特集記事

今注目の記事

2018年2月15日 更新

お友達の『乱暴』を見てしまった!見て見ぬふり?叱るべき?円満に解決する方法

小さな子供が乱暴した!そんな場面を目にしたら、あなたならどうしますか?周囲のママとトラブルを起こさないためにどう対処するのが良いのでしょう。

育児方針は家庭それぞれ

子供が乱暴をしたとき、叱るか見守るか、また叱るときにどのような言葉をかけるか等、育児方針は家庭によって様々です。

「だめよ!」とひとこと言って終わらせるママもいれば、叱らず優しく「やめようね」と促すママもいるでしょう。

その育児方針に口を出し、「叱り方が間違えている!」と非難するのはトラブルの元になるかもしれませんね。

乱暴すること自体はよくありません。
しかし、それをどう対処するかは、その子のママに任せるべきではないでしょうか。

我が子が乱暴されたとき

 (122653)

乱暴されたのが我が子の場合、嫌がったり痛い思いをする子供を守ってあげるのはママの務めです。
「やめてね。」と言うなどで、子供同士を遠ざけて危険から守ってあげるようにしたいですね。

そこで相手のママに「乱暴されたのよ!」と言えば、関係がぎくしゃくしてしまうかもしれません。
円満に解決したい場合はわざわざ咎めに行く必要はないでしょう。

あまりにも続く場合は遊び場所を変えるのも方法のひとつです。

他所の子への乱暴を見てしまったとき

 (122652)

我が子ではなく、他のお友達への乱暴を見てしまった!

大人として見過ごすべきではありませんが、状況を知らないお友達のママにどう思われるのか、きちんと状況を伝えられるのかは気になりますよね。

自分のママ以外の大人に叱られる経験は、子供にとって決してマイナスになることはなく、社会性を身に付けるという観点からすると良いことでもあります。

この場合、叱り方にちょっとした気遣いが必要かもしれません。

◆「痛いからやめようね」と穏やかに注意する程度に叱る。
◆状況をやんわりと、かつ的確にお友達のママに伝える。

この2点を心に置きながら、相手のママに対する「代わりに叱ってしまってごめんなさい」という気遣いを持つと、その後のトラブルを避けることができるでしょう。

子供は親の対応を見ています!

 (122650)

他所の子が悪いことをしたときにどう対応するか、その姿を子供はしっかりと見ています。よその子だから…と知らん顔をしていれば、子供自身もいざという時に「知らんふりをしてもいいんだな」と考えてしまうようになるかもしれません。

我が子への躾の一環として、また1人の大人として、子供の手本となる態度を取りたいものですね。
11 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

『命の大切さ』を教えたい!まずは『命』に触れる機会を作ろう

『命の大切さ』を教えたい!まずは『命』に触れる機会を作ろう

2〜3歳の子供が、蟻を足で踏み潰したり、無駄に花を摘んでしまう…そんな場面を見たことはないでしょうか。すべてに『命』があること、それが大切であることを、どのように教えていったら良いのでしょうか。
パパを頼りに★こんな方法で育児参加を促してみよう!

パパを頼りに★こんな方法で育児参加を促してみよう!

もっとパパに育児参加してほしい…まだまだ慣れないパパにもできること、パパだからこそ頼りにできること☆ご紹介します♪
大きくなったら何になりたい?小さい頃から色んな仕事を学ばせよう♡

大きくなったら何になりたい?小さい頃から色んな仕事を学ばせよう♡

どんどん成長していく我が子。将来どんな職業に就くのかなぁ〜なんて思いを馳せることも。そんな子供の将来のために、どんな仕事があるのかしっかり教えてあげませんか?
0歳から始められる★赤ちゃんにもできる習い事★4選

0歳から始められる★赤ちゃんにもできる習い事★4選

早期教育!と難しく捉えずに、楽しく始めたい習い事。赤ちゃんのうちからできる習い事と、0歳から始めるメリットをご紹介します。
【知育にも】子供と一緒にガーデニングをはじめてみよう♪【初心者OK】

【知育にも】子供と一緒にガーデニングをはじめてみよう♪【初心者OK】

子供と一緒にガーデニングを始めてみませんか?知育にもなり、子供にとってメリットがいっぱい♥ガーデニング初心者のママでもOKの育てやすい植物もご紹介します!
子供のお箸成功法☆オモチャを使って楽しく練習してみよう

子供のお箸成功法☆オモチャを使って楽しく練習してみよう

子供のお箸トレーニングは、いつから始めたらいいのかタイミングが難しいですよね…お箸の成功体験や、お箸の導入として、楽しく練習できるオモチャをご紹介したいと思います☆

この記事のキュレーター

e-family e-family