特集記事

今注目の記事

2018年5月21日 更新

【はしか流行警戒中】妊婦さんや赤ちゃんは特に注意を!!

少し前からニュースで取り上げられていましたが、今でも麻疹の流行は続いており、感染者は現在110人を超えています。今一度、麻疹についての正しい情報を持って、感染を防ぐようにしましょう。

はしか(麻疹)が流行中!

 (134581)

2018年3月23日、沖縄を旅行中だった台湾の旅行客が「はしか(麻疹)」と診断されました。

これをきっかけに麻疹の感染者が急増し、2018年5月8日現在では、麻疹の感染者は全国で119人にのぼっています(国立感染症研究所より)。

特に沖縄では感染者が多く、90人確認されています。

沖縄以外でも感染者が

沖縄を旅行中だった愛知県の男性が、体調不良で医療機関を受診。
この男性は麻疹に感染していました。

これにより、この病院で受診していた医療関係者や患者など計6人のはしかの感染者が確認されたのです。

麻疹って毎年流行するの?

今ニュースで大きく報道されている麻疹ですが、実は毎年流行している感染症なんです。
主に春から初夏にかけて流行します。
2001年に大きな流行がありましたが、積極的なワクチン接種により、それ以降は徐々に減少しているようです。

そもそも麻疹ってどんな病気?

麻疹の症状は?

麻疹は「麻疹ウイルス」に感染して発症する病気です。

感染すると、約10日間の潜伏期間を経て、発熱や鼻水、咳などの風邪の症状があらわれます。
普通の風邪と違うのは、熱が下がらず高熱が続くということと、発熱から2~3日後に発疹があらわれる点です。

また、肺炎や中耳炎などの合併症を発症しやすいのも特徴です。
麻疹にかかった患者1000人に1人の割合で、脳炎を発症したり、中には死亡例も。

特に免疫力の弱い乳幼児や妊婦、高齢者は重症化しやすいため注意が必要です。
 (134583)

感染力がかなり強い!

先ほどの愛知県の男性の例を見れば分かるように、麻疹の感染力は非常に強いと言われています。
「インフルエンザの10倍の感染力」とも言われているようです。

空気感染なので、空気中に漂っているウイルスがからだに入ることで感染します。
患者の咳や鼻水に含まれるウイルスが、鼻や喉の粘膜に付着することで感染する飛沫感染とは違い、ただその場にいるだけで感染することもあるようです。

特に注意が必要な人は?

免疫力が低いと重症化しやすいので、乳幼児や高齢者、妊婦さんは特に注意が必要です。

妊婦さんが感染、発症すると、流産や早産のリスクも上がります。
25 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

予防接種忘れてない!?スマホアプリで簡単ワクチン接種管理!

予防接種忘れてない!?スマホアプリで簡単ワクチン接種管理!

子供の予防接種、つい忘れてしまったり、なにが接種済みでなにが未接種なのか、分からなくなってしまったことはありませんか?予防接種管理アプリなら、スマホですぐに確認できてとっても便利なんです!
ついに定期接種に!B型肝炎ワクチンってどんなもの?

ついに定期接種に!B型肝炎ワクチンってどんなもの?

今年(2016年)の10月1日から定期接種になった「B型肝炎ワクチン」。「もう有料で受けさせちゃった」というママも多いかもしれませんね。B型肝炎とはどんな病気か、また接種する間隔や途中まで接種してしまったときはどうすればいいのかなどをまとめました☆
【速報】おかいつ★よしお兄さん&りさお姉さん3月末で卒業を発表

【速報】おかいつ★よしお兄さん&りさお姉さん3月末で卒業を発表

NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」のよしお兄さんとりさお姉さんの2人が3月末で卒業されることが本日発表されました。
meg
市の検診で成長を指摘されたら?自分を責めずに、次に活かしていこう!!

市の検診で成長を指摘されたら?自分を責めずに、次に活かしていこう!!

子供を産むと、定期健診がありますよね。平均的に成長しているお子さんでればすぐに終わりますが、成長に問題があると大事になってしまいます・・・子供の成長を指摘されるとママが責められているみたいで辛く感じてしまいますが、自分を責めないで、毎日の生活を見直すキッカケににしてみませんか?
最新版!共働き子育てしやすい街ランキング2018で上位の街は?

最新版!共働き子育てしやすい街ランキング2018で上位の街は?

妊娠・出産・育児を考える夫婦にとって、住む場所は重要な問題です。保育園の待機児童問題や子育て支援制度など、気になる点がいっぱい。いま子育てしやすい場所はどこでしょうか?
下痢になった時に知っておきたい!お腹に優しい食材と料理レシピ★

下痢になった時に知っておきたい!お腹に優しい食材と料理レシピ★

冬の寒さや体調不良が原因で下痢になるお子さんが多くなる時期です。今回は下痢の時にも安心して食べられそうなお腹に優しい食材とレシピをご紹介します。

この記事のキュレーター

サナ サナ