特集記事

今注目の記事

2017年10月15日 更新

選ぶ人が増えてます和痛分娩。無痛分娩との違いは?メリットなどご紹介します!

最近耳にする機会の多い、和痛分娩。芸能人でも選択する人が増えているため、浸透しつつある分娩方法です。興味はあるけど、どんなものか気になっている人も多いのではないでしょうか?和痛分娩とはどういったものか、メリットや費用など知りたいあれこれを解説します!

和痛分娩とは?

和痛分娩とは、その名の通り「痛みを和らげて分娩する」方法です。

一般的には激しい陣痛の痛みに耐えて出産しますが、和痛分娩は痛みを和らげるため自然分娩に比べリラックスして出産に臨めます。

日本ではまだ自然分娩が一般的ですが、欧米では広く浸透した方法ですし、韓国でも保険適用になってから和痛分娩を選択する人が増えています。

日本の病院では和痛分娩できるところとそうでないところがあるので、希望するときにはきちんと確認しましょう。
和痛分娩

陣痛をやわらげるために麻酔を使う分娩方法です。主に局所麻酔のため、意識ははっきりしていますし、赤ちゃんが産道を通る感覚は得られます。麻酔の量で痛みの度合いを調整しながら分娩を進めるため、痛みが全くないわけではありません。

痛みに対する恐怖心が強い人や、高血圧などで心臓に過度の負担をかけてはいけない人に有効です。母体への安全性はまず問題はありませんが、ごくまれに母体の血圧が下がることなどがあるので、あらかじめ医師と相談が必要です。欧米では主流となっている分娩方法です。

和痛分娩と無痛分娩との違い

 (108208)

和痛分娩と無痛分娩、イメージ的には痛みの差があるように感じますが、医学的には明確な取り決めはなく、ほぼ同義語として使われています。

方法や考え方の違いで医療機関によって和痛と呼ぶか無痛と呼ぶか変わってくるため、言葉にとらわれず病院に直接聞いてみるのが良いでしょう。

和痛、無痛といってもまったく痛みがなくなるわけではないので、きちんと認識しておくことが大切です。
Q、 無痛分娩と和痛分娩の違いは何ですか?

A、 基本的に同じ意味です。
ただし、完全無痛ではなく、ある程度いきむ感覚を残しますので、少しの痛みは感じるかもしれません。

和痛分娩のメリットは?

和痛分娩の一番のメリットは、痛みを和らげることで心身ともにリラックスして出産に臨めることです。

出産に対して不安や恐怖を抱いていていると赤ちゃんに影響を及ぼすこともあります。
さらに、緊張によっていきみに余計な力が加わると産道が固くなってしまい、難産にもなりかねません。

麻酔によってリラックスした状態にすることで、出産をスムーズに進めることができるのです。
また、出産をスムーズにすると、産後の回復を早める効果もあります。

和痛分娩のデメリットは?

和痛分娩のデメリットとしては、麻酔の副作用が現れることがあります。そんなにひどくはありませんが、頭痛や吐き気、低血圧などの症状が起こる場合があるため注意が必要です。

また、麻酔の影響で陣痛が弱くなったり、いきみが消えることがあります。そうなるとお産の時間が長くなってしまい、最終的に吸引分娩になることも。

さらに、和痛分娩は、すべての人が受けられるわけではありません。体質によって受けられない人もいるので、きちんと検査を受けることが必要です。
麻酔を担当する医師は、不具合が生じないように細心の注意をはらって麻酔を行います。 しかし痛み止めの効果が得られるとともによく起こる副作用や、まれに起こる不具合があります。 また硬膜外鎮痛を受けていなくてもお産のあとに起こりうる不具合もあります。

和痛分娩にかかる費用は?

 (108210)

和痛分娩は自然分娩同様、保険適用外です。

自然分娩費用と別で、麻酔薬など和痛に使用した費用がプラスされ、その金額は病院によって全く違い、数万円~20万円程度かかります。

個人病院や総合病院、大学病院など病院の種類や事前に入院が必要なのか、どんな方法なのかによっても金額は変わるので、病院にきちんと確認しておきましょう。
25 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

妊婦最後の大仕事である"出産”!どうやって"いきめ"ばいいの!?

妊婦最後の大仕事である"出産”!どうやって"いきめ"ばいいの!?

長いようで短く、短いようで長い妊娠期間がもうすぐ終わろうとしています。しかし待っているのは出産!早く会いたい気持ちと、怖かったり不安といったマイナスの感情も出てくるのはおかしなことではありません。最後の大仕事であるいきみ方についてご紹介しま☆
緊急帝王切開はなぜ必要なの?手術の流れ、術後の痛みは?

緊急帝王切開はなぜ必要なの?手術の流れ、術後の痛みは?

普通分娩を予定していたのに、とつぜん帝王切開に切り替わるとショックと恐怖が入り混じります。緊急帝王切開の必要性、手術の進め方や術後の経過など、帝王切開の怖さを少しでも軽減できるような情報を集めました。
プレママ必見!臨月の『内診グリグリ』って相当痛い!?効果や影響が知りたい!

プレママ必見!臨月の『内診グリグリ』って相当痛い!?効果や影響が知りたい!

臨月に入って37週に突入したら正期産。あとは赤ちゃんのタイミングで生まれてくるのを待つだけ♡もしかしたら1週間に1度の検診でされるかもしれない『内診グリグリ』一度は聞いたことがあるかもしれません。この内診グリグリがとても痛いって噂!!どんな事をするの?そんなに痛いの?何のためにするの?など、内診グリグリについて調べてみました!
臨月ママ必見!赤ちゃんが下がってくるってどんな感じ?すぐ出産に繋がるの!?

臨月ママ必見!赤ちゃんが下がってくるってどんな感じ?すぐ出産に繋がるの!?

臨月に入って37週を迎えたプレママさんは、赤ちゃんにいつ会えるのかな?とワクワクとドキドキが入り混じっているのではないでしょうか?臨月に入って赤ちゃんが下がってきたら、そろそろ出産が近づいているのでしょうか!?
プレママは万が一に備えて!24時間365日対応の陣痛タクシーが便利☆

プレママは万が一に備えて!24時間365日対応の陣痛タクシーが便利☆

もうすぐ出産を控えたプレママさん必見☆陣痛では救急車を呼ぶことが出来ないですし、タクシーを呼んでもすぐに来てくれるとも限りません。陣痛タクシーに登録しておけば、いざという時に病院まで送ってもらえるので安心です☆
もしかして…出産が近づいているかも!?これがサインです☆

もしかして…出産が近づいているかも!?これがサインです☆

妊娠後期や正産期に入ると、いつ生まれてくるのかな??とソワソワし始める時期ですよね。早く赤ちゃんに会いたい反面、陣痛ってどんなのだろう?破水したらどうしよう?など不安もあると思います。陣痛・出産に備えて、どんな出産兆候があるのかまとめてみました☆ぜひ参考にしてみてください。

この記事のキュレーター

cherrysako cherrysako