特集記事

今注目の記事

2018年2月13日 更新

全ママ注目★ママ友とのお付き合いでの「NGワード」って?

子供が生まれると始まるのがママ友とのお付き合いです。よく小説やドラマなどでも話題になることが多いですよね…。絶賛育児中の私がママ友との付き合いで感じた「NGワード」を考えてみました。

ママ友とは上手な距離感を♡

 (122744)

我が子を通してできる友達、それがママ友です。
それまでは学生時代の友達だったり、働いている時の同僚だったり、たくさんの人の中から自分と合う人と仲良くしていればよかったのですが、子供を通した関係の分ややこしいのが本音のところ。

私自身、ママ友と話しているうちについ言ってしまった一言で相手を傷つけてしまったり、少し険悪な空気が流れてしまったことがありました。

ママ友という関係だからこそ、上手に距離感を保ちながら関係を築いていきたいものです♡

NG!特に気をつけたいのは「比べること」

初めての育児だとどの時期に何ができるようになるかなど分からないことだらけです。
本やネットで調べてみても「子供によって成長の時期は変わってくる」と書かれていることが多く、「これでいいのかな」「我が子は遅れているのではないかな」と不安になりがちですよね。

そんな時に情報交換するママ友ですが…これが落とし穴になってしまうことも多いのです!

決めつけてしまったり、子供の成長を比べてしまうと相手を傷つけてしまったり「劣っていると思われている」と被害者意識を持たれてしまうことがあります。

子供の成長が遅くてもママが悪いわけではありませんし、その子の個性です。
これを理解しているつもりでも、子供のこととなるとつい心配になってしまうのが親心です。
自分はもちろんママ友にも「比べる」ことは避けるように気をつけましょう。
 (122745)

「わがまま」「一人っ子だから」も気をつけて

 (122746)

子供を産む前は「一人っ子だからわがままなんだよ」など友達のことを話していることがありました。

実際に自分が幼稚園で働いてみて、一人っ子でもしっかりしている子もたくさんいましたし、わがままというのはそれだけが原因ではないということも痛感しました。

一人っ子というのは、それを両親が望んでいる場合もありますが、実際は二人目不妊の結果であることもあります。
もし自分がそれで悩んでいる時に「○○君は一人っ子だからね」と言われてしまうと悲しい気持ちになるかもしれません。

親しい関係でも相手の家庭事情など実際のところはわからない場合も多いので、あまり深入りせずに言葉選びをするようにしましょうね。

また、イヤイヤ期などもありますのでわがままという性格ではなく、一時的なものである場合もあるので、決めつけて話すことは厳禁です!

もしNGワードを言ってしまったら素直に謝罪を

 (122747)

もちろん人間ですから、気をつけていてもつい間違ったことや人を傷つけてしまうことを言ってしまうことがあります。

もし自分がいった一言で相手の表情に変化があったときには素直に謝罪をしましょう。
正直に気持ちを話せばきっと伝わるはずです◎
12 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

あなたの愛しい子供は世界でたった一人。「みんな違ってみんないい」ですよ♡

あなたの愛しい子供は世界でたった一人。「みんな違ってみんないい」ですよ♡

上の子が新生児の頃、本当に育てにくい子でどうしてこの子はこんなに大変なんだろう…と毎日悩みながら育児をしていました。大人だってみんな違うように、赤ちゃんだって個性があって当然なんだと、二人目を育てながらようやく思うことができました。みんな違って当然、と思たらママの気持ちも少しは軽くなると思います。
【育児絵日記】ついに魔の3週目がやってきた!?

【育児絵日記】ついに魔の3週目がやってきた!?

生後3週間頃から突然やってくる赤ちゃんのぐずり。ぐずぐず泣き止まず、寝てくれない時期が“魔の3週目”といわれています。個人差はありますが、多くのママが経験している魔の3週目について描かれている育児絵日記を紹介します。
ママは腰を大事にして!腰椎になりやすい生活習慣を見直そう

ママは腰を大事にして!腰椎になりやすい生活習慣を見直そう

筆者は産後10か月なのですが、腰や足の調子が悪く「椎間板ヘルニア」という腰の病気になってしまいました。産後のママは腰に負担がいっぱいかかっているので要注意ですよ!
子育て奮闘中のママを救う一冊『なりたい母ちゃんにゃなれないが』に共感の嵐!

子育て奮闘中のママを救う一冊『なりたい母ちゃんにゃなれないが』に共感の嵐!

“『男の子ママ』の悩みをぶっとばす言葉”や”両立どころの騒ぎじゃない。”でお馴染みの、母ちゃんドクター須藤暁子さんの新刊『なりたい母ちゃんにゃなれないが』も子育て奮闘中のママを救ってくれる事間違いなしです!
話題の書籍【かみさまは小学5年生】著者は胎内記憶を持って生まれた女の子☆

話題の書籍【かみさまは小学5年生】著者は胎内記憶を持って生まれた女の子☆

【かみさまは小学5年生】の著者は、なんと小学5年生の女の子。著者のすみれちゃんは、ママのお腹の中にいたときの胎内記憶があるそうです。それだけではなくオーラが見えたり、前世の記憶があったり・・・とにかくすごい!
これだけで変わる!子供の心が豊かになる言葉がけの法則☆

これだけで変わる!子供の心が豊かになる言葉がけの法則☆

子育てをしていれば「どうやって声をかけてあげればいいのかな?」と思う場面も少なからずあると思います。そんな時、子供の心に響く言葉がけの法則があるのなら今すぐ実践してみたいですよね。どんな法則なのでしょうか?

この記事のキュレーター

みさっこ みさっこ