に収穫した南瓜を保存して冬に食べていました。
南瓜は収穫されてすぐよりも少し寝かせた秋や冬の方が栄養価もグッとあがるのです。

栄養価の高い南瓜を食べて寒い冬を乗り切って健康に長生きする事が昔からの風習に繋がっていったのです。

風邪予防にも◎

南瓜に含まれるビタミンAは粘膜を保護し、細菌の侵入を防いでくれるので風邪予防にも効果的です。風邪が流行する寒い時期には積極的に南瓜を食べたいものですね。
 (116301)

離乳食にも使いやすくて便利な食材

ペースト状にしやすい

小さな種もなく筋や繊維も少ないので裏ごししやすく、離乳食の赤ちゃんでも食べやすい食材です。
また、一度にたくさん出来るので冷凍してストックしておくと便利ですね。
38 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

子供に『鉄分』はなぜ必要?離乳食&幼児食レシピおすすめ6選

子供に『鉄分』はなぜ必要?離乳食&幼児食レシピおすすめ6選

子供がなりやすい鉄分不足。そのサイクルを知って鉄分不足を予防しましょう!おすすめレシピも一緒にご紹介します★
赤ちゃんと一緒にクリスマスパーティー☆おススメ離乳食メニュー

赤ちゃんと一緒にクリスマスパーティー☆おススメ離乳食メニュー

もうすぐクリスマス!クリスマスの日は少しだけ特別なメニューにしたいですよね。今回はクリスマス離乳食のみんなの素敵なアイディアをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。
1歳過ぎてからの栄養バランス★ママに知ってほしい食事のポイント

1歳過ぎてからの栄養バランス★ママに知ってほしい食事のポイント

離乳食も完了期にさしかかり、色々な物が食べられるようになるこの時期。食べる量も大切ですがバランスを考えた食事にしてあげたいものです。ママに知ってほしい食事のポイントをまとめました。
野菜が苦手な子にも★栄養満点の『ベジブロス』を離乳食に活用しよう

野菜が苦手な子にも★栄養満点の『ベジブロス』を離乳食に活用しよう

“野菜くず”から作る野菜だし『ベジブロス』。節約にも免疫力UPにもおすすめ!離乳食にも活用して、家族みんなで冬を元気に過ごしましょう!
いつも冷蔵庫にストックしている野菜でできる♡かんたん幼児食おすすめレシピ

いつも冷蔵庫にストックしている野菜でできる♡かんたん幼児食おすすめレシピ

人参・玉ねぎ・キャベツ・じゃがいも、もやし、ほうれん草…季節を問わずストックしやすい6種類の常備野菜を使って、子供が喜ぶ食事を作りましょう♪バラエティに富んだレシピの数々、ご覧下さい♡
食パン可愛く楽しく大変身♡子供も大喜びのアレンジアイディア6選

食パン可愛く楽しく大変身♡子供も大喜びのアレンジアイディア6選

安くて何処でも手に入る『食パン』を、手軽に活用してみませんか?美味しいのはもちろん、子供が喜ぶ見た目にも楽しいアイディアをご紹介します。

この記事のキュレーター

mana0116 mana0116