特集記事

今注目の記事

2018年4月20日 更新

イライラが止まらない!!そんな時は「アンガーマネジメント」でママの怒りをコントロール☆

イライラすることってたくさんありますよね。自分に対しても、子供やパートナーに対しても・・・怒りの感情はマイナスなものではありません!でも、怒りの感情を上手くコントロールすることが出来れば、ママのイライラも少しはマシになるかもしれません☆

アンガーマネジメントとは?

 (131707)

アンガーマネジメントは、anger(怒り)、management(上手に付き合うこと)この2つの単語を組み合わせた言葉で、アメリカでは1970年代から怒りの感情と上手く付き合うための心理的なアプローチ方法として実践されているんです。

子供に対して叱るべき場面で叱るのはもちろんですが、叱らなくても良い場面で怒ってしまった経験はありませんか?

私はそれはもう数えきれないほどあります。
イライラしてしまって怒りすぎたあとに、怒りすぎたなあと反省することもしばしば。

叱らない親になるのではなく、叱るべき場面ではきちんと叱り、叱らなくても良い場面で怒らずに済むアンガーマネジメントの方法をご紹介します。

解決策1☆爆発せずに深呼吸

怒りの感情は時間の経過とともに落ち着くようになっているんですよね。
だからまずイラっとしてしまったら、冷静になる為に深呼吸しながら6秒ほど時間をあけてみましょう。

そのとき私の場合は、真顔でじーっと子供を見つめたりするのですが、子供も何か考えているような気がします。

こちらが感情的になっても良いことは一つもありません。
子供もより反抗的になるので、まず深呼吸しながら6秒待ち、それから子供を叱るようにしてみてください☆

これは子供だけに当てはまるものではなく、パートナーとの間にも効果的です。
言われたこと、されたことに対してすぐ言葉を発するのではなく、深呼吸して6秒待ってみましょう!
少しは気持ちが落ち着くかもしれません。
 (131706)

解決策2☆原因より解決策

子供を叱るとき
「なんで〜したの?!」
「なんで〜なの?!」
と叱っていませんか?

なぜそんな事をしたのかという原因も、もちろん大切なのですが、アンガーマネジメントでは、過去に起きたことに感情移入して怒るよりも解決方法を考える方が良いそうです。

「〜するには、どうしたら良いのか」という解説策を考えることで、怒りのコントロールが出来るようです。

怒らないのが正しいのではなく、怒らなくても良い場面で怒ってしまうという怒りの感情を、上手くコントロールするのがアンガーマネジメントです☆

解決策3☆優先順位をつけてみる

 (131705)

育児をしているとちょっとしたことでイライラしてしまう事ってありませんか?
本当に些細な事でもイラッとしてしまったり・・
私の場合は怒りすぎたかもと反省する日もあるほど。なんでこんなにイライラするんだろうと訳の分からない腹立たしさを感じたり。

そんな時は『自分は何に対して腹が立っているのか』冷静になって考えてみてください。
すると、あれ?ここは怒る必要はなく、教えるだけで良かったのかもしれないという事に気付くかもしれません。

そして何に対して叱るべきか優先順位をつけるというのも1つの方法です。
例えば子供に危険が及ぶ場合にはもちろん大声を出してでも制止しなければいけませんよね。
周囲に迷惑がかかるような行為の場合も同じく叱らなければいけません。
その他にも叱るべき場面はいくつかあると思いますが、それに優先順位をつけるんだそう。
優先順位の高いものには対処し、低いものは無視するくらいの気持ちでいるのがアンガーマネジメントの方法だそうです。

分析してみるのも1つの手。

 (131704)

怒るという感情はマイナスなのではないんです。
誰にでもあるものだからです。
人が怒る原因を考えると、人それぞれの「べき」に反することが起きたときに、人は怒りの感情を持つそうです。

・お風呂に入るべきなのに入らない
・早くご飯を食べるべきなのに食べない
・寝るべきなのに寝ない
・片付けすべきなのに片付けない
といったような場面でイライラしてしまいませんか?

自分の中の「べき」に反した時イライラしてしまうのですが、大切にしたいことと、ゆるめても良いものを分けてみても良いかもしれませんね。

・この時間までに寝なくてはいけない→この時間までに寝なくてもお布団に入ろう
・全部お片付けする→自分のお気に入りのオモチャだけは片付ける
という風にゆるめることで、怒りの沸点が下がるようになります。

とはいえ書いてある通りにできれば苦労しないですよね。
私も心がけてはいるものの、どうしてもイライラして怒ってしまう事もあります。

完璧な人なんてこの世にはいないので、完璧である必要はないと思うんです。
子育てに悩みはつきものだし、失敗や後悔を繰り返しながら子供と共に成長するものだと言いますよね!

怒りの感情と上手く付き合う"アンガーマネジメント”というものもあるんだと、知っていただければ幸いです☆
14 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

子供を叱った後に後悔するママへ…叱った後が大切なんです

子供を叱った後に後悔するママへ…叱った後が大切なんです

子供を叱ることはママなら誰でも経験があって「怒りすぎたかな…」と後悔するママも多いと思います。でも実は、叱ることより【叱った後】の方がどうするか難しくて大切なんです☆
子供を叱った後どうしてますか?叱った後の大切なフォローとは!?

子供を叱った後どうしてますか?叱った後の大切なフォローとは!?

子供をきちんと叱ることは大切ですね。そして叱った後のフォローもとても大切になってきます。どのように対応すればいいでしょうか。
子供の『わがまま』には必ず意味がある!穏かにアプローチするコツとは!?

子供の『わがまま』には必ず意味がある!穏かにアプローチするコツとは!?

子供の『わがまま』に悩み、「手に負えない!」と毎日辛い思いで育児と向き合っているママたちへ。解決に向けた糸口をご紹介します!
自分だけじゃない!多くのママが悩んでいる育児のあれこれ。

自分だけじゃない!多くのママが悩んでいる育児のあれこれ。

育児をしていると、自分の子供との接し方が間違っていないか、正しい育児とは何なのかを悩む時が何度もあります。育児の悩みは、みんな同じです。周りのママも悩んでいると知る事が出来れば、少しは安心出来ませんか?
ポジティブに育児をしよう!ポジティブ変換で起こる驚きの変化とは!?

ポジティブに育児をしよう!ポジティブ変換で起こる驚きの変化とは!?

育児をしているとイライラしてしまったり、家事が進まず気持ちが焦ってしまうことも多く、ネガティブな発言が増えてしまいます。しかし、ネガティブな発言が増えると、ママ自身もマイナス思考になり、子供にもいい影響がありません。ポジティブな言葉に変換して、ママも子供も楽しく生活しましょう!
知っておきたい!子供の癇癪(かんしゃく)の原因と対処方法

知っておきたい!子供の癇癪(かんしゃく)の原因と対処方法

気に入らないことがあると急に泣き叫ぶ、物を投げる、八つ当たりするというような子供の癇癪が起こるとどうすれば良いのか分からなくなって、ママも嫌になりますよね。癇癪が原因で子供を可愛いと思えなくなることもあります。癇癪の原因や対処法を知っていれば気が楽になるので、今回は紹介したいと思います。

この記事のキュレーター

nozomi nozomi