特集記事

今注目の記事

2017年12月28日 更新

子供の脳を育てよう!お家で実践☆脳のトレーニング4選

子供の脳は、生まれてから約6歳までに大きく成長すると言われています。ママと過ごす時間が多い0~3歳の時期にお家でできる脳の鍛え方、ぜひご覧下さい♪

1.『規則正しい生活』が最も大切!

 (118593)

朝は早い時間に目を覚まし、午前中にしっかり活動してお昼寝もぐっすり。
午後からもたくさん体を動かして、早い時間に就寝。

「寝る子は育つ」の言葉通り、よく遊んでよく寝ることが、実は脳の成長にとっても良い刺激を与えます。

習い事をさせたり、脳に良いと言われる玩具を買うよりも、真っ先に生活習慣を見直してみましょう。

2.脳にたくさんの『幸せ刺激』を与えよう!

ママの優しさ、温もりで子供を包み込むと、脳からは『オキシトシン』が分泌されます。
『オキシトシン』とは別名「愛情ホルモン」とも「絆ホルモン」とも呼ばれ、脳を活性化させる効果があると言われます。

赤ちゃんの頃はたくさん抱っこをし、成長に応じて抱きしめたりスキンシップをはかるなど、日常の中で触れ合う時間を大切にしましょう。

子供は成長するとどんどんママと過ごす時間が減っていきます。
0~3歳は、ママとべったりできる特別な時期♥
たくさんのスキンシップで脳を幸せで満たしてあげてくださいね!
 (118594)

3.『素敵な言葉』でポジティブ脳を育もう!

「ダメよ!」「できないの?」「早く!」そんな言葉ばかりかけられていると、大人だって気持ちがへこみます。

反対に「すごい!」「できたじゃない!」「大丈夫よ!」という言葉からは、大きな自信をもらえます。

子供が成功したとき、成功したとき、どんな時にでも、勇気が出るような言葉をかけてあげましょう。そうすることで、自然と前向きになれるポジティブな脳が育ちます。

4.『笑い』は脳を活性化!

 (118596)

脳にあるたくさんの神経細胞を繋げる『シナプス』。
このシナプスは、たくさんの刺激によってどんどん増加します。
増加すると神経細胞同士が次から次へとつながっていき、脳の働きが活性化されます。

特に『笑う』という刺激は、シナプス増加に強い影響を与えるそう!

シナプスの増加ピークは2~3歳と言われていますので、家族みんなで笑顔を大切にしながら脳をどんどん活性化させましょう!

3歳までの『脳刺激』は子供の未来を作ります!

勉強・運動、心や体、そのすべてをコントロールするのが『脳』です。
幼少期に脳を思い切り刺激して強く逞しく育てることは、末来の子供の成長の土台作りになるのです。

特別な知識や高額な費用等は一切必要ありません。
『脳刺激』と聞くと一見難しそうに感じられるかもしれませんが、今すぐにでも始められることばかりです。

さっそく実践してみてくださいね!
 (118599)

15 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

寝返りはいつ頃するの?泣いていたら戻す?寝返りあるあるもご紹介☆

寝返りはいつ頃するの?泣いていたら戻す?寝返りあるあるもご紹介☆

それまでねんねの状態ばかりだった赤ちゃんが寝返りできるようになると、一気に視界が広がって楽しくなることでしょう。でも、パパやママはちょっと心配なことも…寝返りはいつ?しない赤ちゃんもいるの?寝返りしたら気を付けることなどをお届けします。
みんなはどうしてる?お買い物デビューのススメ♫

みんなはどうしてる?お買い物デビューのススメ♫

子供って大人の真似をするのが大好きですよね。年齢によっていろんなお手伝いをして欲しいものです。お買い物でも子供に少しだけ手伝いをしてもらってみてはどうですか?
つい言っちゃう「〜〜しちゃだめ!」を少しだけ減らしてみませんか・・?

つい言っちゃう「〜〜しちゃだめ!」を少しだけ減らしてみませんか・・?

つい子供に「だめ!」と注意してしまうことありますよね。もちろん叱ることも大切ですが、ちょっとだけ言い方を変えてあげるだけで大人も子供もストレスフリーになりますよ♫
食事で子供が幸せに♡『幸福感』のある食卓を作る工夫とは?

食事で子供が幸せに♡『幸福感』のある食卓を作る工夫とは?

食事は子供の体の成長だけでなく、心の成長も促す大切なもの。核家族化が進み、子供の孤食が社会問題になる時代だからこそ、意識して考えたいテーマではないでしょうか。
「できる!」子供の『自信』を伸ばす育て方3つのコツ★

「できる!」子供の『自信』を伸ばす育て方3つのコツ★

子供が自分に『自信』を持ち、キラキラした目で大きくたくましく成長してほしい、そう願うママは少なくないと思います。その『自信』を伸ばすために、親としてどんな接し方をすれば良いのでしょう?まとめてみました。
絵を描くのが好きな子になって欲しい☆そのためにママができること

絵を描くのが好きな子になって欲しい☆そのためにママができること

絵を描くのが好きな子。自分が小さかった時に周りにもいましたよね。我が子にもお絵かきを好きになってもらえるように、ママがサポートできることってあるんです♡

この記事のキュレーター

e-family e-family