特集記事

今注目の記事

2018年7月1日 更新

イヤイヤ期とはわかっているけど…どうしたらいいの?オススメ対応&NG対応とは?

誰もが通る幼児期のイヤイヤ期「一体どうすればいいの?」と途方に暮れてしまうママも多いと思います。ママの対応ひとつでイヤイヤ期のお子さんの様子も変わるかもしれませんよ。

イヤイヤ期は、自己主張ができるようになったという【成長の過程】なので喜ぶべきことなのですが…やっぱりママは大変ですよね。
 (137437)

イヤイヤ期もやはり個人差があり程度も人それぞれです。
だいたい1歳半から3歳頃がイヤイヤ期と呼ばれています。

特に激しいのが2歳頃で、【魔の2歳児】なんて呼び方も有名ですよね。

身に覚えがありませんか?ママのNG対応

NGワード①「ママはもう知らないよ!」

イヤイヤ期真っ只中の小さな子供にとって頼れるのはママだけ…そんなママに「知らない!」と見放されるのはかなり辛いものです。

イヤイヤ期+悲しみで泣いたり叫んだりが一層治まらなくなるかもしれません。

NGワード②「いい加減にしないとママ怒るよ!」

「いい加減にしなさい」がそもそも小さな子供にとっては意味不明なワードです。
どうしたらいいのかわかりません。

その上すでに怒っているママが更に怒るなんて…イヤイヤ期で泣いたり騒いでいるのではなく「ママが怖くて泣く」に変わってしまうかもしれませんよ。
 (137438)

NGワード③「そんなにわがまま言うんだったらもうおもちゃは捨てちゃうね」などの交換条件ワード

イヤイヤ期で泣きじゃくる子供についつい言ってしまう、「ママの言うことを聞かないんだったらお菓子はあげないよ」などの交換条件。

これで泣き止むのはママの言うことを聞いたからではなく、お菓子が欲しいからですよね。
これではママの言うことを素直に聞けない子になってしまう可能性も…。

NG行動①【叩く】

ママも感情が高ぶると、ついつい子供を叩いたりしてしまう…なんてこともあるかもしれません。
ついついでもやはり手を出すのはNGです。

子供はママをお手本にして生きています。
叩かれれば、子供が叩き返すことも…。

これを覚えてしまったら「人を叩く子」になる可能性もありますよね。
それは子供にとって100%よくないことです。
 (137439)

NG行動②【怒鳴る】

30 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

知っておこう!幼児期の子供同士のトラブルにママはどう対応する?

知っておこう!幼児期の子供同士のトラブルにママはどう対応する?

考えただけでもヒヤヒヤする子供同士のトラブル。経験のないママは「もしトラブルになったらどうしよう…」すでに経験したママは「あの時どうやって対応してあげればよかったのかな」なんて考えることもあるかもしれません。
イヤイヤ期あるある?クスッと笑える育児絵日記

イヤイヤ期あるある?クスッと笑える育児絵日記

ママにとって試練の「イヤイヤ期」。イヤイヤ期真っただ中の子供との日々はまさに戦いです。そんな時は合間時間で#育児絵日記をのぞいてみてください。共感できるエピソードが満載ですよ!
Instagramで人気の育児絵日記*卒乳までの道のり編*

Instagramで人気の育児絵日記*卒乳までの道のり編*

Instagramで人気の育児絵日記。ほっこり癒されたり、共感できる投稿ばかりでとても面白いですよね。今回は卒乳にスポットをあててみました★色んな卒乳レポがあって読み応えバツグンです!◎
【イヤイヤ期】頭を抱える事多し!ぐずりやギャン泣き、どうしたらいい?

【イヤイヤ期】頭を抱える事多し!ぐずりやギャン泣き、どうしたらいい?

育児をする中で頭を抱える1つがイヤイヤ期の「ぐずり」「ギャン泣き」ではないでしょうか。スーパーや人混みでギャー!と泣かれるとどうしたら良いのか対応に困ることも多いのでは・・・?そんな時どうしたらいいのでしょうか。
簡単に実践できる!子供の短所が長所になる『リフレーミング』とは?

簡単に実践できる!子供の短所が長所になる『リフレーミング』とは?

なんと子供の短所が長所になるという『リフレーミング』。これは気になりますよね☆早速試してみませんか?
なんで泣くの…?まだまだ感情のコントロールができない子供への接し方ってある?

なんで泣くの…?まだまだ感情のコントロールができない子供への接し方ってある?

急に泣いたり、ママにとってはなんでもないようなことで怒ったりする子供に四苦八苦していませんか? まだまだ感情のコントロールができない子供…どう接すればいいのでしょうか?

この記事のキュレーター

momoco momoco