特集記事

今注目の記事

2017年5月17日 更新

妊活6か月前から準備しておきたいこと

欲しいときにできるだけ早く健康な赤ちゃんを妊娠するために、女性が妊娠力を高めていくのに準備出来ることとは?

Instagram (1093)

◇卵子は6か月前に既に作られている

毎月排卵するため卵子は毎月作られていると思いきや、実はそうではありません。原子卵胞から排卵するまでには約190日もかかっているのです。排卵された卵子は約6か月前の体調や環境のもとで作られたもの。質の良い卵を作るためには妊活を始める約6か月前から時間をかけて体作りをしなければなりません。

◇不妊治療患者数は10年で約4倍

2003年の不妊治療患者数が約46万人だったことに比べ、2014年の不妊治療患者数は約180万人にまで増加しました。現在は10人に1人は体外受精で生まれてきていると言います。

さらに注目したいのは、不育症や流産が増えているということ。年間の母子手帳発行数は約200万部ですが、生まれてくる赤ちゃんは約100万人というのが現実なのです。

参考 : 妊娠前デトックスラボ http://www.detoxlabo.com/

◇妊娠力を高める3つの効果的方法!

Instagram (1094)

現在の不妊治療患者、または不育症患者のほとんどが原因不明と言われています。そこでできるだけ早く取り組んでいただきたいことが、良い卵子を作り、健康な赤ちゃんを産むために妊娠力の高い体作りをするということ。卵胞や子宮は母体の血管を通って栄養を得るため、まずなにより冷え性を含む血液の改善が重要です。

1. 鍼灸

今や世界で不妊治療に効果的だと研究結果が出ている鍼灸。不妊鍼灸では女性特有の経絡やツボを刺激し、子宮や卵巣の状態を良好にすることで、排卵障害や冷え性、ホルモンバランスの崩れなど不妊に伴うストレスを解消することができると言われています。

2.漢方

「五臓」のバランスを良好に保つため、不足している部分を今の体調に合わせて漢方薬を処方してもらいます。「五臓」とは自律神経などの「肝」、血液循環などの「心」、消化器系の脾、呼吸や皮膚の「肺」、水分排泄などの「腎」の身体の5つの機能のことを言います。

3.サプリメント

日頃の食生活で必要な栄養素をとれるのが一番ですが、それだけでは補えないものもあります。積極的にサプリメントの力を借りて必要な栄養素をとりましょう。
ながいきや本舗 イソラ(http://www.bh-c.jp/isola_otameshi/)
17 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

妊活中のプレママ必見!今更聞けない基礎体温の基本のキ!

妊活中のプレママ必見!今更聞けない基礎体温の基本のキ!

基礎体温って何?と今更聞けないアナタについて、基礎体温の基本についてまとめました。
絶対外せない!妊活で必要なこと5選

絶対外せない!妊活で必要なこと5選

女性も男性も妊活に向けて、様々な努力をしていると思います。ここでは妊活で外せない、基本的なこと5つをご紹介します。
夫婦デートに♥子宝祈願のオススメスポット【関東編】

夫婦デートに♥子宝祈願のオススメスポット【関東編】

お出かけしやすい季節になりました。観光がてら夫婦で子宝祈願に行ってみてはいかがでしょうか?リラックス&リフレッシュできる空間で気分転換にも◎
夫婦デートに♡子宝祈願のオススメスポット【関西編】

夫婦デートに♡子宝祈願のオススメスポット【関西編】

秋の夫婦デートに子宝祈願で有名な神社やお寺を訪れてみては?いつもとは違う雰囲気の神社やお寺で気分をリフレッシュできるかも…。
【ママの気になるニュース】風疹が流行中!妊婦さんは最大級の警戒を

【ママの気になるニュース】風疹が流行中!妊婦さんは最大級の警戒を

2018年8月、風疹の流行が例年と比べ大幅に増加しています。妊婦さんが感染すると胎児に影響を及ぼす可能性があるので、感染しないよう注意が必要です。気を付ける点をまとめました。
赤ちゃんが欲しい…そんな時におすすめ♥妊活アプリ3選

赤ちゃんが欲しい…そんな時におすすめ♥妊活アプリ3選

子作りを計画中であれば、妊活アプリを使ってみませんか?絶対赤ちゃんができる!というものではありませんが、赤ちゃんを授かる手助けをしてくれる頼れる存在になってくれるかも♪

この記事のキュレーター

にゃんとも にゃんとも