特集記事

今注目の記事

2015年12月17日 更新

働くママにしてほしい、子どもとの絆を育む3つのこと

一緒にいる時間は短くても、子供との絆を育む時間は大切にしたいですね。働くママに是非してほしい3つのことをご紹介します。

Instagram (875)

専業主婦の場合は、ほぼ一人で子育てを担っているために、つい完璧を求めてしまい、余計なストレスを抱えるケースが多々あります。

その点働いているママの場合のほうが、仕事に行っている時間は子どものケアはできないことで夫や子どもにサポートを求めやすく、うまくいくことが多いようです。

1. ママのお手伝いで子どもを自立させる

Instagram (885)

「手伝いをさせると賢くなる」とはよく耳にする話です。実際に調査の中で、子ども時代に家事手伝いをたくさんしたという経験を持つ人は

・自分の考えをわかりやすく説明できる
・自分の感情を上手にコントロールできる
・自分から率先して行動することができる

といった能力が身についたと回答した割合が高いことがわかっています。

これは、家事という生活の重大な部分を手伝うことで、責任感を抱くようになり、貢献する喜びを感じ、効率的な手順を考える習慣が身につくからだと考えられています。

簡単なことからコツコツ継続させてみましょう。ママも楽になり、子どもも成長します。

2. 3つの場面で子どもと会話をする

Instagram (884)

働いているとなかなか家族での会話の時間が取れません。帰宅後は夕食の準備に片づけ、お風呂に寝かしつけと大忙し。そんな時は次の3つの場面での会話を意識して行うようにしましょう。

・食事中
・お風呂の中
・布団の中

この「3つの中」は、親にとっても子どもにとっても心身共にリラックスできる場面。子どもと長時間接していられない分、お互いがリラックスできる時間と空間を大切にしましょう。

またこれは親子間だけではなく夫婦間でも重要なこと。夫婦円満は子どもの気持ちを安定させる重大な要素であるため、明るい家庭環境作りに努めてください。

3. 自分の将来の夢を持つ

育児に追われるママが負担に思うことの1位は「自分の自由な時間が持てない」こと。

仕事や家事が十分にできないことよりも、子育てによる疲労からストレスを感じるほうが多いようです。働くママに限らず、子育てに追われるママが、例えどんな夢でも将来の夢を持つことが、毎日をいきいきと過ごせて子どもにも家庭環境にも良い影響を与える鍵となります。

そしてその夢を子どもに伝えること。ママが夢を持ち夢に向かって努力する姿をみて育った子どもは、自分も夢を持ち夢に向かって努力することができるようになります。
Instagram (886)

共働き世帯が増える今、「意識して家族の絆を深めるようなことをしたほうがいい」という人が20年前に比べると20%以上も増えているという調査結果がでています。
(博報堂生活総合研究所調べ)

そして、そういった意識を持っている世帯は親子の対話時間が多く、子どもが社会の出来事やニュースにもよく目を向けており学力向上にもつながっています。
(Benesse教育研究開発センター調べ)

働いているからこそできる取り組みを行うことで、素敵な家庭を築いていきたいですね。


参考文献:「頭のいい子が育つママの習慣」(PHP文庫)
12 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

心温まる絵本*『たからもののあなた』は働くお母さんと子供がテーマ

心温まる絵本*『たからもののあなた』は働くお母さんと子供がテーマ

最近では夫婦共働きの家庭が多いですよね。『たからもののあなた』働くお母さんと子供がテーマの絵本です。読み終わったあと心が温かくなる、そんな1冊になっています。ぜひ親子で読んでみてはいかがでしょうか?
母乳からミルクへの移行がスムーズに!"mimijumi"の哺乳瓶

母乳からミルクへの移行がスムーズに!"mimijumi"の哺乳瓶

2008年にアメリカで誕生したmimijumiという哺乳瓶をご存知でしょうか?2人の小児精神科医と1人の工業デザイナーによって4年の研究開発を経て作られた哺乳瓶です。母乳育児から哺乳瓶への移行がスムーズにできる優れものです☆
ワーママ必見★育児と仕事を上手に両立させたい…周囲に対して守りたいマナーとは?

ワーママ必見★育児と仕事を上手に両立させたい…周囲に対して守りたいマナーとは?

育児と仕事の両立、素敵なことですよね☆しかし、育児をしながら働くためには周囲の協力が必要不可欠です。ワーママとして最低限守りたいマナーをまとめてみました。
仕事復帰目前のママ必見!!やり残したことはない?!【#復帰前にはこれをやっとけ】をチェック*

仕事復帰目前のママ必見!!やり残したことはない?!【#復帰前にはこれをやっとけ】をチェック*

もうすぐ仕事復帰されるママ必見のハッシュタグ【#復帰前にはこれをやっとけ】では、仕事復帰に備えてしておくべきことがたくさん買いてあります。ぜひ参考にして仕事復帰に備えてください♪
[PR]働きたいママを応援!専用保育所あり☆ヤクルトレディのお仕事

[PR]働きたいママを応援!専用保育所あり☆ヤクルトレディのお仕事

家計のために少しでも働きたい!やりがいを感じながら仕事をしたい!働き方の希望はひとそれぞれ。自分のライフスタイルにあった働き方を見つけてみませんか?
最良の働き方を考える、家庭と両立できる仕事を探そう

最良の働き方を考える、家庭と両立できる仕事を探そう

結婚や出産といったライフイベントがキャリアに大きく影響する女性にとって、仕事と家庭の両立は大きな課題です。「現在の職場は毎日残業が当たり前で子育てとの両立は無理かも・・・」、 「育児期間中のブランクが長いから、再就職にチャレンジする自信がもてない・・・」、など 仕事と家庭の両立に悩む女性は少なくありません。 今回は、家庭と両立できる仕事を探すための予備知識として、正社員・派遣社員・アルバイト社員それぞれ3つのワークスタイルのメリット・デメリットを考えてみます。

この記事のキュレーター

にゃんとも にゃんとも