特集記事

今注目の記事

2018年1月10日 更新

1年の始まりに。。家族みんなで簡単な抱負を決めてみよう♡

一年が始まりました。せっかくですから家族団らんの時にひとりひとり今年の抱負を決めてみませんか?子供もきっとよく考えてくれるでしょう♡

1年の始まりは成長のチャンス!

 (119730)

いよいよ新年が始まりました。
せっかくですから、これから1年をどんな1年にしたいのか家族で話し合ってみませんか?
「こんな1年にしたい」と自分自身がしっかり考えて毎日を送ることってすごく大切なんですよ。

そうすることで目標達成のために子供自身も努力をするようになったり今まで見られなかった我が子の姿にあえるかもしれません♡

まずはどんな1年だったか振り返ってみよう!

まずは「去年はどんな1年だった?何ができるようになった?なにしたのが楽しかった?」と具体的に子供から話を聞いてみましょう。

「おしっこがおまるで初めてできた」と子供が言えば「すごかったよね。今年は何ができるようになりたい?」と質問してみたり、

難しいようだったら「○○ちゃんもう少しでトイレにひとりでいけそうだよね」と自尊心をくすぐってみたり・・と子供が抱負を思いつきやすいように、ヒントを出してあげてもいいでしょう。

しかし、子供の抱負というのは、大人が思っているようなことでないことが多いです。「たくさん遊びたい」というようなものでも、まずは「いい目標だね!!」と認めてあげる声掛けをしてあげることが大切です♡
 (119731)

親の抱負も子供の前で宣言しちゃおう♡

子供って大人と同じことをするのが大好きです。
だからまずは、ママ自身どんな1年にしたいか話してあげましょう。

「パパと喧嘩をしないようにする」「おやつを食べ過ぎないようにする」などなんでもいいんです。
家族のことだと子供もわかりやすくていいでしょう♡

また、親が目標に向かって頑張っている姿を見せるのはとっても大切です。
「努力すること」「目標に向かって頑張ること」を親の背中を見せて小さなことでも教えてあげたいですね♫

みんなは抱負を決めているの?



どんな気持ちで1年送るか。というのも立派な抱負になりますよね♡


自分自身を信じてあげることって一番大切なことかもしれませんね♡
17 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

遊びを通して育もう♪幼児期に伸ばしたい大切な能力

遊びを通して育もう♪幼児期に伸ばしたい大切な能力

「非認知能力」という言葉、聞きなれない言葉かもしれません。偏差値などの数値では測れない能力、非認知能力が今、注目を集めています。
幼児期が大切☆子供の心を育む会話術4つのポイント

幼児期が大切☆子供の心を育む会話術4つのポイント

言葉を覚え始める2歳頃から、会話が成立し始める3歳頃。この頃のママの会話術によって、話すこと&聞くことが上手な子供に育つとともに、親子の絆が結ばれます。
他のママと比べないで!あなたはあなたの子育てをしよう☆

他のママと比べないで!あなたはあなたの子育てをしよう☆

ママ友に会うと「あのママはキラキラしていてステキだな」「あのママは子供にいつも優しく接しているな」と感じることがありますよね。自分と比べて落ち込むことも…でも、大丈夫。ママ友と比べる必要はないんです!
思いやりのある子供に♥かけてあげたい5つの言葉

思いやりのある子供に♥かけてあげたい5つの言葉

やっぱり我が子には優しくて誰に対しても思いやりのある子に育ってほしいですよね。「でもどうやって…?」となってしまいますが、ある声掛けをすれば思いやりのある子供に成長してくれるんです♡
子供は真似っこ!言葉を話しだしたら注意したい親の言動パターン5つ

子供は真似っこ!言葉を話しだしたら注意したい親の言動パターン5つ

子供は親の行動をよく見ています。それだけでなく言葉を話しだすと真似っこも上手になるものです。そんな時、親として注意しておきたい言動をまとめました。
正しい日本語で話していますか?子供に伝えたい綺麗な言葉

正しい日本語で話していますか?子供に伝えたい綺麗な言葉

生まれてからすぐは話すことができない子供たち。彼らが初めて聞くのは母親の言葉です。その影響力は絶大です。一生影響する言葉遣い、ぜひ綺麗な日本語を子供に教えてあげたいものです。

この記事のキュレーター

みさっこ みさっこ