特集記事

今注目の記事

2018年1月17日 更新

◇体験談◇ごめんなさいが言えない我が子。~その理由や解決策を考えてみた~

みなさんのお子さんは『ごめんなさい。』とすぐに謝ることができますか?私の息子は今、素直に謝ることができないでいます。今回は私の体験談をもとに、なぜごめんなさいが言えないのか、そしてどうすれば良いのか考えてみました。

素直にごめんなさいが言えない。

私の息子は長男が4歳の年少組さん、次男が1歳半になります。
上の子は赤ちゃんの時からすごく手がかかってそれはもう大変だったのですが、幼稚園に通いだしてからメキメキと成長してくれています。

ただお兄ちゃんになってから、なかなか素直に謝るということができなくなってしまいました。
弟に対しては特に。

何かいけないことをしたら素直に『ごめんなさい』と言ってほしい。
ですが本当に頑固で絶対に謝らないんですよね。

無理やり謝らせても意味がないような気がするし、かと言って謝らないで済ませるのも・・・と子育てに悩むことも多くなってきました。

今回はなかなか謝れない子供にスポットをあてて、原因や対策など体験談を集めました。
同じような悩みを持つママは、ぜひご覧になっていただければと思います。
 (120629)

息子だけじゃなかった。

3歳半の娘です。

ごめんなさいを絶対に言わない子で、悪いことをしたときにどんなにきつく怒っても、部屋から放り出しても(外は危ないので廊下へ)悪さをしたときに多少ペチッと叩いても・・・絶対にごめんなさいを言いません。

「ごめんなさいを言うまでごはん食べなくてもいい」と言っても2時間でも3時間でも言いません。

むしろ、廊下や部屋の隅で一人で大人しくしてるうちに本人も機嫌が直ってきて、普通に話しかけてきたりします。
なんでこんなにも頑固なんだろう?と頭を抱えていたのですが、いろいろ調べてみると我が家だけではないことが分かりました。

悪いことをしてどんなに怒っても、絶対にごめんなさいが言えないそうです。
うちの子もまさにそんな感じで、言えば言うほど余計に逆効果なんじゃないかと感じています。
うちの3歳になる息子と全く一緒です!!
どんなに叱ろうと叩こうと外にだそうとだめです。

「ごめんなさいするからおうちにいれて~」と泣きながら言うのですがいざ家に入っても謝れません。

うちの場合、悪いことしたとわかってるみたいなのですが恥ずかしさがあるのかごめんなさいしなさいといえば言うほど言えなくなるみたいです。

だからその気がなくお兄ちゃんに手があたったりした時などはすぐ「おにいちゃんごめんね」と言えます。
3歳頃になれば、色々なことが理解できるようになってきますよね。
本人は悪いことをしたと分かっているかもしれないけれど、謝りたくないという気持ちが強い
のかもしれませんね。

子供が成長していくごとに心配事も変化していくので、子育てに悩みは尽きませんね。

子供はなぜ謝れないのか?

悪いことだと思っていない

なぜ素直にごめんなさいが言えないのか、その理由を考えてみました。

まず考えられるのは『善悪の区別がついていない』ということ。
まだ生まれて数年しか経っていないですから、当然といえば当然なのかもしれません。

お兄ちゃんやお姉ちゃんになったことでものすごく大きくなった気がしてしまうのですが、やはりまだ善悪の区別がつきにくいのだと思います。

納得できない

3歳を過ぎて物事に対して理解ができるようになってくると、子供には子供の意見がでてきます。

怒られたことに対して、『納得できない何か』があるのかもしれません。
大人になるにつれて相手の気持ちも考えられるようになってきますが、幼いころは自分の気持ちしか考えられないと思います。

だから自分が怒られたことに対して納得がいかない場合、素直に謝ることはできないのかもしれませんね。

恥ずかしさや気まずさがある

なぜ怒られたのか分かってはいても、素直に謝ることが恥ずかしいと感じているのかも?

自分に置き換えてみると、友達に対してはすぐ謝れるけれど、夫に対してはなんだか気恥ずかしい、気まずい気持ちがあり素直に謝れなかったりします。
そして自分が子供のころは両親に対して、すぐ謝れなかったなと思いだしました。

近い間柄だからこそ、素直に謝ることは難しいのかもしれませんね。

実際のところ、子供がどう思っているのかは子供にしか分からない部分もあるかもしれません。

悪いことだと思っていないからなのか、納得できないことがあるからなのか、恥ずかしいからなのか。その理由はその場面ごとで違ってくるとは思いますが、子供を変えようとする前に、自分自身を見つめ直してみても良いかもしれませんね。
43 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

正しい日本語で話していますか?子供に伝えたい綺麗な言葉

正しい日本語で話していますか?子供に伝えたい綺麗な言葉

生まれてからすぐは話すことができない子供たち。彼らが初めて聞くのは母親の言葉です。その影響力は絶大です。一生影響する言葉遣い、ぜひ綺麗な日本語を子供に教えてあげたいものです。
子供を怒りすぎてしまう…『アンガーマネジメント』で怒りをコントロール!?

子供を怒りすぎてしまう…『アンガーマネジメント』で怒りをコントロール!?

子育てをしていると子供のワガママに怒りを感じてイライラしてしまいますよね。つい怒りすぎて後悔してしまう・・・なんてことも。上手に怒りをコントロールするコツをご紹介します!
知りたい!子供の心に響く『褒め方』&『叱り方』

知りたい!子供の心に響く『褒め方』&『叱り方』

「叱らない子育て」「褒める子育て」が子供を伸ばす!と聞いたことはありませんか?しかし、どちらもその内容が大切です。2歳前後の子供に向けた『褒め方』と『叱り方』のコツをご紹介します。
二人目妊娠で上の子がグズグズ…どうやってフォローしたらいい?

二人目妊娠で上の子がグズグズ…どうやってフォローしたらいい?

二人目、三人目を妊娠すると、上の子が赤ちゃん返りをしたり、グズグズすることが増えたり…といった話はよく聞かれますよね。私もまさに同じような状況です…今回は、妊娠中の上の子のケア方法についてまとめました。
「いい子症候群」って何?手のかからない子供ほど注意が必要!?

「いい子症候群」って何?手のかからない子供ほど注意が必要!?

教育評論家の尾木ママによって広まった「いい子症候群」という言葉。ささいなことで親は子供に「いい子」を演じさせてしまい、親の顔色をうかがって意見が言えない「いい子症候群」にしてしまうことも。いい子症候群にならないようにどうしたらいいでしょうか?
わざと親を困らせる?子供の試し行動の原因や対処法とは?

わざと親を困らせる?子供の試し行動の原因や対処法とは?

子供のいたずらやわがままに手を焼いていませんか?親をわざと困らせるようにわがままを言ったり、手が付けられないほど泣いたり・・・子供が困るような行動ばかりいている時は、試し行動に出ているかもしれません。

この記事のキュレーター

nozomi nozomi