特集記事

今注目の記事

2017年6月7日 更新

海外ではポピュラーなおひな巻き♡赤ちゃんがぐっすり眠れるって本当!?

おひな巻きってご存知ですか?海外ではスウォドリングといい、ポピュラーな寝かしつけ方法なんです。新生児や生後間もない赤ちゃんがぐっすり眠れると、近年日本でも取り入れられています。なぜおひな巻きでぐっすり眠れるのでしょうか?!

おひな巻きとは?

 (85627)

おひな巻きは、赤ちゃんをすっぽりと包んであげるおくるみの方法を指します。
ママのお腹の中で10ヶ月も過ごしてきた赤ちゃんにとって外の世界は不安でいっぱい。
特に生後3か月くらいまでは、昼と夜の区別がつかず夜泣きがひどかったり、置いたら泣くから1日中抱っこしっぱなし・・なんて事も少なくありません。

そこで、この『おひな巻き』で包んであげると、あら不思議。
赤ちゃんがぐっすり眠ってくれるようになった♡という声が多く上がっています。

どうして、おひな巻きをすることで赤ちゃんがよく眠ってくれるようになるのでしょうか!?

メリット

(1)よく眠る
おひな巻きをすることで、お腹の中にいたときの環境に近づいて赤ちゃんが安心出来るのではないかといわれています。
大人から見れば窮屈じゃない!?と思ってしまいますが、生まれたての赤ちゃんは狭いところが好きだそうです。
だからおひな巻きをしてあげると、赤ちゃんがよく眠ってくれるようになります。

さらに生まれたての赤ちゃんはモロー反射をしますよね。
反射的なものなので自然とビクッとなってしまうのですが、せっかく寝かしつけたと思ったのに、このモロー反射で赤ちゃんが泣いて起きてしまうこともあります。
しかし、おひな巻きをしてあげるとこのモロー反射が出来なくなるのでモロー反射で目が覚めることがなくなります。



(2)姿勢が良くなる
おひな巻きをすることで、姿勢が良くなるといわれています。
赤ちゃんはお腹の中で背骨がCカーブの状態で過ごしています。
この背骨のCカーブを生まれてから生後3ヶ月くらいまで維持してあげることで、赤ちゃんの姿勢が良くなり運動神経も良くなるといわれています。



それ以外にも、授乳中にバタバタ暴れて授乳が出来ないと悩んでいるママにもオススメです。手足が動かせないので、授乳が楽になります☆

手足も暖かくなったり、内臓の働きが活発になりうんちやおしっこがたくさん出るようになるので、赤ちゃんの身体にとっても良い効果があるんです☆

デメリット

おひな巻きはゆるく結んでも効果が少ないんです。ある程度しっかり結んであげると、赤ちゃんは安心して眠れます。
しかし、呼吸に支障をきたすくらいきつく結びすぎるのはNGです。


もう1つ。おひな巻きをするときに赤ちゃんの足をまっすぐにしてはいけません。
脱臼の危険があるからです。
生まれたての赤ちゃんの足はM字になっているので、自然な形でおひな巻きをしなければいけません。

新生児の赤ちゃんやおひな巻きをされている赤ちゃんは身動きが取れません。
少し高さのあるところで寝かせたり、柔らかいベッドで寝かせてしまうと、何らか拍子で赤ちゃんがひっくり返ってしまうと息が出来なくなる可能性もありますよね。

しかし、危険につながるようなものは周りに置かず、柔らかいところや高さのある所で寝かせなければ危険を回避することが出来ます☆

おひな巻きって実際どうなの?

