特集記事

今注目の記事

2017年6月28日 更新

”イク麺”って知ってる?離乳食にはうどんがおすすめ!

香川県がイクケンプロジェクトとして子育て応援のうどん「イク麺」を開発しました。香川県民だけでなくうどんは離乳食や幼児食に大活躍しますよね。香川県のユニークな取り組みとうどん離乳食のアイディアをご紹介します。

 (67171)

イク麺って何?

「イク麺」とは日本一子育てのしやすい県を目指してイク県プロジェクトを進めている香川県が開発したうどんのことです。うどん県としても有名な香川のお母さん達が昔から離乳食としてうどんをあげていたことから開発された子育て応援うどん。子供が食べやすいように3cmの長さにカットされています。

イク麺、できました。【イクケン香川】

子育て応援企画のため販売はされていませんが、イベントなどで配布の予定もあるそうです。ユニークなアイディアですよね。公式ホームページではイク麺レシピも紹介されています。

日本一、子育てしやすい県をめざして。イクケン香川

日本一、子育てしやすい県をめざして。イクケン香川
香川県では、子ども一人ひとりの成長にしっかり目を向けたさまざまな取り組みを行っています。「うどん県」だけじゃない香川県。香川は、日本一子どもを育てやすい県「イクケン」へ。

うどんをすする音で赤ちゃんが泣き止む!?

赤ちゃんがお腹の中で聞いている胎内音とうどんをすする音が似ている、という説があるそうです。香川県ではイクケンプロジェクトの一環として「うどんをすする音で本当に赤ちゃんは泣き止むのか」という検証を行いました。

検証!うどんをすする音で本当に赤ちゃんは泣きやむのか?【イクケン香川】

検証によると10人中9人の赤ちゃんが泣き止んだ、とのこと。泣いている赤ちゃんが急にうどんをすすっている人を見てびっくりしている表情が可愛い!うどんをすする音で泣き止んだのか、驚いて泣き止んだのか、微妙なところもありますが、興味深いですね。

離乳食にはうどんが便利

香川県民だけでなく、うどんは離乳食や幼児食の強い味方ですよね。うちも時間がない時やメニューに困った時はうどんにしています。食べむらのある娘もうどんだと食べてくれて助かっています。

離乳食としては小麦アレルギーがなければ初期から使うことができます。柔らかめにゆで短く切り冷凍をしてストックしておくとすぐに使えて便利です。
 (67153)

うどん離乳食おすすめメニュー

うどんばかりだとメニュー単調になりがちですが、具材や味付けを変えることで色々アレンジすることができます。みんなのうどん離乳食のアイディアをご紹介します!
42 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

離乳食や毎日の食事で大活躍!マジックブレッドデラックスがすごい♡

離乳食や毎日の食事で大活躍!マジックブレッドデラックスがすごい♡

マジックブレッドデラックスという商品をご存じでしょうか。1台で7役もこなしてくれる、料理の時短グッズです★料理だけではなく離乳食作りにも役立ってくれる優れものなのでオススメです★
子供の脳を育てよう!お家で実践☆脳のトレーニング4選

子供の脳を育てよう!お家で実践☆脳のトレーニング4選

子供の脳は、生まれてから約6歳までに大きく成長すると言われています。ママと過ごす時間が多い0~3歳の時期にお家でできる脳の鍛え方、ぜひご覧下さい♪
子供に『鉄分』はなぜ必要?離乳食&幼児食レシピおすすめ6選

子供に『鉄分』はなぜ必要?離乳食&幼児食レシピおすすめ6選

子供がなりやすい鉄分不足。そのサイクルを知って鉄分不足を予防しましょう!おすすめレシピも一緒にご紹介します★
時短調理にも役立つ!離乳食作りにぴったりのホーロー鍋

時短調理にも役立つ!離乳食作りにぴったりのホーロー鍋

ミニサイズのホーロー鍋が離乳食作りに大活躍♪おススメのホーロー鍋もご紹介します☆
妊娠中・産後に頼れる!人気の宅食

妊娠中・産後に頼れる!人気の宅食

家事の中でも時間のかかる「炊事」。つわりが酷い時や産後すぐ、また子供が小さいうちは思うように料理ができずストレスに感じるママやプレママも多いのではないでしょうか?現在「宅食」のサービスが広がっています。今回はママに人気の宅食サービスをご紹介します。
もうすぐお正月★おせち料理は何歳から食べても大丈夫?

もうすぐお正月★おせち料理は何歳から食べても大丈夫?

お正月の定番料理といえばおせち料理ですよね。でも何歳からおせち料理を食べても大丈夫なのでしょうか?おせち料理の食材の中で、子供が食べる際に注意したい食材をご紹介!

この記事のキュレーター

momonga momonga