特集記事

今注目の記事

2018年4月2日 更新

ママのために作られたマスク”MAMA MASK”が欲しい♪

ママのために作られた、MAMA MASK(マママスク)という商品をご存知でしょうか?抗菌性や消臭性に優れており、絶対に風邪をひけない妊娠中のママや子育て中のママにおすすめです!

ママのためのMAMA MASKとは?

 (126735)

540円(税込)
ママのために作られたMAMA MASK(マママスク)という商品をご存知でしょうか?

抗菌・抗ウイルス対策会社であるデルフィーノケアが開発したマスクなんです。
医療機関や警察・消防などでもデルフィーノの商品が使われているので、高い信頼性があります。

妊娠中は風邪をひいても飲める薬が限られていますし、においづわりがある方もいますよね。
子育て中のママも働くママも、子供がいると寝込めないですよね。
そんなママたちのために開発されたMAMA MASKは、こだわりがつまっているんです☆

これからMAMA MASKの特徴や魅力を紹介していきます!

MAMA MASKの特徴★

 (126736)

抗菌性に優れている

MAMA MASKはプラチナ・銀・酸化チタンの3つを組み合わせて、菌を分解するスピードと消臭機能をUPさせているそうです。
マスクには抗菌効果のあるフィルターがついているので、様々な菌からしっかりガードしてくれます!

100%コットンでお肌に優しい

口元にあたる部分は天然コットン100%の生地が使われているそうです。
お肌が敏感な方は特に、マスクが合わなかったりする方もいらっしゃるかもしれませんが、天然コットン100%なら安心して使うことができますね。

保湿効果も高い

鼻やのどが乾燥してしまうと、ウイルスなどに感染しやすくなってしまいますよね。
マスクをすることで乾燥を防いでくれます。
MAMA MASKは保湿性にも優れているんです。

また通常のマスクは長時間つけていると痛くなったりしてしまうこともあります。
MAMA MASKは長時間つけても痛くならないように考えて作られているんです。

V字カットで小顔効果

MAMA MASKはマスクの上部がV字カットになっているんです。
V字カットになっているので、普通のマスクに比べて締め付け感が少なく、小顔効果もあるんだとか♪
女性にとっては嬉しいですよね!

口コミは?

30 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

アレルギーから子供を守る!アレルギーサインプレートって知ってる?

アレルギーから子供を守る!アレルギーサインプレートって知ってる?

食物アレルギーをもつ子供は少なくありません。ただパッと見ただけではアレルギーがあるかどうか分からないですよね。アレルギーサインプレートを身に付けておけば、親だけではなく周囲の大人もアレルギーがある事を理解することができます。
辛い時期を乗り越えるために!先輩ママの「つわり対策」が知りたい★

辛い時期を乗り越えるために!先輩ママの「つわり対策」が知りたい★

つわりって本当にしんどいですよね。この気持ち悪さがいつまで続くんだろう・・・先の見えない体調不良に心が折れてしまいそうになることも。インスタグラムのハッシュタグ『#つわり対策』をチェックすれば、あなたに合うつわり大作の方法が見つかるかも!?
アカチャンホンポ*2017年新発売アイテムを紹介します!

アカチャンホンポ*2017年新発売アイテムを紹介します!

子育て中のママやプレママ必見☆アカチャンホンポで2017年に発売しはじめた商品をご紹介します。便利なアイテムばかりなので、ぜひチェックしてみてください♪
うちの子が花粉症に!花粉症と風邪を見分けるポイントってあるの??

うちの子が花粉症に!花粉症と風邪を見分けるポイントってあるの??

私の5歳の娘は、4歳の時に花粉症を発症しました。花粉症って風邪と見分けがつきにくいですよね。そこで今回は、子供の花粉症の見分け方と受診の目安、花粉症の対策などをご紹介したいと思います☆
辛いつわりが緩和されるかも?!シーバンドがもたらす効果とは?!

辛いつわりが緩和されるかも?!シーバンドがもたらす効果とは?!

妊娠初期のつわりは本当にしんどいですよね。1ヶ月ほど続くとされるつわり、出来るならば緩和して欲しいですよね。そんな妊婦さんにオススメしたいアイテムが【シーバンド】もしかしたら少し楽になるかもしれません!!
赤ちゃんをダニから守る!予防法は?刺されてしまったら?

赤ちゃんをダニから守る!予防法は?刺されてしまったら?

皮膚が柔らかく体温の高い赤ちゃんは、ダニに刺されやすいってご存知でしたか?他の家族が平気でも、ベビーだけが症状が出てしまうこともあるようです。ダニから赤ちゃんを守る対策や、刺されたときの症状、対処法をご紹介します★

この記事のキュレーター

nozomi nozomi