特集記事

今注目の記事

2018年7月7日 更新

災害時にはSNSで情報収集を!*実際に役立った例をご紹介*

2018年6月18日に大阪で震度6弱の地震が発生しました。災害はいつどこで起こるかわかりません。災害時にはSNSが大活躍!その役割をご紹介します。

災害時にはTwitterが重宝

大阪で起きた地震の際、大阪市の吉村市長は地震発生直後から休校の発表、ガスや交通の休止情報などを頻繁にTwitterで発信しました。



このことは大変役に立ったと評価されており、今後も災害が起こったときには自治体のTwitterで地域密着の情報が発信されることが考えられます。

特に電車やバスの運行や、施設が閉まっているなどの情報は、鉄道会社などの各HPを調べてまわるより、Twitterでリアルタイムの情報を得るほうが早くて便利です。

Twitterの検索に「地震」などと入力すれば、リアルタイムの生の情報が画像付きで集まりますよ。


とりあえず今できることとして、官公庁・自分の住む自治体のTwitterやFacebookなどのSNSアカウントをフォローしておきましょう。

連絡にはやっぱりLINEが便利

災害時には電話が繋がりにくくなります。
そんな中、LINEは繋がったという声が多数。

LINEには、災害時に自分の安否をLINE上の友達に知らせる「LINE災害連絡サービス」が用意されています。

大規模な災害発生時にはLINE公式アカウントからトーク上に自動で通知が届きます。

(1)被害があります (2)無事です (3)災害地域にいません
から選択して、タイムライン上で自分の安否を知らせることができますので覚えておきましょう。
今も東北でがんばる5つの活動をLINEから応援しよう!「LINE災害連絡サービス」も開始 : LINE公式ブログ (140067)

災害伝言ダイヤル「171」、NTTドコモ・ソフトバンク・KDDI(au)による災害用伝言板はもちろん、LINEが需要なツールとなっています。

時代に合わせた災害時連絡ツールを使いこなせるよう、自分の知識やツールもアップデートしていきましょう。

話題のSNS役立ち情報

27 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

都民以外でも使える!スマホに入れておきたい東京防災アプリ

都民以外でも使える!スマホに入れておきたい東京防災アプリ

子供がいるからこそしっかりやっておきたい防災対策。防災グッズを揃えるだけでなく、防災に関する知識も携帯しませんか?備えの一つとしてオススメしたいアプリです。
防災備蓄はローリングストック法で管理!美味しく消費する防災レシピ☆

防災備蓄はローリングストック法で管理!美味しく消費する防災レシピ☆

防災について考えることの多かった一年、皆さんのおうちは大丈夫ですか? キッチリ用意したつもりでも、気が付けば非常食の賞味期限が切れていた!ということも…。 そこで普段からの『ローリングストック法』がおすすめです!
ストック必須!子供が喜ぶ非常食~おやつ編~

ストック必須!子供が喜ぶ非常食~おやつ編~

災害に備えて非常食を準備しておくことはとても大切なことですよね。特に小さい子供がいる家庭では、主食やおかずだけではなくお菓子類を備蓄しておくと良いと思います。今回はローリングストックしやすいおやつを紹介します。
夜中でも受診すべき!?緊急度と対処法がチェックできるアプリ「メルプkids」

夜中でも受診すべき!?緊急度と対処法がチェックできるアプリ「メルプkids」

休日や夜間の急な体調不良…子供の場合は緊急度が分かりにくく、不安ですよね。そんな“もしもの場合”に備えて、おすすめのアプリが「メルプkids」です!
小学生になったら取り入れたい!子供の【防犯】におすすめのアイテム3選

小学生になったら取り入れたい!子供の【防犯】におすすめのアイテム3選

小学生になったら子供たちだけで行き帰りをするようになるので、お母さんやお父さんは無事に帰って来るのか心配になりますよね。今回は防犯になるおすすめのアイテムを3つ紹介したいと思います。ぜひ最後までご覧ください!
オシャレですごい防災グッズ【+HE SECOND AID】で備えよう!

オシャレですごい防災グッズ【+HE SECOND AID】で備えよう!

皆さん防災対策は万全ですか?今回紹介するのは+HE SECOND AID(ザセカンドエイド)という防災グッズです。東日本大震災を経験した会社が作った防災グッズで、本当に必要なものだけがセットになっています。一家に一ついかがでしょうか?

この記事のキュレーター

びばこ びばこ