特集記事

今注目の記事

2018年8月10日 更新

そのオシャレ、危険かも!?指輪&ネイルに関する予期せぬ妊娠中のトラブル

オシャレなマタニティアイテムがたくさん出ている現代ですが、出産を控えた女性にとって指輪とネイルは要注意!緊急時には思わぬトラブルになってしまうかもしれません。

「指輪・ネイルを外して!」産婦人科医からのメッセージ

妊娠中でも指先までおしゃれに気を配りたい!
そんな女性も少なくないと思いますが、少し前にこんなツイートが話題になったこと、ご存知ですか?
現役の産婦人科医さんによる、妊婦さんへの警鐘。
2012年のツイートが再び拡散されたことで話題になり、医療関係者や経産婦さんからもさまざまな投稿が寄せられました。

妊娠中の指輪、そしてネイルにはリスクがあるんです!

*妊娠中の指輪はどうしてダメなの?

産婦人科医さんのツイートにあるように、妊娠中はむくみがちです。
指輪をつけっぱなしにしていると、取れなくなってしまうケースも!

また、帝王切開の場合はさらにむくみやすくなるうえ、電気メスを使用する可能性があります。
その際指輪などの貴金属類を身に付けていると、火傷のリスクがあるため大変危険だそうです。
指輪は自分で外せるうちに外しておきましょう!

*出産時にネイルをしてはいけない理由は?

帝王切開になったときなど、分娩時は場合によって指先にパルスオキシメータという器具を付けて、血液中の酸素量を測ります。
しかしネイルをしていると、これが正しく測定できなくなってしまうそう。

マニキュアならば除光液で落とせますが、ジェルネイルの場合はオフするのも大変です。
出産時のネイルに関しては病院によって指導内容が異なるようですが、いざという時に母子の命を守るため、ネイルはとっておく方が安心ですね。

Twitterでチェック!みんなの指輪・ネイル体験談

産前産後の指輪やネイルについて、SNS上でもさまざまな意見が投稿されていました。
リアルな体験談は要チェックですよ~!

*指輪はむくみがひどくなる前に…!

出産が近付くにつれてむくみがひどくなったという声が多数!
日ごろ結婚指輪をつけたまま過ごしている人は注意してくださいね。
ひどくなると血流が滞ったり出血してしまうことも…。
27 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

知ってる?妊娠中にとると良い体勢、とってはいけない体勢

知ってる?妊娠中にとると良い体勢、とってはいけない体勢

妊娠中は、胸が張ったりお腹がだんだん大きくなって来たりと、歩き方や座り方、寝方などが変わってきます。そんな中でも、とって良い体勢と、とらない方が良い体勢があることをご存知でしたか?
ママの味方♡『ベビー相談』どこでできるの?電話相談や公共機関をご紹介

ママの味方♡『ベビー相談』どこでできるの?電話相談や公共機関をご紹介

赤ちゃんが生まれてからの毎日は、幸せいっぱい♥でも、悩みや不安が生じることもあるものです。「辛い…」と一人で抱え込んでしまう前に、相談できる場所を知っておくことは大切です。
妊娠してるかも?!ママたちが気付いた◇妊娠超初期症状◇

妊娠してるかも?!ママたちが気付いた◇妊娠超初期症状◇

妊娠を望んでいる方は、妊娠検査薬で結果が出るまで落ち着かずソワソワしてしまいますよね。筆者もそのうちの1人です。今回は妊娠が分かる前の【妊娠超初期症状】についてまとめてみました。
そわそわ…あれこれ気になる妊娠初期の過ごし方☆悩みや疑問も解消!!

そわそわ…あれこれ気になる妊娠初期の過ごし方☆悩みや疑問も解消!!

妊娠初期は見た目では体の変化がわかりにくいため、まわりの人にも気づかれにくいですが、体の中では出産に向けていろいろな準備が始まっている大切なとき。つわりが始まるなど人によってはつらい時期でもあります。そんな妊娠初期の過ごし方とは?気になる悩みや疑問にお答えします!
プレママ必見*妊娠してから変わった10のこと。

プレママ必見*妊娠してから変わった10のこと。

妊娠するとまるで自分の身体じゃないような変化があったりするんですよね。しかも10人いれば10通りの妊娠期間がありますし、1人目2人目では全く違っていたりするので実際に妊娠してみないと分からなかったり。今回は妊娠してから変わった10のことをご紹介します☆
プレママさん必見♡可愛いマタニティマークが欲しい♪どこでgetできる?

プレママさん必見♡可愛いマタニティマークが欲しい♪どこでgetできる?

妊婦さんが付けることのできる「マタニティマーク」。一体どこでもらえるのか、どんなマタニティマークがあるのかご紹介します!可愛いマタニティマークもご紹介するので、妊婦さん必見です!!

この記事のキュレーター

uchacha uchacha