特集記事

今注目の記事

2017年3月21日 更新

離乳食期の赤ちゃんの鉄欠乏性貧血に注意!鉄分UP離乳食レシピも☆

妊娠中や出産後のママさんが気をつけたい【鉄欠乏性貧血】実は赤ちゃんも注意したい貧血なのです!予防法などしっかり知っておきましょう。

鉄欠乏性貧血とは?

 (16053)

鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ、英: iron deficiency anemia, IDA)とは、体内に鉄が不足する事により、充分にヘモグロビンを生産できなくなることで生じる貧血のことである。
一般的な【貧血】は血液中の赤血球の数やヘモグロビンの濃度が低くなっている状態に対し、【鉄欠乏性貧血】は、血液中の鉄分が低くなっている状態です。

なぜ鉄分が不足すると貧血なのか?

このヘモグロビンを作るには、鉄が不可欠です。鉄欠乏性貧血では、鉄分の不足によって、ヘモグロビンの合成が傷害され、貧血が起こるのです。
体中に酸素を運ぶ役割をもつヘモグロビンは鉄分が無いと合成できないのです。

妊娠中や出産後の鉄欠乏性貧血

 (16054)

妊娠中の妊婦健診や、産後の生活でママがなりやすいのも【鉄欠乏性貧血】です。
場合によっては鉄剤が処方される方も多いでしょう。

妊娠中は体内の血液量が増え、水増しされた状態で薄くなっているため、血液中の鉄分濃度が薄くなり 鉄欠乏性貧血になりやすいのです。

産後は妊娠中から引き続き貧血になるママや、出産時の出血などで貧血になりやすい状態です。また、産後の授乳や睡眠不足、ストレスでも貧血になりやすいです。

乳幼児の鉄欠乏性貧血にも注意!

 (16055)

ママだけが注意する症状と思われがちですが、見落としがちなのが乳幼児の貧血!

普段の生活で分かりづらく、気が付かないうちに貧血になってしまっていることがあるのです。

母乳メインだった赤ちゃんは注意!

 (16059)

国によって発生頻度は異なるが、日本の平均的な例として沖縄県の調査では、貧血の頻度は4~5か月児では栄養法によって差はみられないものの、9~10か月児では母乳栄養児の33%、混合栄養児の10%、人工栄養児の18%にみられ、母乳栄養児で最も高い。特に母乳分泌が少なくなっても、乳児が人工乳を嫌がったために、1歳前後まで母乳を中心とした食事内容で育てられたケースに多い。
母乳は6ヶ月頃から栄養価がグンと下がります。同時にこの頃はママのお腹の中でもらっていて、赤ちゃんの体内にあった鉄分「貯蓄鉄」も減少してきます。
離乳食を始める時期と重なるので、母乳以外での栄養補給が大切になってきます。

離乳食後期からは食事で鉄分を

35 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

野菜を食べてくれない子供に作りたい!保育園で作られているレシピ20選*

野菜を食べてくれない子供に作りたい!保育園で作られているレシピ20選*

野菜嫌いを克服してもらいたいけれど、どんな料理を作れば良いのか分からないママ必見です☆保育園で実際に作られているメニューをまとめてみました!これを作れば野菜を食べてくれるかも!?
とっても簡単☆手づかみ食べ離乳食メニュー

とっても簡単☆手づかみ食べ離乳食メニュー

簡単に作れちゃう☆野菜をつかった手づかみ食べのメニューをご紹介します☆
いらない野菜くずで作る"だし"がすごい!!ベジブロスで節約&料理の美味しさUP♡

いらない野菜くずで作る"だし"がすごい!!ベジブロスで節約&料理の美味しさUP♡

野菜の皮や茎、根っこなどのいつもは捨てる『野菜くず』まで余すことなく使えたら良いと思いませんか!?しかも栄養たっぷりというから驚き☆とっても簡単に作れるベジブロスについてご紹介します。
子供に『鉄分』はなぜ必要?離乳食&幼児食レシピおすすめ6選

子供に『鉄分』はなぜ必要?離乳食&幼児食レシピおすすめ6選

子供がなりやすい鉄分不足。そのサイクルを知って鉄分不足を予防しましょう!おすすめレシピも一緒にご紹介します★
自然な甘さで子供も喜ぶ!「南瓜」を食べたい!消費に困らないレシピも☆

自然な甘さで子供も喜ぶ!「南瓜」を食べたい!消費に困らないレシピも☆

南瓜は子供に食べさせたい栄養豊富な食材です♪甘味があるので離乳食でも、完了後でも子供にとって食べやすい食材ですね。子供がぱくぱく食べてくる鉄板レシピもご紹介します♡
赤ちゃんと一緒にクリスマスパーティー☆おススメ離乳食メニュー

赤ちゃんと一緒にクリスマスパーティー☆おススメ離乳食メニュー

もうすぐクリスマス!クリスマスの日は少しだけ特別なメニューにしたいですよね。今回はクリスマス離乳食のみんなの素敵なアイディアをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

この記事のキュレーター

priari priari