特集記事

今注目の記事

2017年4月11日 更新

病院は怖くない!病院嫌いを克服して、すんなり病院に出かける方法!

予防接種や体調不良で病院に出かけなければいけなくなった時、子供はすんなりお出かけしてくれますか?病院が嫌で大泣きしてしまったり、出かけるのを全力で拒否したり、ママは大変な思いをしていませんか。病院嫌いを克服する方法をご紹介します!

子供が病院嫌いになる原因とは

 (30433)

1.人見知りが原因

赤ちゃんから1歳頃までの間に病院で子供が泣いてしまうのは、病院が怖いのが原因ではなく、人見知りが原因です。

月齢が低い赤ちゃんは、パパですら受け付けないこともあり、ママ以外の人を受け付けない場合も多いです。病院には、知らない大人がたくさん居るため、泣いてしまう場合がほとんどです。

1歳頃までの子供は「病院が怖い」ということを記憶する力がないため、病院が怖くて泣くのではなく、人見知りが原因です。

2.注射や治療で痛い経験をしたことが原因

1歳を過ぎると少しずつ記憶力が発達していきます。そのため、予防接種や風邪の治療などで痛い思いをしたり、怖い治療をされた経験を記憶するようになります。

記憶力が発達するため、一度怖い思いをすると、そのまま病院が怖くなってしまい、近づかなくなります。怖いイメージが強烈に残ってしまうと、白衣の先生が近づくだけで泣いてしまったり、一度通った病院の前を通ることすら拒否してしまうこともあります。

病院嫌いを克服するために出来ること

 (30439)

1.病院で何をするのかを説明する

病院でどんな治療をされるのか、どんな検査をされるのかが分からないと、大人でも少し怖いと感じてしまうのではないでしょうか。それは子供も同じで、病院で何をされるか分からないという恐怖から病院を怖がってしまうことがあります。

なぜ、病院に行かなければいけないのか、どんな治療や検査があるのかなど、家を出る前に子供に説明してあげましょう。怖い検査をしないこと、ちょっと「チクッ」っとするかもしれないことなど、これから病院で起きることを説明してあげましょう。

事前に予測できることで、病院に対する漠然とした不安を解消してあげることが出来ます。

2.注射や痛いことをごまかさない

病院は痛いことをされる場所、と子供が覚えてしまうと、病院に行くたびに拒否されてしまいます。注射のある、なしを問われることもあるでしょう。

しかし、注射の可能性がある場合、予防接種などで絶対に注射あある場合など、子供にウソをつくのは厳禁です。ママが痛いことは無い!と言ったにも関わらず、痛い思いをすると、一番信用出来るはずのママですら子供は信用出来なくなってしまいます。

そのまま、人間不信になってしまうこともあるので
「痛いことがあるかもしれないけど、ママが付いてるから大丈夫だよ!」と何度も言って安心させてあげましょう。

3.病院が終わったら目一杯ほめてあげる

予防接種や注射があった場合はもちろん、ただの診察だけで済んだ場合でも病院が終わったら子供を思いっきりほめてあげましょう。いっぱい抱きしめて、よく頑張ったねとたくさん伝えて、褒めてあげることが大切です。

また、病院から処方された薬を飲んだことで病状が回復した場合には、病院に行ったおかげで体が辛いのが治ったこと、病院に行ったから元気になれたのだと伝えて、病院の大切さを教えてあげることも大切です。

病院嫌いを克服するための、病院選びとは

23 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

任意の予防接種受ける?受けない?何を基準に選んでいますか?

任意の予防接種受ける?受けない?何を基準に選んでいますか?

小さな赤ちゃんの体を、様々な病気から守ってくれる予防接種。種類の多さに驚いてしまうママも多いのではないでしょうか?種類だけでなく、定期接種や任意接種など聞きなれない言葉もたくさんありますよね。任意接種を受けるかどうかお悩みのママは、ぜひチェックしてみてください♪
1歳までの赤ちゃんは要注意!RSウイルスとは?

1歳までの赤ちゃんは要注意!RSウイルスとは?

RSウイルスをご存知ですか?大人が感染しても、単なる風邪症状で終わることが多いのですが、乳幼児が感染すると「細気管支炎」にかかってしまうことも…特に1歳までの赤ちゃんは要注意です!そんなRSウイルスについてまとめました。
要注意!秋にはやる感染症まとめ

要注意!秋にはやる感染症まとめ

夏に流行る感染症はいろいろありますが、秋に流行る感染症もたくさんあります。秋に流行る感染症は長引く傾向があるので注意が必要です。そこで今回は、注意したい秋の感染症についてまとめました。
知っておきたい!子供が痙攣を起こす理由と対処法

知っておきたい!子供が痙攣を起こす理由と対処法

子供が痙攣を起こすとびっくりしますよね。どうすれば良いの分からず慌てることも多いと思います。痙攣をおこす理由や対処法が分かっていれば慌てず対処できるようになります。今回は子供に多い痙攣についてご紹介します。
ホントに見えてる?3歳を過ぎたら視力検査に行こう!

ホントに見えてる?3歳を過ぎたら視力検査に行こう!

子供の視力は大体6歳頃までに完成すると言われています。それまでに正しい見え方を習得しておかないと、将来弱視になってしまうことがあるのです。ここでは、子供の視力の発達と検査や治療の重要性についてまとめました。
暑い季節は要注意!気をつけたい夏の4大感染症の特徴をご紹介

暑い季節は要注意!気をつけたい夏の4大感染症の特徴をご紹介

いよいよ暑い夏が到来!夏祭り、プールやキャンプなど子供達の大好きなイベントが盛りだくさんですよね。でも人混みに行く機会が多い季節だからこそ、気をつけたい病気があるんです。これからの季節、特に気をつけたい4大感染症をご紹介します!

この記事のキュレーター

usagijyou usagijyou