二人目からおひなまきしてましたよ!
赤ちゃんによって好き嫌いもあるかも知れないし、機嫌によっていい時も嫌がる時もありました。
夜寝付かせる時すんなり寝てくれて助かりました。
だいたい4ヶ月くらいから嫌がることが増えましたし体も大きくなったのでやめました。
正しい巻き方をすればスリング同様脱臼はしません。
お腹の中でキュッとしてた状態にするので、動けないようにしないと意味がないんです。
一人目から知ってたら良かったと思うぐらい楽です。
私は外国で生んだときにきつく巻かれた赤ちゃんが、よく眠るので、これはよい!と思っていましたが。正式なやり方は知りませんで見よう見まねでしたが、寝てる時に自分の動きでビクッ!とならずに熟睡するので(上の子の時に知ってれば!と思いました)よかったです。
何ヵ月頃までしていたか忘れてしまいましたが、うちの息子もおひなまきやってました。

夏生まれでしたが、うちも通気性のよいガーゼ生地のものを使っていたので、暑い時期でも問題なかった気がします。
あとは部屋の温度調節ですよね。

お子さんがおひなまきの方がよく寝てくれるのならしばらくはそのままでいいのでは?
嫌がる赤ちゃんもいますが、狭いお腹の中で育った赤ちゃんは比較的安心して眠ってくれるようです☆

夏生まれの赤ちゃんにはどうなの!?と思いがちですが、おくるみの素材を変えたり、赤ちゃんの肌着や着る服の枚数を調節、部屋の温度調節をしてあげると問題ありませんね。

おひな巻きのやり方☆

おひな巻きは、赤ちゃんの肩から足まですっぽり包んであげるのですが、やり方が2つあります。

1つ目は、手も全部包んであげる方法。
2つ目は、手だけ出した状態で包んであげる方法です。

どちらにしようか迷った場合には2つとも試してみて、赤ちゃんがより安心できる巻き方で包んであげてください♡

1、手もすっぽり包む包み方♡

26 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

Liminの【授乳しながら使えるベビー枕】寝かしつけの“神アイテム”となるか!?

Liminの【授乳しながら使えるベビー枕】寝かしつけの“神アイテム”となるか!?

赤ちゃんとの生活の中で、授乳後起こさないようにベッドに寝かしつけるのって意外と難しいですよね。今回は寝かしつけお助けアイテム、Liminの【授乳しながら使えるベビー枕】を紹介したいと思います。寝かしつけの神アイテムとなるのでしょうか!?
 フランス生まれのお昼寝マット“コクーナベビー”で背中スイッチOFF!

フランス生まれのお昼寝マット“コクーナベビー”で背中スイッチOFF!

フランス生まれCocoonababy(コクーナベビー)のお昼寝マットは、赤ちゃんの背中スイッチをオフにしたまま寝かせることができる便利グッズです。医療従事者によって開発されたものなので、安心してお使いいただけます☆
寝かしつけに役立つかも?おススメ便利アイテム☆

寝かしつけに役立つかも?おススメ便利アイテム☆

一日の終わりの子供の寝かしつけ。早く寝てほしいのになかなか寝てくれず頭を悩ませるママも多いかもしれません。そんな時は寝かしつけの便利グッズを活用してみてはいかがでしょうか?
ベビーの寝かしつけグッズ*「SKIP HOP」ハグミースーザー*

ベビーの寝かしつけグッズ*「SKIP HOP」ハグミースーザー*

今回ご紹介するのはSKIP HOP(スキップホップ)のハグミースーザーというアイテムです。スキップホップはニューヨークの育児ブランドで世界中のママや子供達に愛されています♪とっても可愛いアイテムなので、お子さんも気に入ってくれるはず♡
座るだけで寝かしつけが楽になる最強アイテム☆LALACO Chairに注目★

座るだけで寝かしつけが楽になる最強アイテム☆LALACO Chairに注目★

寝かしつけがぐっと楽になるLALACO Chair(ララコチェア)をご紹介します★赤ちゃんを抱っこしてララコチェアに座って揺れるだけで、モニタリングでは3分以内に寝た赤ちゃんもいるんです!ママの負担が軽減されるはず!!
ベッド派のママに朗報♪【ベッドサイドベッド】を使えば添い寝も可能に♡

ベッド派のママに朗報♪【ベッドサイドベッド】を使えば添い寝も可能に♡

ベッド派のママも多いと思いますが、添い寝するのって怖いですよね。KATOJIとFarskaのベッドサイドベッドを使えば、ぐんと添い寝がしやすくなります♪新しい添い寝の形を提案します!!

この記事のキュレーター

nozomi nozomi