特集記事

今注目の記事

2018年9月16日 更新

【イヤイヤ期】頭を抱える事多し!ぐずりやギャン泣き、どうしたらいい?

育児をする中で頭を抱える1つがイヤイヤ期の「ぐずり」「ギャン泣き」ではないでしょうか。スーパーや人混みでギャー!と泣かれるとどうしたら良いのか対応に困ることも多いのでは・・・?そんな時どうしたらいいのでしょうか。

イヤイヤ期の子供の特徴

 (148470)

とにかく何でも「イヤ」

「服を着るのもイヤ」「靴を履くのもいや」「歩くのもイヤ」…とにかく何をするにも拒否!
こんな状態ですからママやパパの言うことをすんなりと受け入れて聞くことはまず難しいでしょう。

ごはんを食べない

今まではご飯の時間にちゃんと食べられていたにも関わらず、この時期になると「いらない」「食べない」と言う子が出てきます。

遊びやテレビなど自分がしている事に夢中になって、食事への興味関心が薄れているのかもしれません。自己主張したり、自分のしている事を中断したくない気持ちを全面に出してくることが多くなる時期です。

オムツ交換を拒否

この時期になると言葉も上手に話せるようになり「イヤ」とはっきり言うようになりますね。おしっこやうんちで汚れたオムツを交換したくないなんて…とママは信じられないでしょうが、子供はそんな事お構いなしに逃げたり、抵抗してきます。

遊びに夢中になっている時にそれを中断されることが嫌という理由や、ママの必死さが伝わって反抗の気持ちからイヤが強くなることも。理由は様々でしょうが、ママは頭を抱えてしまいます。

思い通りにいかないと大声で泣く

スーパーやデパートなど買い物に出かけると「これが欲しい」と商品を意地でも離さない場面も多々ありますね。
無理やり「買わない!」「返しなさい」と取り上げると、これでもかという音量で泣きわめきます。これではママも困り果ててしまうのも当たり前。

周りへの迷惑を考えてなだめるために買ってしまった、ということもあるのではないでしょうか。

「イヤイヤ」は成長の証!

 (148472)

イヤイヤ期において自我の芽生えが見られるのは成長段階でとても必要なことであり、喜ばしい事だと言われています。

大人からすれば「毎日疲れる」「こっちがイヤ!」と泣きたくなることもあるかもしれませんが、我が子が心もしっかりと成長していることの証なのです。

私自身、素直に喜べないような状況や行動に戸惑いも多いのですが、子供の頑張って成長してるんだ・・・と毎回自分に言い聞かせています。

イヤイヤ期真っ最中!我が子への対処法とは?

 (148474)

31 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

赤ちゃん返りは悪いことじゃない。ただママが大好きなだけなんです。

赤ちゃん返りは悪いことじゃない。ただママが大好きなだけなんです。

下の子が生まれると初めての赤ちゃんに上の子は喜んでくれたり、かわいがってくれたりしてとても微笑ましい光景が見られます。しかし、しばらくすると赤ちゃんの方が自分よりママに構ってもらっている!とヤキモチを焼いてしまい赤ちゃん返りをしてしまうことも…とても大変な赤ちゃん返り。ですが、それは子供がママを大好きだからでもあるんです。
嘘をついてしまう子供…何が原因なのでしょうか?

嘘をついてしまう子供…何が原因なのでしょうか?

子供がつく嘘はすぐ嘘だとわかる場合が多いですよね。「うちの子また嘘をついてる!」「なんで嘘なんてつくんだろう」とママが悩んでしまうケースも…何か原因ってあるのでしょうか?
なんで泣くの…?まだまだ感情のコントロールができない子供への接し方ってある?

なんで泣くの…?まだまだ感情のコントロールができない子供への接し方ってある?

急に泣いたり、ママにとってはなんでもないようなことで怒ったりする子供に四苦八苦していませんか? まだまだ感情のコントロールができない子供…どう接すればいいのでしょうか?
イヤイヤ期とはわかっているけど…どうしたらいいの?オススメ対応&NG対応とは?

イヤイヤ期とはわかっているけど…どうしたらいいの?オススメ対応&NG対応とは?

誰もが通る幼児期のイヤイヤ期「一体どうすればいいの?」と途方に暮れてしまうママも多いと思います。ママの対応ひとつでイヤイヤ期のお子さんの様子も変わるかもしれませんよ。
『命の大切さ』を教えたい!まずは『命』に触れる機会を作ろう

『命の大切さ』を教えたい!まずは『命』に触れる機会を作ろう

2〜3歳の子供が、蟻を足で踏み潰したり、無駄に花を摘んでしまう…そんな場面を見たことはないでしょうか。すべてに『命』があること、それが大切であることを、どのように教えていったら良いのでしょうか。
パパを頼りに★こんな方法で育児参加を促してみよう!

パパを頼りに★こんな方法で育児参加を促してみよう!

もっとパパに育児参加してほしい…まだまだ慣れないパパにもできること、パパだからこそ頼りにできること☆ご紹介します♪

この記事のキュレーター

mana0116 mana0116