特集記事

今注目の記事

2017年3月30日 更新

パパの育児力を下げるのは、ママの発言が原因かも?日々の生活の中で、パパをイクメンにするためには。

「イクメン」という言葉が世間ではよく言われますが、パパはすぐにイクメンになれる訳ではありません。パパをイクメンに育て、育児のストレスや大変さから逃れるためには、ママがパパを育てる必要がありました。どうすればパパはママを助けられるイクメンになれるのでしょうか。

パパの育児力を下げる、ママの対応4選

パパは、子供と過ごす時間がママに比べてとても少ないので、ママほど完璧な育児は出来ません。パパの育児の仕方や、子供との接し方に不満を感じてしまってはいませんか?

パパが育児をしてくれている時のママの反応は、パパがイクメンとして成長していくためにとても大切です。
 (40255)

■パパの育児に文句を言う

ママから見ると、パパの子供へ接する態度は少し危なっかしく見えることも多いです。しかし、パパはパパなりに子供のことを考えて子供に接しています。

パパなりに子供の安全を考え、子供を大切にしながら接しているのに、ママに「もっと注意して接してよ」
「遊び方が雑!」などと文句を言われたり、不安そうな顔や、気に食わないという態度を見せてしまうと、パパのやる気を削いでしまいます。

パパが子供のお世話をしてくれている時は、パパをそっと見守るだけにし、文句は出来るだけ言わないようにしましょう。

■パパを放置してしまう

子供が小さい間は特に、子育てに一生懸命になるあまりパパを放っておいてしまうことも・・・。今までパパとの時間を大切にしていたママが、子供が産まれたことでパパにかまう時間が少なくなると、パパは孤独を感じてしまうことも多いです。

自分の居場所が無くなったように感じ、育児も手伝わせてもらえないと、パパはとても寂しい思いをしてしまいます。そうなると、パパは育児にも興味がなくなってしまい、イクメンから遠ざかっていきます。

子育てに忙しくても、子供を通してパパとコミュニケーションを取ったり、簡単な育児をお手伝いしてもらうなどして、パパと接する機会を作るようにしていきましょう。

子供が居ると、どうしても夫婦二人の時間を取り、二人でコミュニケーションを取る事が難しいので、子供を通してパパとママの会話を作ることも大切です。

■言葉に嫌味が多い

育児と家事で一生懸命になりすぎ、ママも疲れ果てていると、パパに対する言葉がキツくなってしまうこともあります。

パパが育児や家事を手伝おうとしてくれても、「一人のほうが早いから」「今更気が付いても遅いんだけど」など、言葉の端々に嫌味を言ってしまうかもしれません。

パパは「せっかく手伝おうと思ったのに」「どうせ俺は頼りにされていない」と卑屈になってしまい、育児に手を出そうとしなくなってしまいます。

パパが育児をしようとしてくれた時に、「パパは必要ない」と言われてしまうと、パパの育児力の成長はそこで終わってしまいます。

■パパを労わらない

仕事で帰ってきたパパに、何と声をかけますか?
仕事から帰ってきて、ママが不機嫌な状態で迎えると、80%以上のパパが「家に帰りたくなくなる」と感じるそうです。

ママも一日家事や育児で疲れていたり、イライラしている時もあるのは当然です。しかし、パパの帰宅時には、パパを労う言葉をかけて、パパのことも大切に思っているということを伝えてあげましょう。

そうすると、パパも「ママも育児で疲れているのに、俺のことを気遣ってくれている」と思えるので、帰宅後も家事や育児に積極的に参加してくれるようになります。

帰宅後すぐに、ストレスのはけ口にされたり、「仕事には終業時間があっていいよね」などと嫌味を言われてしまうと、パパのやる気をどんどん無くし、ママが大変な思いをしてしまいます。

パパがママに言われたくないセリフ3選

ママがパパに接する時の注意点は分かりましたが、パパがママに言われたくない言葉は何でしょう?

■パパは役立たず、というような言葉

 (40280)

28 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

ワンオペ育児注意報!ひとりで抱え込まない方法とは?

ワンオペ育児注意報!ひとりで抱え込まない方法とは?

最近話題の「ワンオペ育児」。育児だけでなく、家事や仕事など色々なことをママ一人でこなしている状況をさします。ここでは、今まさにワンオペ育児をされているママが、ひとりで抱え込まない方法をご紹介していきたいと思います。
ちょっと待って!『日本人男性は世界一育児をしない』これって本当!?

ちょっと待って!『日本人男性は世界一育児をしない』これって本当!?

育児に協力的な、いわゆるイクメンが多くなってきたと感じていましたが、日本人男性は世界一育児をしないという驚くべき調査結果が出てしまいました!これって本当なの!?
『イクメン』の意味が変わり始めている!?「育児は当然」という最近のパパたち!

『イクメン』の意味が変わり始めている!?「育児は当然」という最近のパパたち!

育児にかかわるママにとって、最近耳にしない日はない「イクメン」という言葉。最近、イクメンという言葉の意味も変わり始めているのかもしれません・・・様々な形で出産・育児に主体的にかかわっている「イクメン」芸能人もご紹介!
ママの負担軽減♡お子さんをパパっ子に育てちゃいましょう!

ママの負担軽減♡お子さんをパパっ子に育てちゃいましょう!

いきなりですが、お子さんはママっ子ですか?パパっ子ですか?ママにべったり♡なお子さんももちろん可愛いですが、パパっ子なお子さんならママの育児負担がとっても軽くなるんです☆
ママの怒りが爆発寸前!パパが育児に参加しない。こんな時どうすればいい?

ママの怒りが爆発寸前!パパが育児に参加しない。こんな時どうすればいい?

育児に協力的ないわゆる『イクメン』と呼ばれるパパもいる一方で、全く育児に非協力的なパパも・・そんなパパに対して、ママの怒りが爆発寸前!!!なんで手伝ってくれないの!?協力してくれないパパの心理は??
パパに育児に参加してもらおう!!パパに育児を頼む秘訣

パパに育児に参加してもらおう!!パパに育児を頼む秘訣

子どものお世話はママの仕事、と思っているパパは多いと思います。パパは仕事をして家族を養うのが仕事で、家庭内のことはママに任せようというスタンスのパパは少なくないでしょう。しかし!育児は夫婦で協力して行うものです。パパに育児に参加してもらう秘訣をまとめました。

この記事のキュレーター

usagijyou usagijyou