特集記事

今注目の記事

2018年9月15日 更新

子供の感性を磨きたい*『色』がテーマの絵本7選*

絵本の読み聞かせは親子のコミュニケーションツールであり子供の五感を刺激してくれたりと、とても良いことばかりですよね。今回は『色』がテーマの絵本をご紹介したいと思います☆

くまさん くまさん なにみてるの?

 (148029)

1,000円(+税)
まずはじめに紹介するのは、はらぺこあおむしでお馴染みのエリックカール作『くまさん くまさん なにみてるの?』という一冊です。
エリックカールの作品は色鮮やかでパッと目を引くものばかりですよね。
この絵本もそのうちの一冊で、ページを開くごとに色鮮やかで個性的な動物がたくさん登場します。

なに見てるの?の問いかけに、『~色の~を見ているの』とテンポよく進んでいくので、小さな子供でも楽しめるようになっています。
はらぺこあおむしに続き、お気に入りの一冊になること間違いなしです★

あおくんときいろちゃん

 (147882)

1,200円(+税)
『あおくんときいろちゃん』の作者は、スイミーの作者でもあるレオ・レオニです。スイミーを知らない大人はいないんじゃないかというくらい有名ですよね。この絵本の初版は1959年で、現在に至るまで長く愛され続けている一冊となっています。

登場人物は人間でも動物でもないただの青と黄色の丸なのですが、このあおくんときいろちゃんが
まるで生きているかのように動き出すんです。

ある日あおくんがきいろちゃんのところへ遊びに行きます。仲良しのあおくんときいろちゃんが出会い抱き合って喜ぶうちに色が混ざって緑色になってしまうんです。そのまま家に帰ると、あおくんもきいろちゃんもうちの子じゃないと言われてしまい、2人はポロポロと涙を流して全部涙になってしまいます・・・最後はどうなってしまうのでしょうか・・・?

ただの丸なのに、躍動感があってハラハラドキドキして、なぜかとっても引き込まれてしまいます♪とても素敵な絵本なので、ぜひ一度読んでいただきたいです。

ぼくのいろなあに

 (147887)

880円(+税)
『ぼくのいろなあに』はこぐまのクーとマーが主人公。
ある雪が降った日、外に遊びに行くために2人が洋服を着替えるというシンプルな物語になっているので、小さな子供でも理解しやすい内容です♪

きいろ、オレンジ、みどり、きみどり、ももいろ、ちゃいろ、みずいろなど色んな色が出てくるのですが、ただ色の名前が出てくるわけではありません。

ぶどうとおなじむらさきのズボン、くさとおなじきみどりのズボン、いちごとおなじあかいコート、バナナとおなじきいろいコート・・・というように物の名前と色がセットになっているんです♪物と色の認識が同時にできるようになっているところが良いですね☆

しましまぐるぐる

 (147889)

880円(+税)
しましまぐるぐるは赤ちゃんにぴったりの一冊です。
黒がベースに、はっきりした色使いで分かりやすいイラストになっているところが、赤ちゃんの興味を引きやすくなっています。

ストーリー性はないですが、色や形の認識、しましまやぐるぐるをなぞったり・・・と五感を刺激することができます☆赤ちゃんへのファースト絵本として選ぶのもオススメです。

まるまるまるのほん

 (147890)

1,300円(+税)
『まるまるまるのほん』は、フランス生まれの絵本なんです。
出てくるのは黄色・青色・赤色の丸だけなのですが、この丸が実際に動いているかのような躍動感があってとても読み応えがあります。

1つの黄色い丸を押すと次のページでは2つに増えていたり、ゆすったりクリックしたりすることで丸の位置が左や右へあちこち移動したりするんです☆
ストーリー性はあまりありませんが、次はどうなるんだろう!?と早くページをめくりたくなるはずです♪絵本なのに絵本でないような不思議な一冊になっています。
22 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

まだ本を定価で買っていませんか?押さえておきたいサービス5選

まだ本を定価で買っていませんか?押さえておきたいサービス5選

赤ちゃんのころからたくさん読んであげたい絵本。でも子供向けの本って意外と高いですよね…。そこで少しでもお得に買える方法を調べてみました◎
2018年グッドデザイン金賞受賞!“一人称童話シリーズ絵本”が面白い☆

2018年グッドデザイン金賞受賞!“一人称童話シリーズ絵本”が面白い☆

2018年のグッドデザイン金賞を受賞した“一人称童話シリーズ”の絵本をご存知でしょうか?『桃太郎・シンデレラ・浦島太郎』の3つの童話が、主人公目線で描かれた新感覚の絵本です☆
☆クリスマスの時期になったら読んであげたい絵本5選☆

☆クリスマスの時期になったら読んであげたい絵本5選☆

クリスマスまであと1ヶ月ちょっと。それまでにクリスマスがテーマの絵本を読んであげませんか?お子さんが喜びそうな絵本を5冊ご紹介します★
夫婦ユニット"はらぺこめがね"のたべもの絵本が面白い♪

夫婦ユニット"はらぺこめがね"のたべもの絵本が面白い♪

原田しんやさん&関かおりさんの夫婦ユニットで活動されている“はらぺこめがね”。【食べ物と人】をテーマに絵本や挿絵、ワークショップなどを開催されています。今回ははらぺこめがねのユニークな絵本を紹介したいと思います。
毎晩の寝かしつけに♪スマホでおやすみプロジェクター【おそらの絵本】が欲しい!

毎晩の寝かしつけに♪スマホでおやすみプロジェクター【おそらの絵本】が欲しい!

毎晩の寝かしつけ、どうやっていますか?スマホを使ったおやすみプロジェクター【おそらの絵本】を使えば、家族全員良い気分で眠れること間違いなしです★
ママは涙なしでは読めない絵本!?『おこだでませんように』

ママは涙なしでは読めない絵本!?『おこだでませんように』

『おこだでませんように』は、お家でも学校でもいつも怒られている小学1年生のぼくが主人公のお話。いつも怒られてばかりいるぼくが何を思い、何を願うのか・・・読み終わったあと、胸がきゅっと締め付けられること間違いなし!

この記事のキュレーター

nozomi nozomi