特集記事

今注目の記事

2018年4月20日 更新

誰でも陥る可能性あり!「産後うつ」のサインにきちんと気付こう

会えるのを楽しみに待っていた我が子が生まれ、幸せいっぱいの子育て♡のはずが、なんだか辛くて悲しい気持ちになってばっかり・・・。それはもしかして産後うつかも!?「産後うつ」の症状から、先輩ママ達が体験した産後うつの乗り越え方までご紹介していきます!

「産後うつ」ってなに?

 (131614)

「産後うつ」ってよく耳にはするけど一体どんな症状をもたらすのでしょう?

出産直後、理由もなく悲しくなって涙が出たり眠れなくなったりすることがありますが、それはマタニティーブルーと呼ばれるもので、ほとんどのママは数日経てば症状は治まります。
ですが、産後1年以内に以下のような状態が続いていたら「産後うつ」のサインかもしれません!

・気分が落ち込んでいる
・やる気が出ず、赤ちゃんにも無関心
・未来への夢や希望が持てない
・育児への過度な不安感

などです。
妊娠や出産はおめでたい出来事なのですが、環境の変化、母親としての責任などのストレスがかかりやすい時期でもあります。また赤ちゃんが産まれれば、子育て疲労や不安、社会的な取り残され感などでまたストレスがかかります。実際、妊娠初期と産後1か月以内は特にうつ病にかかりやすいことが指摘されています。

産後うつ病の発症率は10~15%もあると報告されています。しかし、ほとんどの母親は精神科や心療内科を受診することはしません。

子育ては一人でするものじゃない

 (131613)

「産後うつ」になってしまう要因として、すべて一人でやらなきゃいけないと思っていることが挙げられます。

「自分は母親なんだから」という想いが強過ぎて完璧にしようとして、心のタンクが枯渇してしまい様々な症状が出てきてしまいます。
頼りたくても頼れないという現実もあります。

私も産後は、主人が仕事で家にほとんどおらず子育てを一人でするしかない状態で、正直とてもしんどかった時期もあります。

でも、孤独な子育てをしないようにする方法はたくさんあります!
その方法をこれからご紹介します♪

どうやって乗り越える?

子育てをしていると”1日中誰とも会話をしなかった”なんて日はざらにあります。

核家族化が進む日本なので、ご主人が仕事に行けば我が子と2人っきりの1日が始まります。
でも、そんなときだからこそ、ちょっとしたことで気分が晴れることもあります♪
自分は他に家事などやることがあったほうがイキイキできると気がつきました。私の産後うつを乗りきった方法は、相談できる人を持つこと、気分転換をして育児以外の楽しむ時間を持つこと、家事をすることでした。
 (131612)

ベビーマッサージ教室やベビーヨガなど、最近ではたくさんのベビーケア教室があります。

また、市がやっているママさんの交流の場などもあるので、そういった場所でママさん達と子育てあるあるを話すのも気分転換になります!

産後うつでしんどい思いをした人は少なくありません

頼れる身内が近所にはおらず、主人は毎日残業で、帰宅するのは日付が変わる頃です。出勤するのも朝早いので、ほとんど誰とも口を利かずに毎日生きていました。
そのせいか、いつの間にかちょっとしたことでイライラするようになりました。
最初は独り言ですんでいたのですが、続いて悲しくなってきてしまい、毎日泣いていました。

私は主人に今までのことを打ち明けました。
主人は仕事中でしたが、異変を感じたのでしょう。
仕事をすぐに切り上げて、すぐに戻ってきて私を抱きしめてくれました。
「ゴメンな、スマンカッタな」と涙を流して謝る主人を見ながら、「この人は、これだけ私のことを想っていてくれたのに」と想うと私も泣いてしまいました。
21 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せホルモン”オキシトシン”は産後うつに絶大な効果を発揮する!?育児を楽しむために出来ること。

幸せホルモン”オキシトシン”は産後うつに絶大な効果を発揮する!?育児を楽しむために出来ること。

出産が終わって一息つく間もなく始まる育児にママは疲れ果ててしまいます。慣れない育児に奮闘するあまり、息抜きが出来ず産後うつになってしまうと、ママも子供も、パパまでもが辛い思いをしてしまいます。そんな産後うつにならないために、ママ自身が出来ることとは何でしょうか。
育児に疲れたらお散歩に出かけよう!ウォーキングの効果まとめ

育児に疲れたらお散歩に出かけよう!ウォーキングの効果まとめ

子どもが小さい間は特にお家に篭りがちになります。ずっとお家の中に居ると気分も沈み、楽しいことを見つけられなくなってしまいます。気分転換にでもお散歩に出かけることでたくさんの効果を得ることが出来ます!!
二人目育児は上の子のケアが大切。下の子と同じくらい上の子に気を使いたい

二人目育児は上の子のケアが大切。下の子と同じくらい上の子に気を使いたい

望んで産んだはずの二人目…上の子で慣れているからか育児は思ったほど大変ではなかったけど、上の子のケアが大変でした。ママもこうしてママとしての経験を積んでいくんだなぁ、と毎日思いながら二人の子育てに奮闘しています。
ちょっと力を抜いて、赤ちゃんとの時間を楽しんでみませんか?

ちょっと力を抜いて、赤ちゃんとの時間を楽しんでみませんか?

毎日、自分の時間をほとんど使って、睡眠も十分に取れないままに、ママは赤ちゃんのお世話を頑張っています。毎日お疲れ様です。赤ちゃんのお世話に必死になる思いはとてもよくわかりますが、ちょっと肩の力を抜いて赤ちゃんとの時間を楽しんでみませんか?
子供はみんな、ママの宝物。上の子だから、下の子だからと言わないで。

子供はみんな、ママの宝物。上の子だから、下の子だからと言わないで。

子供を連れて外出すると、たくさんの人に声をかけてもらえますよね。可愛がってくれたり、育児を頑張っているママをいたわってくれたり…しかし、時にはちょっとした声かけがママを辛くさせる、そんなこともありますよね。
あべようこ(@montessorimanga)さんのイヤイヤ期対処法がタメになる*

あべようこ(@montessorimanga)さんのイヤイヤ期対処法がタメになる*

誰もが通るイヤイヤ期。これがなかなか大変なんですよね・・・なぜ「イヤだ!」ばかり言うのか、イヤイヤ期にはどう接したら良いのかなど、あべようこ(@montessorimanga)さんのイヤイヤ期対処法をご紹介します。

この記事のキュレーター

KANA KANA