特集記事

今注目の記事

2016年11月30日 更新

ホントに早期がいいの?子供の英語教育

現代社会において、今やなくてはならない「英語」。2018年から、小3で必須化されることが決定しましたが、もっと早い段階で英語に慣らしておくべきとの声も多いです。では、英語の学習は何歳頃からどのように始めるのがベストなのでしょうか?

子どもに英語を学ばせるメリットは?

英語カード遊びをする女の子6|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (8425)

「乳幼児から英語の発音に慣らしておくと良い」とよく言われていますが、それは何故なのでしょうか?
また、子どもの英語学習を早期に開始することで得られるメリットは、どんなものがあるのでしょうか?

●クリティカルエイジが来ていない
人間の脳は、8~13歳頃の発達がいちばん目覚ましいと言われています。
これを「クリティカルエイジ」と呼びます。

特に言語の発達においては、この傾向が顕著に現れるようです。この時期を過ぎると、英語を習得する能力が格段に落ちます。脳の発達が目覚ましい乳幼児期に英語学習をすることで、スポンジに水を吸収させるが如く英語を吸収します。

●聞き取り能力に強くなる
聞き取りの能力は、実はかなり早い段階に完成します。
大体5歳くらいまでに完成すると言われており、この時期までに英語の聞き取りに慣れていないと、英語ならではの発音(LとRの違いなど)も聞き分けが難しくなると言われています。

●英語に対する抵抗や苦手意識がなくなる
クリティカルエイジを過ぎてから英語を詰め込もうとしても、日本語とは本質が全く違うのでどうしても苦手意識が強くなり、学ぶ楽しさがなくなってしまうという特徴があります。
乳幼児期は、英語を含めた他の言語に対する抵抗がほとんどなく、スムーズに学習を行うことが出来ます。

英語教育は何歳から始めるといいの?

人物と吹き出し20|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (8428)

少し前までは「英語教育は早ければ早いほどいい」と言われていましたが、最近では少し認識が変わってきているようです。

あまりに早い段階で英語教育を始めると、肝心の日本語を覚えるのに弊害が出てくることがあります。
また、英語教育の内容についていけないと、英語自体が嫌いになってしまうというリスクもあります。

始める時期としては、日本語がある程度話せるようになり、英語教育の内容もある程度理解できるようになる3歳頃からでも遅くはありませんよ。

また、0歳から慣れさせたい場合は、出来るだけ短時間で済ませ(DVDで英語を聞かせる、英語の本を読むなど)、まずは日本語の絵本やママとのコミュニケーションを通して、日本語に重点を置くことがポイントです。

ある研究データでは、日本語でコミュニケーションを多く取っている子どもの方が、英語学習の吸収が早いという結果も出ています。母国語がいちばん大切ということかも知れませんね。

英語教育、家で出来ることとは?

お絵かきする親子4|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (8431)

子どもに英語教育を受けさせる場合、とにかく「英語を聞かせる」ことが大切です。
英語を聞かせることで、脳が英語の音に慣れ、英語に対する抵抗がなくなるからと言われています。
英語の教材を、短時間でもいいので出来るだけ毎日聞いてもらいましょう。
また、パパやママ自身も、英語に興味を持つことが大切です。
子どもばかりに英語に触れさせるのではなく、子どもと一緒に楽しく英語に触れたいですね。

英語教育の教材や教室の選び方は?

教育イメージ|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (8434)

●おススメの英語教材は?
様々な英語の教材が販売されていますが、出来るだけ英語の講師と関わる機会も欲しいものです。
また、ちょっと早く英語教育を始めたい場合は、出来れば日本語も並行して覚えたいですよね。
そういった教材を選べば、英語の早期教育によるデメリットも克服できるかと思います!
ただし、子どもだけに教材を見せっぱなしにするのはNG。
パパやママも一緒に、英語を楽しく学ぶつもりで取り組むことがポイントです。

●おススメの英語教室は?
英語教室も様々ありますが、どこも無料体験レッスンがついています。
まずは体験レッスンに行ってみて、いちばん合っている教室を選ぶといいでしょう。
英語教室の魅力は、何といっても外国人の講師と生の英語でやり取りできること。
また、週末にイベントがあるなど、楽しい取り組みを行っている教室も多いですね。
子どもにとっては大きな刺激になり、より楽しくスムーズに英語を覚えることが出来るでしょう。

子どもの英語教育は「楽しく」が第一!

子どもが嫌がっているのに、無理に英語教育をしても英語が嫌いになってしまいます。
そうなっては元も子もないですよね。

少し時間とコストはかかりますが、色々な教材や教室を体験してみて、その子にいちばん合ったものを選び、楽しみながら英語を学んでいくことが何より大切です。
教育というより、遊びの延長で英語に親しめるよう、パパやママがサポートしてあげましょう。
14 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

『英語は3歳まで』って本当!?小学校では英語教育が必修化に!

『英語は3歳まで』って本当!?小学校では英語教育が必修化に!

2020年から小学校での英語教育が必修化になります。早いうちから学ばせたら良いのかな…と考えるママたちが増えているようですが、実際のところは??
やっぱり英語はしゃべってほしい!でも何歳からがベスト?

やっぱり英語はしゃべってほしい!でも何歳からがベスト?

英語が話せなくて苦労した経験がある人なら、我が子には同じ思いをさせたくないと思うものですよね。最近では子供の英語教育熱が高まっており、幼稚園で取り入れるところもあるほどです。我が子に英語を習わせるなら何歳からがよいのか、年齢別におすすめの英語学習方やおすすめの絵本などをご紹介します☆
未就学児から通える!子供に習わせたい習い事3選

未就学児から通える!子供に習わせたい習い事3選

未就学児でも2人に1人はなにか習い事をしているそうです。習い事の選択肢は多岐にわたり、何を習わせれば良いか迷ってしまいますよね。まだ小さい未就学児でも楽しく通える習い事をしらべてみました!
ママ必見!もう始めてる?子供の習い事 人気3選

ママ必見!もう始めてる?子供の習い事 人気3選

子供の人気習い事3選と、どんな効果があるのか!?習うメリットについてもご紹介します。
0歳から英語教育を始める3つのポイント

0歳から英語教育を始める3つのポイント

なぜ早いうちから英語を勉強した方が良いのでしょうか!?最も効率的に吸収出来るのは、0歳から! その理由に迫ります。
お絵かきや文字を書く一歩に!【運筆】トレーニングをしよう♪

お絵かきや文字を書く一歩に!【運筆】トレーニングをしよう♪

正しい鉛筆の持ち方を習得するための「運筆トレーニング」を行うことで、お絵かきが上達したり、文字を書く一歩に大変役立ちます。運筆トレーニングの方法や、必要なアイテムをご紹介♪

この記事のキュレーター

サナ サナ