特集記事

今注目の記事

2017年7月12日 更新

メリットだらけの「早寝早起き」赤ちゃんのうちから習慣にするには?

「早寝早起き」にはメリットがたくさん!新生児からしっかり身に付けさせる方法をご紹介します。

早寝早起きは、子供の体や脳の発達に必要な習慣です。生活リズムが整うと、幼稚園・小学校へ進むときにも安心ですよね。実は、昼夜の区別が付かない新生児の時から、しっかり身に付けることが大切なのです!その方法をご紹介します。

朝日を浴びよう!

 (89819)

赤ちゃんがぐっすり眠っていても、朝は決めた時間にカーテンを開けて朝日を浴びさせるようにしましょう。朝の明るい光は脳にある体内時計に働きかけ、脳と体が活動状態に入ります。
毎日繰り返すことで、明るくなると目覚める習慣が身についていきます。

声をかけて起こそう!

赤ちゃんを起こすとき、まずは声をかけてみてください。「朝ですよ!」「起きようね~」「おむつ取り換えましょう!」など、耳から入る音も脳を目覚めさせることに効果があります。
ママの優しい声で1日を気持ち良くスタートさせてあげましょうね♪

午前中を有意義に過ごそう♪

 (89821)

午前中はお散歩をしたり公園に行くなど、活動的に過ごしましょう。そうすることで体が適度に疲れ、決まった時間にお昼寝の習慣を付けやすくなります。
お昼寝は午後からの活動と夜の睡眠にも影響します。1日の生活リズムはすべてが関連していると考えてくださいね!

お昼寝は場所と時間が大切!

 (89822)

赤ちゃんにとって、お昼寝は大切なこと。心と体の疲れを癒し、午後活動の体力を回復させます。しかし、夜の睡眠とは違うことを体に覚えさせなければなりません。
そのためには、太陽の光が入る場所で寝かせるのがおすすめ!びっくり飛び起きてしまう大きな音でなければ、生活音を気にする必要はありません。

昼夜の区別が付いて来たら、決めた時間で起こすようにしましょうね。機嫌が悪く愚図る場合は、おやつやお出かけなど、お昼寝後のお楽しみを用意してあげるのもおすすめの方法です!

入浴と夕食は早めに済ませよう!

離乳食が始まると、食事の時間が気になりますね。パパの帰宅時間に合わせて遅くに夕食を…というご家庭もあると思います。しかし、赤ちゃんと大人では生活リズムが異なります。パパが帰宅していなくても、早めの時間に夕食を済ませることができると良いですね。
家族揃って囲む食卓は朝食に決めると、パパも早起きの習慣が付きますよ♪

入浴時間も早い時間に済ませましょう。体が温まると興奮状態になり、寝付きを妨げます。就寝1時間以上前が理想的です。

夜は暗い部屋で静かに!

18 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

【我が家の断乳エピソード】1歳でおっぱいとバイバイしました★

【我が家の断乳エピソード】1歳でおっぱいとバイバイしました★

子供がある程度の年齢になったら考え始めるのがおっぱいとのバイバイ。生まれた時からずっと一緒だったものと離れるのは子供にとってもママにとっても悲しいこと。我が家の断乳エピソードをご紹介します♡
背中スイッチ本当にOFF!おやすみたまごプラスを使いましたレポ☆

背中スイッチ本当にOFF!おやすみたまごプラスを使いましたレポ☆

話題の「おやすみたまごプラス」。夜泣きがひどかった長男に購入し、生後2か月の今でも愛用しています♡おやすみたまごプラスを実際に使ってみた感想をレポさせて頂きます☆
ママになって初めての試練!?「魔の三週目」って何??

ママになって初めての試練!?「魔の三週目」って何??

魔の三週目という言葉をご存知ですか?赤ちゃんが生まれて三週目頃にみられるものです。私も体験したのですが、一体どんなものなのでしょうか?また、対策はあるのでしょうか?
夜の寒さ対策に!冷え性ママにも嬉しい湯たんぽ♡

夜の寒さ対策に!冷え性ママにも嬉しい湯たんぽ♡

いよいよ寒さも本格的になってきたこの頃。お風呂で温まっても、布団に入った瞬間「冷たい!」となることありませんか?そこで昔ながらの“湯たんぽ”が大活躍です♪
ベビーの寝かしつけグッズ*「SKIP HOP」ハグミースーザー*

ベビーの寝かしつけグッズ*「SKIP HOP」ハグミースーザー*

今回ご紹介するのはSKIP HOP(スキップホップ)のハグミースーザーというアイテムです。スキップホップはニューヨークの育児ブランドで世界中のママや子供達に愛されています♪とっても可愛いアイテムなので、お子さんも気に入ってくれるはず♡
先輩ママの寝かしつけアイデアをチェック♪

先輩ママの寝かしつけアイデアをチェック♪

毎日の寝かしつけ大変ですよね。スッと寝てくれる日もあれば、寝かしつけに時間がかかる日もあったり・・・。今回は先輩ママ達の寝かしつけアイデアを紹介していきます♪

この記事のキュレーター

e-family e-family