特集記事

今注目の記事

2017年9月22日 更新

子供と一緒に作ろう♡簡単♪楽しい♪キラキラボトルで遊んじゃおう!

お家の中に空のペットボトルやボトルがあれば、簡単に作ることができるキラキラボトル♡子供と一緒に楽しく遊びましょう!雨の日の遊びにも最適です☆

キラキラボトルって知ってる?!

 (61491)

キラキラボトルというのは、空のペットボトルや空のボトルの中に色んな飾りを入れたものです。100均などに売っているビーズやスパンコールを入れたり、食紅で色を付けたり、さまざまなバリエーションのキラキラボトルを作ることができます。

ペットボトルの中身は水でもOKなのですが、スノードームのようなふわっと浮いてゆっくり沈むようなキラキラボトルにするには「あるもの」を使います。

材料費もほとんどかかりませんし、お子さんと一緒に作ったり、ママ一人で作って赤ちゃんに見せてあげると喜んでもらえると思います♡
本当に簡単に作ることができるのでぜひチェックしてみてください!

とっても簡単!

 (61492)

空のペットボトルの中に自分が入れたい飾りを自由に入れていきます。
キラキラしたスパンコールなどを入れても良いですし、お家の中にあるいらないボタンや細かく切った色画用紙などでもOKです。
 (61493)

この写真ではモールワイヤーが入っていますね!
・ビー玉
・おはじき
・真っ白でさらさらした砂
などでも良いと思います☆
 (61494)

ペットボトル用のロートがあれば、こぼさず中に入れることができるので便利ですね!
私が良いなあと思ったアイデアは、お子さんと一緒に落ち葉や小石を拾いに行っても良いなと思います。ペットボトルの中に入るサイズの小さなどんぐりなど季節を感じるようなものを拾いに行けば、お子さんももっと楽しめるのではないでしょうか☆

家にあるもので作れる!

 (61509)

キラキラボトルの中の水分は水だけでも良いのですが、洗濯のりや液体のりを使うととろっとしてさらに楽しくなると思います!

材料
・ペットボトル
・水
・液体のりや洗濯のり
・ビーズやボタン、スパンコールなどの飾り
・ビニールテープ

ペットボトルに飾りを入れて、洗濯のりを半分ほど入れます。
そのあと水を加えてふたをしめゆっくり振って混ぜます。
ビニールテープで口部分をしっかりと留めて、お子さんが自力で開けられないようにしましょう。

食用油を使って☆

 (61511)

32 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

雨の日だってへっちゃら!新聞紙で遊んじゃおう♪

雨の日だってへっちゃら!新聞紙で遊んじゃおう♪

雨の日って外に出られないから、子供は退屈してしまいますよね。家にあるおもちゃに飽きてしまった。そんな時は家庭にある新聞紙を使って遊んじゃいましょう!特別なものは必要ありません♪
高価な知育玩具じゃなくても!「ねんど遊び」は子どもの発達に効果バツグン

高価な知育玩具じゃなくても!「ねんど遊び」は子どもの発達に効果バツグン

子どもはねんど遊びが大好き!こねこね楽しいですよね。実はねんど遊びにはさまざまな効果がある知育玩具でもあるのです。安心・安全な手づくり小麦ねんどでも手軽に遊べますよ。雨の日の室内遊びにも最適です。
これからやってくる梅雨。家にある物で、お金のかからない室内遊び10選♡

これからやってくる梅雨。家にある物で、お金のかからない室内遊び10選♡

雨の日は外遊びができないので子どもも退屈ですよね・・室内で楽しく遊べる方法をご紹介します☆家にあるものだけで、簡単に作れちゃいます!!これさえ見れば、梅雨も乗り越えられますよ☆
再利用?いや、これは本物志向!子供の遊びに使える親のいらなくなったモノ

再利用?いや、これは本物志向!子供の遊びに使える親のいらなくなったモノ

子供のおもちゃってたくさん種類があって何を与えていいのか悩みます。買ってあげても必ず喜ぶとは限らないですし、「高かったのに…」と親がショックをうけることも多いですよね。そんな時には逆に本物を与えてみてはどうでしょうか?
雨の日が楽しくなるかも♪雨の日に読みたい絵本10選*

雨の日が楽しくなるかも♪雨の日に読みたい絵本10選*

雨の日って憂鬱ですよね。どよ〜んとした天気で気分が冴えなかったり、ママは体調も優れなかったり。そんな時は親子で絵本を読んで気分を変えましょう★雨の日が楽しくなるような【雨の日】がテーマの絵本を紹介します♪
雨の日も遊べる!ボーネルンドが手がける室内遊び場「キドキド」の魅力とは♪

雨の日も遊べる!ボーネルンドが手がける室内遊び場「キドキド」の魅力とは♪

室内遊び場の「キドキド」をご存知ですか?雨の日でも遊べて、たくさんのおもちゃや遊び道具で子供を楽しませてくれる「キドキド」。気になってるけど実際に行ったことはない・・・という人は、これを読んだら行きたくなってしまうかも☆子供も親も楽しいキドキドの魅力をご紹介していきます。

この記事のキュレーター

nozomi nozomi