特集記事

今注目の記事

2018年12月27日 更新

子供はみんな、ママの宝物。上の子だから、下の子だからと言わないで。

子供を連れて外出すると、たくさんの人に声をかけてもらえますよね。可愛がってくれたり、育児を頑張っているママをいたわってくれたり…しかし、時にはちょっとした声かけがママを辛くさせる、そんなこともありますよね。

上の子の気持ち、下の子の気持ちを尊重していたら…

私は5歳の女の子と1歳6ヶ月になる男の子の育児をしています。下の子は歩けるようになったばかりで、歩くのが楽しく抱っこやベビーカーを嫌がることが増えました。

逆に上の子は、歩くよりも買い物カートなどの乗り物に乗っていた方がラクだということを覚えたのでなにかと歩きたがらないことが多いです。

そんな経緯があって、下の子は歩き、上の子は買い物カートに乗っていました。まだ歩くのが下手な下の子はお店の中で転んでしまうことも多く、手を貸しながら買い物をしていました。

「おねぇちゃんなのにどうして?」

そんな様子を見ていたのか、一人の女性が娘に声をかけてきました。
「小さい弟が歩いているのに、どうしてお大きいおねぇちゃんがそんな所(買い物カート)に乗っているの?あんなに小さい子が頑張ってておねぇちゃんはどうして楽をしているの?」と。

その瞬間、娘はとても傷ついた顔をしました。私は普段から「おねぇちゃんだから、弟だから」と区別をせず、どちらも平等に意見を聞き、平等に扱ってきたので、「お姉ちゃんなのに」と責められたことがないので当然の反応です。

とっさに私は反論しました。
上の子だから、下の子だからと関係ないです。きょうだい二人とも等しく私の大切な子供で、上の子だから我慢しなくちゃいけない、下の子だから上の子に譲らなければいけないなどとは思いません。

事情も知らない人に、大切な子供を傷つけられるようなことを言われたくはありません。と。

ママは絶対に子供の味方。

 (159182)

子供や赤ちゃん連れて歩いていると、周りの人が声をかけてくれることがあります。励まされたり、傷ついたり…。

周りからどんな風に言われても、子供のことを1番理解しているのは、やっぱり1番身近にいるママだと思います。周りの人にどんなことを言われても、ママが自信を持って子供を守ってあげたいです。

ママが守ってくれること、どんな時も味方でいてくれること、それを子供はちゃんと分かってくれるんじゃないかと思っています。

今回の件で娘はとても辛そうにしましたが、私がすぐに反論したことで娘は「ママは自分を守ってくれた、だから気にしないよ。」と言っていました。気にしない、は強がりだと思いますが、それでもママが自分を守ってくれるということを感じてくれたことは良かったな、と思いました。

まとめ

 (159183)

育児中のママは自信をなくしてしまったり、不安になったりしながら毎日頑張っています。そんな頑張っているママを子供はしっかりと見てくれて、ママからの愛情を、きっとしっかりと受け止めてくれています。

ですから、どんなことがあっても何かを言われても、ママは自分と、愛する子供を信じて守ってあげるだけ。子供を守ってあげられるのはママだけなんですから★
11 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

あなたの愛しい子供は世界でたった一人。「みんな違ってみんないい」ですよ♡

あなたの愛しい子供は世界でたった一人。「みんな違ってみんないい」ですよ♡

上の子が新生児の頃、本当に育てにくい子でどうしてこの子はこんなに大変なんだろう…と毎日悩みながら育児をしていました。大人だってみんな違うように、赤ちゃんだって個性があって当然なんだと、二人目を育てながらようやく思うことができました。みんな違って当然、と思たらママの気持ちも少しは軽くなると思います。
二人目育児は上の子のケアが大切。下の子と同じくらい上の子に気を使いたい

二人目育児は上の子のケアが大切。下の子と同じくらい上の子に気を使いたい

望んで産んだはずの二人目…上の子で慣れているからか育児は思ったほど大変ではなかったけど、上の子のケアが大変でした。ママもこうしてママとしての経験を積んでいくんだなぁ、と毎日思いながら二人の子育てに奮闘しています。
ちょっと力を抜いて、赤ちゃんとの時間を楽しんでみませんか?

ちょっと力を抜いて、赤ちゃんとの時間を楽しんでみませんか?

毎日、自分の時間をほとんど使って、睡眠も十分に取れないままに、ママは赤ちゃんのお世話を頑張っています。毎日お疲れ様です。赤ちゃんのお世話に必死になる思いはとてもよくわかりますが、ちょっと肩の力を抜いて赤ちゃんとの時間を楽しんでみませんか?
上の子vs下の子!上の子ばかりを叱らないためにママが気をつけたいこと

上の子vs下の子!上の子ばかりを叱らないためにママが気をつけたいこと

どうしてきょうだいというのはケンカが尽きないのでしょう…気がつけばきょうだい喧嘩の仲裁ばかりしている日々。案外喧嘩の仲裁って難しくありませんか?できれば公平に仲裁してあげたいものですよね。
赤ちゃん返りは悪いことじゃない。ただママが大好きなだけなんです。

赤ちゃん返りは悪いことじゃない。ただママが大好きなだけなんです。

下の子が生まれると初めての赤ちゃんに上の子は喜んでくれたり、かわいがってくれたりしてとても微笑ましい光景が見られます。しかし、しばらくすると赤ちゃんの方が自分よりママに構ってもらっている!とヤキモチを焼いてしまい赤ちゃん返りをしてしまうことも…とても大変な赤ちゃん返り。ですが、それは子供がママを大好きだからでもあるんです。
【育児絵日記】ついに魔の3週目がやってきた!?

【育児絵日記】ついに魔の3週目がやってきた!?

生後3週間頃から突然やってくる赤ちゃんのぐずり。ぐずぐず泣き止まず、寝てくれない時期が“魔の3週目”といわれています。個人差はありますが、多くのママが経験している魔の3週目について描かれている育児絵日記を紹介します。

この記事のキュレーター

usagijyou usagijyou