特集記事

今注目の記事

2017年11月27日 更新

赤ちゃん連れでも安心!+1席が嬉しい新幹線のファミリー車両

東海道新幹線の“ファミリー車両”が便利!赤ちゃん連れに嬉しいサービスです★

子供ができると、帰省や旅行もこれまでとは違った楽しみが増えますよね。
ただその一方、大人だけの旅行とは違った配慮も必要になります。
その最たるものが、新幹線や飛行機など公共交通機関での移動ではないでしょうか。

マイカー移動なら子供がグズっても泣いても騒いでも周囲に迷惑をかけることはありませんが、公共交通機関ではそうもいきません。
親子ともにできるだけストレスなく移動できるよう、対策を考えておきたいところ。

昼寝の時間を工夫する、飽きないようにおもちゃを携帯するなど色々ありますが、今回は我が家が利用して良かった、東海道新幹線のファミリー車両をご紹介したいと思います!

東海道新幹線のファミリー車両って?

◆子供連れ専用車両

ファミリー車両とは、東海道新幹線が旅行や帰省シーズンに運行している特別な車両編成のこと。
一車両まるごと子連れ専用となっているので、周囲に気兼ねせずに乗車できるんです。

◆+1席確保できる

さらに嬉しいのが、申込み人数プラス1席が確保される点。
通常の新幹線とは異なり、1歳から利用代金が必要になりますが、1席余分に確保してもらえるのは荷物が多い子連れにとって魅力的ですよね。

たとえば、大人1人+0歳の赤ちゃん1人の場合は2席。
大人2人+2歳のお子さん1人+0歳の赤ちゃん1人の場合は4席となります。
座席は横並び、あるいはボックス席になるよう配慮されているので、家族みんなでワイワイ楽しめるでしょう。

また新幹線は飛行機よりも座席間隔が広いので、プラス1席あればベビーカーを開いたまま乗車することも可能です。
(※三輪タイプなどの大型ベビーカーはそのまま乗車できない場合もあります。ご注意ください)

◆子供に嬉しい特典付き!

その他に、ファミリー車両には1ドリンク引換券やオリジナルシールなど、子供が喜ぶ特典が用意されています。
車内での時間に飽き始めたころ、シールなどのちょっとしたおもちゃが出てくると子供は喜びますよね。

また抽選で当たるプレゼントキャンペーンや、記念パネルを持っての記念撮影などもありますので、限定特典は忘れずにチェックしておきましょう。
東海道新幹線 ファミリー車両で行こう!!

東海道新幹線 ファミリー車両で行こう!!

実際にファミリー車両を使った方の声も♪



こんな注意点も…

20 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

旅行や帰省を快適に★新幹線で子供におすすめな席ってあるの?

旅行や帰省を快適に★新幹線で子供におすすめな席ってあるの?

赤ちゃんや子供と一緒に長い時間新幹線に乗るのは何かと大変!でもせっかくのお出かけなので少しでも快適に過ごしたいですよね。早めに計画を立てておすすめの席をゲットすれば大丈夫です◎
子連れ海外旅行するなら!お役立ちの専用ガイドブックをチェック!

子連れ海外旅行するなら!お役立ちの専用ガイドブックをチェック!

夏休みのレジャーに海外へ行くなら!子連れ海外旅行をサポートしてくれる専用のガイドブックで、しっかりリサーチしておきましょう♪
世界初!7月21日より【パディントンタウン】がオープン★

世界初!7月21日より【パディントンタウン】がオープン★

赤い帽子が世界中で人気のキャラクター「パディントン」。この夏、「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」に【パディントンタウン】がオープンするんです!
搭乗前に!成田空港&羽田空港おススメ子連れスポット

搭乗前に!成田空港&羽田空港おススメ子連れスポット

子連れでの飛行機移動は本当に大変…ですが、せっかく空港に行くのであれば搭乗前に空港の子連れスポットやサービスを満喫してはいかがでしょうか?今回は成田空港と羽田空港の搭乗前に寄ってほしいキッズ向けスポットをまとめました。
早く行きたい!【ムーミンバレーパーク】2019年春グランドオープン♪

早く行きたい!【ムーミンバレーパーク】2019年春グランドオープン♪

「ムーミンが大好き」「北欧のライフスタイルに憧れる」というママに朗報♥埼玉県飯能市の敷地内に【ムーミンバレーパーク】を有する【metsä (メッツァ)】が開業します♪一体どんなパークなのでしょうか?
4月にオープンしたレゴランド・ジャパン・ホテルをのぞき見♡

4月にオープンしたレゴランド・ジャパン・ホテルをのぞき見♡

4月にオープンしたレゴランド・ジャパン・ホテル☆気になるけど一体どんな感じのホテルなの?と興味津々のママも多いと思います。ホテルの雰囲気をチラッとのぞき見してみましょう♪

この記事のキュレーター

mamano writers mamano writers