特集記事

今注目の記事

2018年2月13日 更新

我が子が乱暴!?お友達とのトラブルにどう対処すべき?

2歳前後の子供を持つママに多い悩み『お友達への乱暴』おもちゃを取り上げたり、お友達を叩いてしまう場面において、ママはどう対処したらいいの?

どうして?子供が乱暴する心の内側

2歳頃になると、子供は気持ちの面が大きく成長します。
自我が芽生えて自分の思いが強くなる一方で、言葉や運動能力はまだまだ未発達。

「こうしたいのに、できない」「こう思っているのに…」という心の内側を、正しい方法で表現することができないのです。
そのためおもちゃを横取りしたり、手で叩いてしまうことがあるのです。
 (122643)

成長の証♡でも躾は大切!

子供が乱暴をしたとき、そこには意思と理由があるはずです。
成長の証ですから、子供自身を責める必要はありません。

しかし、相手のお友達・親御さんの気持ちを考えるとどうでしょう。
決して良い気持ちはしませんよね。ママは親として、次の点には注意したいですね。

1、「ごめんね」と相手のお友達に誤る。
2、「すみません」と相手のママに誤る。
3、「叩くのはダメ!」と我が子を叱る。

どんな理由があっても手を出すのは悪いこと、そして相手の気持ちをきちんと考えるのも大切なことです。
ママがその手本を見せてあげるのは、躾として忘れたくありません。

叱った後の『フォロー』で心は大きく成長★

 (122644)

お友達に謝り、我が子を叱る。
そこで終わらせるのではなく、その後のフォローが、実はとっても大切。

「こうしたい」「これは嫌!」と、手を出してしまった子供の心をしっかりと受け止め、認めてあげる…これはママにしかできないことです。

「このおもちゃが使いたかったのね」「これが欲しかったのね」「○○が嫌だったんだね」と、子供の気持ちに寄り添って共感してあげてください。

「自分の気持ちをわかってくれた!」その気持ちから、子供の心は少しずつ成長してくれるはずです★

さらに『褒める』!

『こういう時は、「かしてね」と言うのよ。』
『お友達に言えなかったらママに言ってね。』
『手を出すのは良くないことよ。』

そう教えた後、子供が実行できたときには、大いに褒めてあげてください。
「ちゃんと言えてえらかったね。」「なかよく遊べたね。」と褒めることで、子供は強い自信を身に付けます。
その自信こそが、周囲を思いやれる優しさへとつながることでしょう。
 (122645)

我が子の乱暴な行為を見てしまうと、親として心穏やかではいられません。
意外と難しい対応ですが、いざという場面を想定しておくことで、実際に起こったときには落ち着いた対応ができるでしょう。

慌てないためにも「どんな子供にも起こりうること!」そう心に留めておいてくださいね!
12 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

すぐに実践!幼児期の子供の『しつけ』に大切なのはたった3つの基本だけ!

すぐに実践!幼児期の子供の『しつけ』に大切なのはたった3つの基本だけ!

躾には、何が必要!?厳しく叱ること!?甘えさせること!?穏かに見守ること…!?多すぎる情報の中で混乱しがちな『躾』ですが、大切なのはたった3つの基本です!
子供の「幼稚園に行きたくない!」さぁママ!どうする?

子供の「幼稚園に行きたくない!」さぁママ!どうする?

そんな時ママはどうしますか?「どうして?なんで?理由を教えて」「ダメ!幼稚園は行かないと!」などの声掛けをしていませんか?子供としっかり向き合って正しい対処法や声掛けをしてあげましょう◎
子供も五月病になる!?ママはどうしてあげたらいいの?

子供も五月病になる!?ママはどうしてあげたらいいの?

五月病といえば新入生、新社会人など大人に多いもの!と思うかもしれませんが、小さなお子さんにも五月病があるんです。新入園やクラス替えなどが原因に…。そんな時ママはどうする?
子供を叱った後に後悔するママへ…叱った後が大切なんです

子供を叱った後に後悔するママへ…叱った後が大切なんです

子供を叱ることはママなら誰でも経験があって「怒りすぎたかな…」と後悔するママも多いと思います。でも実は、叱ることより【叱った後】の方がどうするか難しくて大切なんです☆
野菜好きになぁれ☆子供が野菜を好きになる4つの工夫

野菜好きになぁれ☆子供が野菜を好きになる4つの工夫

子供は野菜嫌いの子が多いですよね…かく言う私もそうでした!栄養いっぱいの野菜ですから、我が子には小さい頃から野菜好きになってもらいたいもの。子供の好き嫌いにお悩みのママ、こんな方法を試してみては!?
『命の大切さ』を教えたい!まずは『命』に触れる機会を作ろう

『命の大切さ』を教えたい!まずは『命』に触れる機会を作ろう

2〜3歳の子供が、蟻を足で踏み潰したり、無駄に花を摘んでしまう…そんな場面を見たことはないでしょうか。すべてに『命』があること、それが大切であることを、どのように教えていったら良いのでしょうか。

この記事のキュレーター

e-family e-family