特集記事

今注目の記事

2017年1月18日 更新

目指せ!ハッピー卒乳♪ママと赤ちゃんの準備

赤ちゃんとママは一緒に乗り越えなければならないハードルが幾つかあるのですが、その中の大きなハードルの一つが、おっぱいをやめる事。仕事や様々な事情ですぐにやめなくてはいけない場合もありますが、許されるギリギリまでは赤ちゃんが飲みたいだけ飲ませてあげたいですね。赤ちゃんもママもハッピーな卒乳にするにはどうしたら良いでしょうか?

FunMozar  –  Cute Baby Smile (6909)

◆断乳と卒乳の違いって?

●主に親側の都合でおっぱいをやめさせる事を 断乳
●子供のほうから自然とおっぱいを欲しがらなくなる事を 卒乳
と使い分けられる事があります。

日本では昔から断乳の方法を行ってきましたが、最近は赤ちゃんが自然にやめる事ができるように見守る、卒乳という考えも広まっています。

今回は卒乳についてご紹介していきます。

◆赤ちゃんが欲しがるだけ飲ませてあげる。

卒乳の基本は赤ちゃんが欲しがるだけ飲ませてあげます。
理想は赤ちゃんが満足するまでおっぱいを飲んで、自分から卒業すること。

そのため、いつ頃までと期限をあまり定めず飲ませてあげるのです。
赤ちゃんが自然とおっぱいから離れるのは、だいたい1才半〜2才頃が多いようですが、これも人それぞれ。

離乳食が始まった途端、1才にも満たないうちに飲まなくなった赤ちゃんもいれば、3才近くまで飲んだいたという赤ちゃんもいます。

卒乳をいつ頃にするかはママと赤ちゃん次第なのです。

◆卒乳できる状態かチェック!

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (6910)

赤ちゃんとママの最高のタイミングで卒乳するのが一番なのですが、その前に以下の項目をチェックしてみましょう!
●おっぱいやミルク以外から栄養が取れること
●赤ちゃんがストローやコップが使えること
●赤ちゃんもママのも心身ともに好調であること
●ママやパパの心に余裕があること
この状況が揃っていたら、いつでも卒乳OK!

赤ちゃん側に卒乳を受け入れる準備があるかが重要です。
いくら自ら飲まなくなったとしても、おっぱいやミルク以外に栄養を取る手段が無かったり、他に水分を取る方法が無い場合はまだ時期が早すぎます。

また、風邪など身体の調子が悪い時はいつも以上におっぱいを欲しがるものです。前の日卒乳できそうだったとしても、赤ちゃんの調子が悪い時は焦らず様子をみましょう。

もちろん、ママや周りの家族も卒乳に取り組む気持ちが整っている事が大事です。
31 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

卒乳のタイミングはいつがベスト?よい方法はある??

卒乳のタイミングはいつがベスト?よい方法はある??

卒乳のタイミングはいつがよいのでしょうか?ママと赤ちゃんにとって一番よい時期に卒乳できるといいですよね!先輩ママの体験談もまじえながらご紹介します。
私と子供たちのおっぱい卒業の道のり☆

私と子供たちのおっぱい卒業の道のり☆

子供が離乳食を食べ始めるころになると、考え始める「卒乳」について。本当に子供によっても卒業の道のりは違いますよね。今回は3きょうだいのおっぱい卒業までの道のりをまとめました。
やがて別れは来るもの・・・桶谷式(おけたにしき)断乳とは?

やがて別れは来るもの・・・桶谷式(おけたにしき)断乳とは?

子供が大きくなってくるとお母さんを悩ませる”断乳”という問題・・・”断乳”で調べると出てくる桶谷式断乳方法、それは一体どのような断乳方法なのでしょうか。桶谷式断乳方法をまとめました。
納得!!卒乳と断乳のメリットと母乳のやめ時は?

納得!!卒乳と断乳のメリットと母乳のやめ時は?

母乳育児をしているママにとって、いつどの様に母乳をやめるかは大きな問題になってきます。ママによって、家庭によって考え方は違いますが、母乳の終了には「卒乳」「断乳」の二つしかありません。では、それぞれのメリットとデメリットはどんな点なのでしょうか。
気になる!桶谷式(おけたにしき)の母乳育児って!?

気になる!桶谷式(おけたにしき)の母乳育児って!?

一度は聞いたことのある「桶谷式」。母乳のお悩みがある人なら、誰でも利用出来る施設です。実際の桶谷式の母乳相談について色々とまとめてみました!桶谷式卒乳の方法もありますよ☆
Instagramで人気の育児絵日記*卒乳までの道のり編*

Instagramで人気の育児絵日記*卒乳までの道のり編*

Instagramで人気の育児絵日記。ほっこり癒されたり、共感できる投稿ばかりでとても面白いですよね。今回は卒乳にスポットをあててみました★色んな卒乳レポがあって読み応えバツグンです!◎

この記事のキュレーター

priari priari