特集記事

今注目の記事

2017年4月1日 更新

要注意!秋にはやる感染症まとめ

夏に流行る感染症はいろいろありますが、秋に流行る感染症もたくさんあります。秋に流行る感染症は長引く傾向があるので注意が必要です。そこで今回は、注意したい秋の感染症についてまとめました。

 (33784)

体が冷えると風邪をひきやすくなるのは何故?

熱を測る男の子1|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (33299)

暑い夏が終わり、朝晩に少し気温が下がるようになると風邪をひきやすくなりますよね。
特に朝晩の気温差が大きくなる9月の終わり頃からは、病気にかかりやすくなる時期です。

よく「冷えると風邪をひきやすくなる」と言われますが、それはなぜか不思議に思ったことはありませんか?

人間は体温を一定に保つ動物です(恒常性動物)。
気温の低下などにより体が冷えたり気温の変化が大きくなると、体温を保つのにいっぱいいっぱいになってしまい、免疫力の維持まで手が回らなくなってしまうのです。

これがよくある「季節の変わり目は風邪をひきやすくなる」理由です。
あと、季節の変わり目は、自律神経が乱れやすくなっています。
自律神経は免疫力を維持するはたらきもありますから、これが乱れるとウイルスなどに感染しやすくなってしまうんです。

朝晩気温が下がり始める時期は、布団や衣服などで上手く体温を維持するようにしたいですね。

秋に流行る感染症まとめ!

●RSウイルス

RSウイルスは年間を通して流行しますが、特に秋から冬にかけて大流行するウイルスです。
RSウイルスに感染すると、免疫力が低い乳幼児は重症化しやすくなります。

RSウイルスは感染するごとに免疫がつき、成人がRSウイルスに感染しても軽症ですむことがほとんどです。しかし、乳幼児のうちはまだまだ注意が必要です。

よくある合併症が「細気管支炎」です。
細気管支炎とは、気管支のさらに細かい気管が炎症を起こしてしまう疾患です。
激しい咳や、ゼーゼーする咳がみられたら要注意です。

RSウイルスに対しての特効薬はないので、対症療法が中心となります。けっこうやっかいな感染症なので、乳幼児は注意が必要です。咳や鼻水からはじまることが多いので、早めに小児科を受診するようにしましょう!

●インフルエンザ

インフルエンザは冬に多い感染症と思われがちですが、早ければ10月下旬頃から流行がはじまる感染症です。

インフルエンザワクチンは、11歳以下の子供は2回摂取する必要があり、1回目と2回目の摂取間隔は、3~4週間空けるのが望ましいです。
出来れば10月中に1回目、11月中に2回目をするのが望ましいと医師から言われたことがあります。

インフルエンザは流行る型が毎年違うので、流行るであろう型を国が予測し、決定されて各医療機関にワクチンが行き渡ります。

また、体の倦怠感や関節痛も強くけっこう辛い病気です。
予防接種をすることで、重症化を避けられることがあるので、是非接種したいですね。

●ノロウイルス

ノロウイルスは、大体11月頃から流行り始めます。ピークは12~1月ですが、油断は禁物です。

ノロウイルスは、ノロウイルスが付着した、カキなどの2枚貝を食べた人が嘔吐下痢症を引き起こし、抜群の感染力で爆発的に流行します。
感染力も非常に強く、数個のウイルスで容易に感染してしまいます。この時期に子供が嘔吐、下痢をすると「ノロウイルスがきたか!?」と身構えてしまいますよね。

症状じたいは1~2日で軽快する子が多いですが、その症状は大変辛いものです…
発熱する子もいれば、激しい嘔吐や下痢で苦しい思いをする子もいます。

ちなみに、ノロウイルスとセットで扱われる「ロタウイルス」ですが、ロタウイルスが流行る期間は冬~春先にかけてと少し遅めです。
 (33783)

いかがでしたか?秋から冬にかけて流行する病気3つをご紹介しました。どの病気も感染すると本当にやっかいです。

手洗いうがいをする、栄養をしっかり摂る、睡眠をしっかりとるなどして免疫力をアップさせ、これらの病気から子供を守ってあげたいですね。
13 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

暑い季節は要注意!気をつけたい夏の4大感染症の特徴をご紹介

暑い季節は要注意!気をつけたい夏の4大感染症の特徴をご紹介

いよいよ暑い夏が到来!夏祭り、プールやキャンプなど子供達の大好きなイベントが盛りだくさんですよね。でも人混みに行く機会が多い季節だからこそ、気をつけたい病気があるんです。これからの季節、特に気をつけたい4大感染症をご紹介します!
ヘルパンギーナ流行中!症状や対策、治療法は?

ヘルパンギーナ流行中!症状や対策、治療法は?

今、西日本を中心に流行している「ヘルパンギーナ」。「何やら難しい名前の病気だなぁ」と思われるかも知れませんが、ヘルパンギーナは夏になると必ず流行するとてもメジャーな感染症です。症状や対策、治療法などについてまとめました!
夏の風物詩!?手足口病を徹底解明!

夏の風物詩!?手足口病を徹底解明!

手足口病という感染症をご存知ですか?夏になると大流行する感染症の1つで、ほぼ全ての子どもが5歳くらいまでに感染する病気です。ここではそんな夏の風物詩とも言える手足口病について詳しくまとめています。
2歳前でもかかる!油断できない突発性発疹。体験談あり!

2歳前でもかかる!油断できない突発性発疹。体験談あり!

2歳前で息子が突発に…どんな症状だったのかまとめてみました。
任意の予防接種受ける?受けない?何を基準に選んでいますか?

任意の予防接種受ける?受けない?何を基準に選んでいますか?

小さな赤ちゃんの体を、様々な病気から守ってくれる予防接種。種類の多さに驚いてしまうママも多いのではないでしょうか?種類だけでなく、定期接種や任意接種など聞きなれない言葉もたくさんありますよね。任意接種を受けるかどうかお悩みのママは、ぜひチェックしてみてください♪
【保存版】必ず通る道!?かかりやすい病気は?知っておきたい子供の病気

【保存版】必ず通る道!?かかりやすい病気は?知っておきたい子供の病気

元気に走り回っていたかと思えば突然高熱を出したりと、子供にとって体調不良はつきもの。ただの風邪ならいいですが、時には入院しなければいけない状態になることもありますよね。今回はいざという時にも落ち着いて対応できるよう、子供がかかりやすい病気に注目してみました。

この記事のキュレーター

サナ サナ