特集記事

今注目の記事

2017年11月30日 更新

SNS映え間違いなし★赤ちゃんの成長記録には月齢ブロックがおすすめ♡

赤ちゃんの成長を写真に残しているママがほとんだと思いますが、私の一押しは【月齢ブロック】です。生まれてすぐから長く使うことができますし、簡単にオシャレな写真を撮ることができるので忙しいママでも大丈夫!!おすすめの月齢ブロックを7つご紹介します!!

Mud Pie

 (100415)

4,730円(税込)
まずはじめに紹介するのがマッドパイの月齢ブロックです★

0から9の数字のブロックが2つと、DAYS、WEEKS、MONTH、YEARSと書かれたボックスがセットになっています。
このブロックを自由に組み合わせて使います♪

シンプルなデザインで、男の子女の子関係なくお使いいただけます!
 (100414)

pearhead

 (100407)

2,376円(税込)
2つ目はペアヘッドの月齢ブロックです。

ピンクベースとブルーベースの2色展開になっています。
ペアヘッドはニューヨーク発のブランドだけあり、とってもオシャレで可愛いですね。
こちらもDAYS、WEEKS、MONTH、YEARSと数字のブロックがセットになっています。

カラフルなのでSNS映えしそうですね。
 (100408)

babyaspen

 (100398)

3,218円(税込)
ベビーアスペンの月齢ブロックは、1つ1つのブロック面にこだわっています。
文字は1つ1つ字体が違っていたり、数字のブロックにはさまざまな柄が書いてあります♪
グレーがメインカラーですが、ところどころ違う色味が加わりアクセントになっています。
シンプル好きなママにおすすめです★
 (100399)

Sticky Bellies

 (100402)

3,866円(税込)
スティッキーベリーズの月齢ブロックは、ビビットカラーが特徴です。
はっきりした色合いなので、写真に撮ってもはっきり写ってくれます♪

ブロックの面によって色合いが異なっているので、カラフルで可愛いですね。
妊娠中のママの、週数を記録に残すときにも使えます!
29 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

成長記録のマストアイテム♡オシャレで可愛いメモリアルステッカーブランド5選

成長記録のマストアイテム♡オシャレで可愛いメモリアルステッカーブランド5選

赤ちゃんの成長記録を残すのに、今人気があるのがメモリアルステッカー。日本では月齢ステッカーとも呼ばれていますね。今回はオシャレで可愛いメモリアルステッカーが販売されているブランドを5つご紹介します♪これからママになる方要チェックです★
カナダ発【ルルジョ】のフォトカード付おくるみ*SNS映え間違いなし*

カナダ発【ルルジョ】のフォトカード付おくるみ*SNS映え間違いなし*

カナダ生まれのブランド【ルルジョ】のフォトカード付おくるみをご存じですか?赤ちゃんの成長を写真におさめるにはもってこいのアイテムです★オシャレで可愛いので、ぜひチェックしてください♡
成長の記念を残すなら♪【Milestone】のベビーフォトカードがイチ押し♡

成長の記念を残すなら♪【Milestone】のベビーフォトカードがイチ押し♡

子供の成長を残すために写真を撮りますよね☆そんな時ベビーフォトカードを使って写真を撮れば、いつもの写真もオシャレ度がアップします★オランダ生まれのブランドマイルストーンのベビーフォトカードがおすすめです!
【月齢ステッカー無料ダウンロード】公式アプリ&Instagram開設記念★

【月齢ステッカー無料ダウンロード】公式アプリ&Instagram開設記念★

妊活・妊娠・出産・育児など子育てを頑張るママたちを応援するmamanoから、アプリのリリースとinstagramのアカウント開設のお知らせです。
meg
お家がスタジオに!?『iesta』のフォトポスターが可愛すぎる♡

お家がスタジオに!?『iesta』のフォトポスターが可愛すぎる♡

貼るだけでお家がスタジオになるiestaのフォトポスターをご存じですか?プチプラなのにとっても可愛いアイテムばかりなんです★SNS映えすること間違いなし!!
Myおくるみに決定!写真映え間違いなしの、ベビーブランケット・スワドルの【SweetDRoll】

Myおくるみに決定!写真映え間違いなしの、ベビーブランケット・スワドルの【SweetDRoll】

出産準備に欠かせないものの一つに「おくるみ」がありますね。様々なシーンで、そして長い期間使用できるのでママとしては持っていて損はないアイテムです。多くの写真を撮る機会もあるので写真映えするようなおくるみを選んでみてはいかがでしょうか。SweetDRollおすすめです♡

この記事のキュレーター

nozomi nozomi