特集記事

今注目の記事

2017年4月17日 更新

働くママ必見!子どもの預け先を選ぶ際のポイント3つ

働くママにとって可愛いわが子の預け先は重要ですよね。そこで何をポイントに選んだら良いかのポイント3つをご紹介します。

Instagram (422)

働くママは、出産前に比べると想像以上に大変な日々に突入してしまいますが、しっかりと仕事に専念出来るように、安心して預けられるところを選びたいですね。

認可保育園を希望されている方も多いと思いますが、民間の保育園でも環境が整っていて素晴らしい所は沢山あります。認可保育園の場合は役所で情報を入手出来ますし、民間保育園の場合はホームページなどで探しておくと良いでしょう。
ついつい料金の事が気になってしまいがちですが、大切な子どもを長い時間預ける場所ですので、子どももママもストレスが溜まらない所を選びましょう。
Instagram (425)

ポイント1 保育士が足りているか

一番大切なポイントと言ってもいいかもしれません。月齢や年齢によって園児に対しての保育士の数が決まっています。できるだけ多い方が安心して保育を任せられますね。
Instagram (437)

ポイント2 保育時間や休日

自宅や職場から保育園は出来るだけ近い方が便利です。理想的には30分以内であれば急な呼び出しも対応出来て助かります。その他にも土日も対応してくれるところや遅くまで保育しているところですと休日出勤や残業になっても困りません。

ポイント3 遊具や行事などの確認

赤ちゃんから就学前のお子さんまで楽しめるような遊具があるのか確認しておくと良いでしょう。自宅にはなかなか置けないような大きな遊具はお子さんにとって興味が大きく思いっきり楽しめると思います。また、運動会やお遊戯会などがの行事はお子さんの成長を実感できる良い機会となります。
Instagram (433)

●子どもの病気の時どうするか
子どもが急に発熱するというのは良くあること。その時にどう対応したらよいか考えておきましょう。最近では病後児保育を行なっている自治体も増えてきていますのでそのような施設がないか探しておき、事前に登録や利用方法を聞いておくといざという時に非常に頼りになります。
Instagram (428)

●その他には
お爺ちゃんやお婆ちゃんにお願いできるというのはかなり大きなポイントになります。遠方に住んでいたり、高齢の場合は難しいかもしれませんが、助けてもらった時はちゃんと感謝の気持ちを伝えることが大切。親子だからといってなあなあにならないようにしたいですね。
出来るだけ働くママの負担が軽減され、赤ちゃんもそこで楽しくのびのびと学んでいくことの出来る場所を見つけたいですね。
15 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

育休明けママ必読!これで安心!復職前に準備すべきこと。

育休明けママ必読!これで安心!復職前に準備すべきこと。

来年度から復職を予定しているママも多いかもしれません。私自身も今年度から子供を保育所に預けて仕事復帰をしています。今回は復職前にやっておくべきことをまとめました。ぜひ参考にしてくださいね!
最新版!共働き子育てしやすい街ランキング2018で上位の街は?

最新版!共働き子育てしやすい街ランキング2018で上位の街は?

妊娠・出産・育児を考える夫婦にとって、住む場所は重要な問題です。保育園の待機児童問題や子育て支援制度など、気になる点がいっぱい。いま子育てしやすい場所はどこでしょうか?
卒園式&入学式におすすめな子供服【男の子編】

卒園式&入学式におすすめな子供服【男の子編】

いよいよ3月は卒園式4月は入学式がありますね。そろそろ「どんな服装にしようか」と考えてみたり「フォーマルスーツってどんなものがあるんだろう」と調べてみたりしていますか?2019年はこんなフォーマルスーツやウェアが★
卒園式&入学式におすすめな子供服【女の子編】

卒園式&入学式におすすめな子供服【女の子編】

3月には卒園式4月には入学式。やっぱりかわいくておしゃれなスーツが着たいですよね♡「卒園式と入学式同じものでもいいのかな?」と悩むママはチェック!
賢く安く揃えよう!【ダイソー】で揃える!入園アイテム10選

賢く安く揃えよう!【ダイソー】で揃える!入園アイテム10選

新年度に入園を控えている家庭では、入園準備に追われる時期かと思います。お店をたくさん回らなくても【ダイソー】で入園アイテムが揃ってしまうことをご存知ですか?
なんで?幼稚園ではいい子なのに帰ってきたら不機嫌になる子

なんで?幼稚園ではいい子なのに帰ってきたら不機嫌になる子

よく「幼稚園に行きたくないよー」「ママと一緒がいい!」と泣いてバスに乗らない子がいますが、それとは逆に朝はすんなり行くのに、幼稚園バスから降りてくるとグズグズ不機嫌になる子もいますよね。。

この記事のキュレーター

SACHI SACHI