特集記事

今注目の記事

2019年1月6日 更新

購入に迷っている方必見!電動自転車3大メーカー比較してみました!

今や子育ての必須アイテムの「電動自転車」。我が家でも迷った上についに購入しましたが、個人的には買って本当に良かったと思っています。今回は電動自転車購入に役立つ3大メーカーを比較しました。

電動自転車、購入すべき?

 (161569)

東京在住の我が家では、日々の生活で子供乗せ自転車は必須アイテム。
日々の送り迎えや買い物、公園遊びと自転車を使わない日はないほどです。

もともとは普通の3人乗り自転車を使用していて、値段のこともあり電動に買い替えるつもりはありませんでした。けれど下の息子が1歳を過ぎた頃から2人の子を乗せて運転するのが本当に重労働に。

毎日成長していく子供達…夏を迎える頃には自転車移動のあまりの疲労から、電動自転車の購入を検討することになりました。

今や子育て世帯の必須アイテムになりつつある子供乗せ電動自転車
結論から言うと私の場合は買って本当に良かった!!です。
育児のために購入したものの中で一番役立っているといっても過言ではありません。

電動自転車のメリット・デメリット

電動自転車のメリットは、何と言っても漕ぐのが格段にラクになることです!
子供を2人乗せたり、大きな子を乗せて走るのは本当に大変です。
電動自転車であれば子供を乗せていることを忘れるくらいのわずかな力で自転車の運転ができます。

デメリットとしては値段の高さが挙げられます。
平均価格が13万円前後とバイクが買えてしまうくらいの価格のため、購入を躊躇する人も多いかと思います。またバッテリーは使用量が決まっているため、頻繁に使用している場合は数年で交換が必要になってきます。
 (161570)

電動自転車3大メーカー

電動自転車は日本では一般的に「ブリヂストン」「ヤマハ」「パナソニック」の3大メーカーがシェアの大半を占めています。そのため普通に購入する場合はこの3つのメーカーから選ぶことが多くなります。

各メーカーごとにそれぞれの特徴と主力商品をまとめました★

*ブリヂストン

タイヤの老舗メーカーブリヂストンから独立した「ブリヂストンサイクル株式会社」。
品質の高さに定評があります。

回復充電やモーターブレーキなどハイテクノロジーの技術を取り入れた新型車種が続々リリースされています。
デュアルドライブと呼ばれる独自のモーターユニットとバッテリーを搭載。

・bikke MOB dd (ビッケモブdd)

 (161342)

129,999円(税込)
子供乗せ自転車の定番「ビッケ」シリーズ。
子乗せ車には小径のタイヤを使われているものが多いですが、こちらは前輪に24インチを採用し走破性や直進安定性を向上しています。24インチでも低重心で、Fチャイルドシート取付時、子供の乗せ降ろしもラクにできます。

ブレーキアシスト機能やスリップ防止機能が搭載されています。
ママだけでなくパパも自転車を使う家庭におススメです。

*パナソニック

家電メーカーのイメージのあるパナソニックですが、自転車の開発にも力を入れています。特に子乗せ電動アシスト自転車はラインナップの豊富さが人気。

パナソニックの電動自転車の特徴はバッテリー容量が大きくアシスト機能が高いことです。12Ahや16Ahなどの他社では扱っていない大容量のバッテリーを採用している自転車もあるため、走行距離が長かったり荷物が多い人におススメです。
27 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

必見!ベビー用品のコンビから待望の子乗せ電動自転車登場♡

必見!ベビー用品のコンビから待望の子乗せ電動自転車登場♡

Panasonic×Combiのコラボによる、子供ファーストな子乗せ電動自転車が登場!ベビー用品メーカーならではのポイントが嬉しい、安心設計が魅力です♪
電動自転車もディズニー仕様で!ミッキー90周年限定デザインが可愛い♡

電動自転車もディズニー仕様で!ミッキー90周年限定デザインが可愛い♡

子育てママの必需品・子供乗せ電動自転車にディズニーデザインが今だけ限定登場!パパとの兼用OKなさりげないミッキーテイストに注目!
離乳食のストレスを軽減!NY発の「OXO」でママもベビーもご機嫌に♪

離乳食のストレスを軽減!NY発の「OXO」でママもベビーもご機嫌に♪

食事の用意から片付けまで、なにかと大変なのが離乳食。食器をひっくり返してテーブルも床もぐちゃぐちゃ…なんてこと、ありますよね。「OXO Tot(オクソートット)」のくっつく食器なら、その心配を解消できます!
しまむら系列“バースデイ”で人気の抱っこ紐【DAKKOLT】が取り扱い開始!

しまむら系列“バースデイ”で人気の抱っこ紐【DAKKOLT】が取り扱い開始!

セカンド抱っこ紐として人気の【DAKKOLT(ダッコルト)】がしまむら系列のBirthday(バースデイ)で取り扱いを開始しました。Birthdayでは様々なベビー&子供用品を扱っているので、子育て中ママ必見です。
そろそろ入園準備☆楽々便利な名前つけアイテムはコレ!!

そろそろ入園準備☆楽々便利な名前つけアイテムはコレ!!

4月に保育園や幼稚園へ入園するお子さんがいるママ注目◎入園グッズに名前は必要不可欠ですよね。名前を1つ1つ手書きしていたら…絶対大変だし億劫ですよね。ママの強い味方!名前つけアイテムのおすすめはこちら♡
ミルク育児がしやすくなる♪適温をお知らせしてくれる【Boo Boo】哺乳瓶が便利!

ミルク育児がしやすくなる♪適温をお知らせしてくれる【Boo Boo】哺乳瓶が便利!

ミルクを作るとき、70度以上のお湯で粉ミルクを溶かし適温まで冷ます必要がありますが、慣れるまでは“適温”まで冷ますのが難しいですよね。そんなミルク作りに役立ってくれるのがBooBooの哺乳瓶なんです!!適温を温度でお知らせしてくれる便利グッズです☆

この記事のキュレーター

momonga momonga