特集記事

今注目の記事

2017年2月8日 更新

なんと東大生の約50%がリビングで勉強していた!?小学生になったらリビング学習をスタートさせましょう☆

子供が小学生になったらどこで勉強させようか・・小さい頃は考えもしなかった新たな悩みが出てきます。勉強が全てではないけれど、ママがガミガミ怒らなくても良いようにしておきたいですよね。まだお子さんが小さくても今から準備出来ることがあるんです☆

 (25200)

お子さんが小学生になったら学校や塾などに通うご家庭も多いですね。

毎日の宿題はもちろん、塾の宿題、夏休みの宿題など、勉強しなければいけない状況になっていきます。
勉強が全てではないけれど、勉強もスポーツもどちらも出来たら嬉しいですよね!
ママが毎日怒らなくても、自主的に勉強できるような環境をつくっておくことで、ママの育児ストレスも軽減されます。

ここで本題です。お子さんの勉強スペースは既に確保していますか?
もう既に子供部屋を確保していて勉強スペースがある方も、まだ先だから・・・と確保していない方にもオススメしたいのが『リビング学習』です。

テレビ東京の番組調査(ザ・逆流リサーチャーズ)で、何と東大生の約半数が子供時代リビングで勉強していた事が分かったのです!

リビングで学習していた子どもの方が学校の成績が良いのならば、ぜひ取り入れてみたくありませんか?

リビング学習のメリット

 (25198)

日本で1番といわれる難関大学『東京大学』の学生の約半数が、リビングで勉強していたなんて驚きの結果ですよね。

リビングは家族が集まる場所なので、テレビや家族の話し声など気が散ってしまいそうですが、全く無音の状態よりも、こういった生活音などがある状態の方が『記憶力・集中力』が上がるといわれています。

子供側だけではなく、ママにとってもリビング学習はメリットがあります。
お子さんの様子を見られるという点です。
自分の部屋で勉強するとなると、ママの目が届かないですよね。
宿題や勉強していると思っていたのに、部屋を覗いたら寝てたり、ゲームしていたり…なんていうこともあるかもしれません。

しかしリビングで学習していると、ちゃんとやってるな、疲れてそうだな、もうすぐ終わりそうかな?と子供の様子が見て取れるので、ママも安心する事が出来ます。

またお子さん自身も、見られているという意識が働くので、集中して勉強が出来るようになります。

脳科学者も推奨!

高校生
そろそろ勉強に集中したいのですが、なかなか集中力が上がらず困っています。勉強に集中するいい方法はないでしょうか?


ご回答
まず、後悔するのはほどほどに!

これまで、どんな過ごし方をしてきたとしても、自由になるのは、未来だけですから、今ここから先だけを考えてください。

その上で、集中力を上げる負荷トレーニングは、雑音があるところでやるといいです。

例えば、居間のように。

どこでやるの?
居間でしょ。

邪魔なノイズのある居間で勉強することで、前頭葉の集中回路に負荷をかけて鍛えることができます。
脳科学者である茂木健一郎さんも、雑音があるリビングで勉強すると集中力がUPするとおっしゃっています。

リビング学習のデメリット

リビング学習のデメリットの1つ目は、テーブルの高さが合っていないと姿勢が悪くなってしまう可能性があります。
学習机やイスは子どもの姿勢を考えてつくられていますが、テーブルだと高すぎたり地面に足が着かない場合があるので、高さを変えられるイスにしたり姿勢が悪くならないようなクッションを下に敷くなどの対策が必要です。


デメリットの2つ目は、リビングが散らかりやすいことです。
学習スペースや収納場所があれば特に問題ないのですが、兄弟が多ければ多いほど勉強道具で散らかりやすくなってしまいます。
こちらも収納グッズなどを購入してきちんと収納できれば問題ありません。


3つ目はリビングやダイニングの照明はオレンジ系の暖色系が多く、リラックス効果や食事が美味しく見える効果があるのですが、眠たくなってしまったり勉強に適した照明の色ではありません。
勉強に適した照明は白色なので、できれば学習スペースだけ白色の照明に変えてあげたり、テーブルの上に白色のライトスタンドを置いてあげましょう。

リビングに勉強スペースを

 (25081)

 (25082)

ダイニングテーブルやリビングで勉強道具をばーっと広げると、毎回片付けが大変ですよね。

最近の住宅事情では、子どもが勉強出来たり、ママが色々作業できるようなスペースをあらかじめリビングやダイニングに確保しているケースが増えているんです。

そこまで広いスペースは必要ありませんが、お子さんが快適に勉強出来るスペースを作っておけば、リビングで学習する習慣づくりができますよね☆

勉強スペースの確保が難しければ・・・

勉強スペースを確保したいけれど、勉強机を置く場所がないなあという方にオススメなのが、リビングパレットやリビング学習テーブルマットです。

リビングパレットはパレットの上で勉強することが出来るので、教科書などを重ねておけば、食事時や寝るときなどに、早く片付けることが出来ます。


リビング学習テーブルマットは、収納ポケットがたくさんついていたり大型クリップで資料を見ながら勉強したり出来ます。勉強が終わったあとは、たたんで収納することが出来るので、スペースがなくても問題ありません。

こういったアイテムを上手に使えば、リビングでも勉強することが出来ます☆
22 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

子供と手遊びで楽しめる英語の歌☆やり方付き

子供と手遊びで楽しめる英語の歌☆やり方付き

おうちで英語を始めたい!と思っていても何から始めたら良いのか分からない・・・と躊躇してしまうママも多いかもしれません。そんな時はぜひ親子で英語の手遊び歌にトライしてみてください!
人気の習い事☆ベビー・キッズスイミングってどんな感じ?【体験談】

人気の習い事☆ベビー・キッズスイミングってどんな感じ?【体験談】

昔から子供の習い事ランキング上位の「スイミング」。今は赤ちゃん向けのベビースイミングも人気ですよね。我が家でもベビー・幼児向けのスイミングの体験会に参加してきました!
うちの子もしかして天才児?ギフテッドって何?

うちの子もしかして天才児?ギフテッドって何?

「ギフテッド」とは生まれつき平均よりも高い知能を持っている人のことで、アメリカではギフテッドの子供へ特別なプログラムがあります。今回はギフテッドの特徴やギフテッド教育についてまとめました。
[PR]英語を始めるなら1・2歳から◎親子で楽しく英語にふれよう

[PR]英語を始めるなら1・2歳から◎親子で楽しく英語にふれよう

小学校でも2020年から英語の必修化が始まりますね。これから進むグローバル化に向けて、いま親として我が子にできることって何でしょう?それはきっと「英語って楽しい!」と感じられるきっかけを与えてあげることではないでしょうか♡
meg
新年度から始めよう!おススメ知育教室【体験談】

新年度から始めよう!おススメ知育教室【体験談】

未就学児向けの「知育教室」。様々なタイプがあり、気になるママも多いのではないでしょうか。今回は我が家で体験レッスンに行った3つお教室の体験談とその他特色のある教室についてまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね!
話題のLEGOスクール☆プログラミング教育必修化に備えよう♪

話題のLEGOスクール☆プログラミング教育必修化に備えよう♪

今、話題になっているレゴスクール。いったいどんなことをするのでしょうか!?何歳から通える!?実際に体験プログラムに参加した体験談をお伝えします♪

この記事のキュレーター

nozomi nozomi