特集記事

今注目の記事

2017年12月5日 更新

ワーママ必見★育児と仕事を上手に両立させたい…周囲に対して守りたいマナーとは?

育児と仕事の両立、素敵なことですよね☆しかし、育児をしながら働くためには周囲の協力が必要不可欠です。ワーママとして最低限守りたいマナーをまとめてみました。

感謝の気持ちを忘れないで!

保育園や幼稚園活動のため欠勤、子供の急病で突然早退…ワーママには様々な事情で周囲からの協力が必要な場面があります。

そんなとき「子供がいるから仕方ない!」と考えず、感謝の気持ちを忘れないことは最低限のマナーと言えるでしょう。

「いつもすみません」「助かります」「先日はご迷惑をおかけしました」などの言葉かけはもちろん、時間の許すときには周囲の仕事を手伝うなど、協力を得た分を取り返す心がけがあると印象が大きく異なります。

1人で抱え込まず素直になろう!

 (113946)

任された仕事はきちんとこなしたい!

そう考えていても、結局は家庭の事情で途中半端な結果に…信用をなくすだけでなく、そのしわ寄せで周囲に負担をかけてしまいます。

重要な仕事なら尚更のこと。力量以上に業務を抱え込まず、素直に応援を頼みましょう。

しかし、最初から育児を理由に何でも諦めるのはご法度。
「できません!」ではなく「私が引き受けても大丈夫ですか?」と相談しつつ、出来る範囲内で積極的に取り組みましょう。

日頃から業務状況を整えよう!

 (113947)

急に早退や欠勤が生じた場合、他の人に業務を変わってもらうこともあるでしょう。

仕事の進み具合がわかるようメモを付けたり、資料をさっと探せるよう常に机を整頓しておくも大切です。

誰が見てもわかるよう、日頃から業務状況を整えておくようにしましょうね。

職場で子育ての話は…?

職場の中には様々な人がいます。

子供の話を快く思わない人もいるでしょう。デリケートな事情を抱えている人もいるかもしれません。
悪気がなくても周囲を傷つけてしまうと、業務にも影響を及ぼしかねません。

子供の写真を飾ったり、子育ての話をするときは、周囲の状況や反応を見て判断できるといいですね。

両立は大変!でも自己責任!

 (113985)

育児と仕事の両立はたしかに大変です。

しかし、「それは自分で選んだ道!」と気合いを入れたいものです★

「他の人より自分の方が大変!」という態度や行動は慎みましょう。

いつも笑顔で!

気持ちは顔に表れます。

「大変!辛い…」とばかり思って暗い顔、疲れた顔をしていると、周囲まで気持ちが沈んでしまいます。

忙しくても明るい笑顔を絶やさなければ、自然と「頑張っているね」と思ってくれるでしょう。
17 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

仕事復帰目前のママ必見!!やり残したことはない?!【#復帰前にはこれをやっとけ】をチェック*

仕事復帰目前のママ必見!!やり残したことはない?!【#復帰前にはこれをやっとけ】をチェック*

もうすぐ仕事復帰されるママ必見のハッシュタグ【#復帰前にはこれをやっとけ】では、仕事復帰に備えてしておくべきことがたくさん買いてあります。ぜひ参考にして仕事復帰に備えてください♪
[PR]働きたいママを応援!専用保育所あり☆ヤクルトレディのお仕事

[PR]働きたいママを応援!専用保育所あり☆ヤクルトレディのお仕事

家計のために少しでも働きたい!やりがいを感じながら仕事をしたい!働き方の希望はひとそれぞれ。自分のライフスタイルにあった働き方を見つけてみませんか?
最良の働き方を考える、家庭と両立できる仕事を探そう

最良の働き方を考える、家庭と両立できる仕事を探そう

結婚や出産といったライフイベントがキャリアに大きく影響する女性にとって、仕事と家庭の両立は大きな課題です。「現在の職場は毎日残業が当たり前で子育てとの両立は無理かも・・・」、 「育児期間中のブランクが長いから、再就職にチャレンジする自信がもてない・・・」、など 仕事と家庭の両立に悩む女性は少なくありません。 今回は、家庭と両立できる仕事を探すための予備知識として、正社員・派遣社員・アルバイト社員それぞれ3つのワークスタイルのメリット・デメリットを考えてみます。
ママ友をつくるのは難しい?ワーキングマザーがママ友を作る2つのポイント

ママ友をつくるのは難しい?ワーキングマザーがママ友を作る2つのポイント

ちょっと育児に悩んだときに相談できたり、情報交換ができたり、居れば居たで有難い存在の「ママ友」。しかし、ワーキングマザーはなかなかママ友を作る時間がありませんよね。そんな働くママが「ママ友」を作るちょっとしたコツをお伝えします。
仕事も子育てももっと楽に!両立させるための3つのヒント

仕事も子育てももっと楽に!両立させるための3つのヒント

現在も育児と仕事に奮闘中のママへ、仕事も子育てももっと楽になるヒントをお伝えします。
働くママにしてほしい、子どもとの絆を育む3つのこと

働くママにしてほしい、子どもとの絆を育む3つのこと

一緒にいる時間は短くても、子供との絆を育む時間は大切にしたいですね。働くママに是非してほしい3つのことをご紹介します。

この記事のキュレーター

e-family e-family