特集記事

今注目の記事

2017年4月7日 更新

毒親にならないためにはどうしたらいいの?毒親ってどんな親?

近頃、話題になっている「毒親」という言葉をご存知ですか?毒親ってよく聞くけど、どういう親のこと!?自分は大丈夫!?そこで、毒親にならないための方法や、毒親がどんな親のことを指すのかを紹介します。

毒親とは?

 (37035)

一般的に、毒親とは、子供の人生を支配する親を指します。毒親は、度が過ぎると虐待として扱われる場合もあるほど、子供の人生に大きな影響を与えてしまいます。

毒親に育てられた子供は、大人になってからも親の支配から逃げることが出来ず、ずっと親の存在に苦しむことが多いです。

毒親とは、アメリカの精神医学者のスーザン・フォワードの書いた「毒になる親」が語源となった言葉です。この本は、1989年にアメリカで出版された本ですが、現代社会になって毒親が増えたことで、昨今問題視されるようになりました。

毒親ってどんな親?

 (37038)

■子供に選択させない

毒親は、家族の中で自分が一番で、絶対的な君主のように思っていることが多いです。一番の存在だからこそ、子供は自分にお伺いを立てる必要があると考えています。

子供は、自由に考えたり、行動したりする必要がなく、自分に従っていればいいと教え込んでしまいます。

そのため、子供は自分で選択するということがなくなり、大人になってからも親にお伺いを立てないと、決断が出来なくなってしまいます。親なしで判断することを怖がり、親にお伺いを立てなかったことに不安を感じてしまいます。

■子供を人として見ない

子供を一人の人間だと感じていないので、子供自身に判断させる必要も感じず、自分の思った通りに動かしたいと思っています。

子供を自分の一部だと考えているため、全てが自分優先になります。子供の都合は後回しにし、自分のことだけを最優先に考えているため、子供を尊重することがありません。

自分が一番大切で、子供は二の次にしている場合が多いです。

干渉しすぎも、毒親と呼ばれる

 (37046)

■子供のためではなく、自分のために干渉する

子供が危ないことをしないように、全うな人間に育てるためにと、子供に口出しをすることは親として必要なことです。放任しすぎることは、子供に自由を与えすぎてしまうために、善悪の判断が出来なくなってしまいます。

しかし、干渉が強すぎると、干渉ではなく、強制や支配になってしまいます。子供のためを思って声をかけるのではなく、子供を自分の思い通りにするために声をかけます。自分の思った通りに子供が行動するように、コントロールしようとします。

干渉することは、子供が普通の人間として育っていくために必要なことです。しかし、それが、子供のことを思ってではなく、親自身のために干渉するのが毒親の特徴です。

■言葉の暴力を振るう

子供に干渉し、コントロールすることが上手くいかないと、強い言葉を使って子供を抑圧しようとします。普通に干渉しただけでは、子供がいうことを聞かず、親の思い通りにいかないために、子供を傷つけてでも自分の支配化に置こうとします。

言葉では、「子供のことを思って言っている」といいながら、子供の心を傷つけ、親に反抗する意思さえも奪おうとします。肉体的な暴力は、当然子供を傷つけますが、言葉の暴力はそれ以上のダメージを子供に与えてしまうこともあります。
23 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

幼児期が大切☆子供の心を育む会話術4つのポイント

幼児期が大切☆子供の心を育む会話術4つのポイント

言葉を覚え始める2歳頃から、会話が成立し始める3歳頃。この頃のママの会話術によって、話すこと&聞くことが上手な子供に育つとともに、親子の絆が結ばれます。
子供は真似っこ!言葉を話しだしたら注意したい親の言動パターン5つ

子供は真似っこ!言葉を話しだしたら注意したい親の言動パターン5つ

子供は親の行動をよく見ています。それだけでなく言葉を話しだすと真似っこも上手になるものです。そんな時、親として注意しておきたい言動をまとめました。
正しい日本語で話していますか?子供に伝えたい綺麗な言葉

正しい日本語で話していますか?子供に伝えたい綺麗な言葉

生まれてからすぐは話すことができない子供たち。彼らが初めて聞くのは母親の言葉です。その影響力は絶大です。一生影響する言葉遣い、ぜひ綺麗な日本語を子供に教えてあげたいものです。
◇体験談◇ごめんなさいが言えない我が子。~その理由や解決策を考えてみた~

◇体験談◇ごめんなさいが言えない我が子。~その理由や解決策を考えてみた~

みなさんのお子さんは『ごめんなさい。』とすぐに謝ることができますか?私の息子は今、素直に謝ることができないでいます。今回は私の体験談をもとに、なぜごめんなさいが言えないのか、そしてどうすれば良いのか考えてみました。
親の呼び方『パパママ』or『お父さんお母さん』どっちにしてる!?

親の呼び方『パパママ』or『お父さんお母さん』どっちにしてる!?

1歳過ぎたら徐々に言葉も出始めますね。子供は両親の事を認識していますが呼び方までは決めていません。たいていは親が「ママ」「お母さん」など呼ばせたい呼び名を子供に伝えます。ママなのかお母さんなのか母ちゃんなのか…人それぞれにこだわりがあるかと思います。そんな呼び方についてまとめてみました。
2人目妊娠★どれくらいお下がりを使う?買い足しするべきものとは?

2人目妊娠★どれくらいお下がりを使う?買い足しするべきものとは?

2人目を妊娠して、いよいよ出産となれば赤ちゃんグッズを揃えないといけませんよね。2人目なので全部新しく買いそろえる必要はなさそうだけど…買い足しが必要だったり、新調しないといけないグッズもありそうですよね。

この記事のキュレーター

usagijyou usagijyou