特集記事

今注目の記事

2018年5月15日 更新

人気の習い事☆ベビー・キッズスイミングってどんな感じ?【体験談】

昔から子供の習い事ランキング上位の「スイミング」。今は赤ちゃん向けのベビースイミングも人気ですよね。我が家でもベビー・幼児向けのスイミングの体験会に参加してきました!

ベビー・キッズの習い事で人気のスイミング

娘が3歳になる頃から、周りでも子供の習い事のことがしばしば話題にあがってきていました。3歳頃からはどの習い事でも母子分離をして子供だけでレッスンを受けるスクールが多くなることも習い事を考え始める機会になるのかもしれません。

その中でも周りのママ友から「はじめたよ!」という声を多く聞いたのが水泳です。我が家の近くにもいくつかキッズスイミングのスクールがあり、どこも人気の様子。

「ケイコとマナブ」の2017年の子供の習い事ランキングでも今習わせている習い事で「水泳」は未就学児~小学生まで、すべての年代で1位でした。

私自身も小学生の頃水泳を習っていたため、子供達にもいつか通わせようと思っていたので、「3歳では少し早いかな?」と思いつつ今回体験レッスンに参加してきました。

体験レッスンに行ってみました!

とにかく体験に行ってみよう!と思い立ち、まずはネットで情報収集。我が家から通いやすいスクール2つのうちスポーツジム「メガロス」がちょうど良い日時で体験会を行っていました。

*申し込み方法

ホームページ上から体験会の申込ができたので、娘のキッズスイミングと息子のベビースイミングの体験予約をしました。

こちらのスクールでは月に数回、新入会希望者向けに無料体験会を行っていますが、通常のレッスンに体験として参加することも可能でした。通常レッスンへの参加は500円かかります。
ネットでの申し込み以外にも電話やスクールに直接行って申し込むことも可能なようです。

申込をした数日後にスクールから電話で連絡があり、当日の持ち物(水着、バスタオル、キャップ、保護者の身分証など)の確認をしました。ベビースイミングは親と一緒にプールに入るので保護者用の水着とキャップも必要です。キャップはレンタルも可能とのことでした。

*当日の流れ

我が家では休日の一日でキッズスイミングとベビースイミングの両方を体験することにしたので、娘と私、息子と父親チームに分かれることにしました。

まずは受付で必要事項を記入し、プールの入口に行きます。割と新しいジムなので、待合場所やプールもキレイでした。
 (132904)

キッズ用には着替え用にロッカールームが用意されています。GirlとBoyに分かれていますが、1人でお着替えできない幼児は保護者の性別に応じてロッカールームを利用してくださいとのことでした。(ママが男の子のお着替えをさせるならばGirlsロッカーへ)
 (132905)

*体験レッスン

・キッズスイミング

25 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

話題のLEGOスクール☆プログラミング教育必修化に備えよう♪

話題のLEGOスクール☆プログラミング教育必修化に備えよう♪

今、話題になっているレゴスクール。いったいどんなことをするのでしょうか!?何歳から通える!?実際に体験プログラムに参加した体験談をお伝えします♪
あの子も通ってる!今流行りの「ベビースイミング」って?いつから始める?

あの子も通ってる!今流行りの「ベビースイミング」って?いつから始める?

「子供の頃から水泳はいいらしいよ」という話よく聞きませんか?果たしてベビースイミングって何がそんなにいいの?いつから始められるの?そんな疑問をまとめました。気になるママさんは要チェック‼
離乳食がイヤになる前に・・・散らかり防止で後片付けのストレスから開放されよう!!

離乳食がイヤになる前に・・・散らかり防止で後片付けのストレスから開放されよう!!

離乳食が進むとだんだんと子供は自分でご飯を食べたがりますよね。一生懸命食べている姿はとってもかわいい☆・・・ですが、散らかり方は恐ろしいものがありますよね。食べ散らかされても簡単に片付けられたら・・・ママの手間を省く方法をご紹介します!
【3人目出産レポ】何人産んでもやっぱり痛かった!!

【3人目出産レポ】何人産んでもやっぱり痛かった!!

出産が近づいてくると、いつ陣痛がくるのかソワソワしてしまいますよね。今回は3人目を出産した筆者の出産レポを書かせていただきます。3人目出産を控えているママ達の参考になれば幸いです。
【体験談】入院中におっぱいが張る「乳房うっ積」とは?

【体験談】入院中におっぱいが張る「乳房うっ積」とは?

命がけの出産が終わり、やっとゆっくりできる・・・!と思いきや、次にやってくるのが「授乳」。軌道にのるまでは次々と母乳トラブルが多発するんですよね。筆者が体験した「乳房うっ積」について紹介したいと思います。
子供はみんな、ママの宝物。上の子だから、下の子だからと言わないで。

子供はみんな、ママの宝物。上の子だから、下の子だからと言わないで。

子供を連れて外出すると、たくさんの人に声をかけてもらえますよね。可愛がってくれたり、育児を頑張っているママをいたわってくれたり…しかし、時にはちょっとした声かけがママを辛くさせる、そんなこともありますよね。

この記事のキュレーター

momonga momonga