特集記事

今注目の記事

2016年11月16日 更新

プレママ必見!出産の流れってどうなるの?これだけは抑えておきたい豆知識

待ちに待った我が子と対面できる瞬間、楽しみですね。でも、初産のママにとって、出産は楽しみと同時に不安も大きいことでしょう。そこで、知っておきたい出産の流れについてご紹介します。

出産の始まり方って人によって違うの?

 (41127)

出産の始まりは、陣痛、破水、おしるしと人によって違います。経産婦さんでも、前回と同じということはないので、どの出産から始まっても冷静に対応できるように心の準備をしておきたいですね。

陣痛から始まるパターン

陣痛は初めから等間隔でくるわけではありません。徐々に規則的な痛みになってくるので、きちんと時間をはかり、だいたい10分間隔になったら病院に連絡して向かいましょう。

人によっては初産でも10分間隔だったのが急に2~3分間隔になることもあるので、入院準備は事前にしておき、病院へ向かう手段も考えておくことが大切です。

破水から始まるパターン

赤ちゃんを守る卵膜が破れて破水は起こります。
ちょろちょろと流れ出る人と、尿がもれたように大量に出る人とさまざまです。

正期産に入ったら、外出の際に破水が起こっても大丈夫なようにナプキンやタオルを持ち歩くことをおすすめします。あれ?と思ったらすぐに病院に連絡するようにしましょう。
急に夜中に破水し病院へ電話をするとすぐに来てほしいとのことでした。

主人の車で病院へいき検査をすると、もう全開でいつお産をしてもいい状態でした。

痛みが一気にきて大変苦しみましたが、時間も短くて初めての出産にしては安産だったと思います。

「おしるし」って何?

Interpretation of a dream in which you saw «Pregnant» (43861)

おしるしとは、お産にむけて子宮が収縮することによって、卵膜が子宮からはがれ落ちておりものに少量の血液が混じったものです。

一般的に、おしるしは出産の前兆と言われていますが、おしるしは人によって、ある人とない人がいますし、おしるしがきてもその日のうちに陣痛がくる人もいれば、1週間して陣痛がきたという人がいるくらい個人差があります。

しかし、おしるしが出産の準備に入ったという目安にはなるので、入院準備の最終確認や心の準備などをしておいたほうがいいかもしれませんね。

注目の「ソフロロジー法」って?

 (41137)

ソフロロジー法とは、妊娠中に出産のイメージトレーニングをしておくことで陣痛を含めた出産全体を受け入れる心の準備をしておくという分娩方法です。

陣痛から出産は自然現象なので、痛くて苦しいだけではなく赤ちゃんに会える嬉しい前兆ということを認識することで、お産に対して前向きな気持ちになり痛みを受け入れて恐怖や不安を和らげることを目指しています。

落ち着いてリラックスした気分でお産に臨むために、赤ちゃんが胎内ですくすく育っている様子や出産後の赤ちゃんとの楽しい生活などの前向きなイメージトレーニングを行います。息をしっかり吐いてたっぷり吸う腹式呼吸法を取り入れることで、お腹や体内の筋肉にムダな力は入ることを防ぎ子宮口が自然と開くのを促したり体力の消耗を防いでくれます。
初産で不安はありましたが、ソフロロジー式分娩法を知り、出産時は「赤ちゃんも辛い思いをしているので一緒に頑張ろう」という気持ちで辛い痛みも乗り越えられました。
21 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

妊婦最後の大仕事である"出産”!どうやって"いきめ"ばいいの!?

妊婦最後の大仕事である"出産”!どうやって"いきめ"ばいいの!?

長いようで短く、短いようで長い妊娠期間がもうすぐ終わろうとしています。しかし待っているのは出産!早く会いたい気持ちと、怖かったり不安といったマイナスの感情も出てくるのはおかしなことではありません。最後の大仕事であるいきみ方についてご紹介しま☆
選ぶ人が増えてます和痛分娩。無痛分娩との違いは?メリットなどご紹介します!

選ぶ人が増えてます和痛分娩。無痛分娩との違いは?メリットなどご紹介します!

最近耳にする機会の多い、和痛分娩。芸能人でも選択する人が増えているため、浸透しつつある分娩方法です。興味はあるけど、どんなものか気になっている人も多いのではないでしょうか?和痛分娩とはどういったものか、メリットや費用など知りたいあれこれを解説します!
こんなの誰も教えてくれなかった! 産後に直面する、知っておきたい☆あんなことやこんなこと☆

こんなの誰も教えてくれなかった! 産後に直面する、知っておきたい☆あんなことやこんなこと☆

初めてのお産という一世一代の大仕事を終えたあと、今までに体感したことのないような、幸福な達成感に包まれながらも 次々とやってくる出来事があります。妊娠中にはこんなの聞いてなかった!ということも・・・ 対策も含めて妊娠中から知っておくことで、不安にならずに対処できますよ☆
陣痛から出産まで46時時間!?そんな私を救ってくれたアイテムとは・・・

陣痛から出産まで46時時間!?そんな私を救ってくれたアイテムとは・・・

陣痛の時に役立ったアイテムを解説付きでご紹介します☆これから出産を控えているママの参考になれば嬉しいです!
ドキドキの出産!少しでも痛みを和らげ、安産を招く5つの方法!!

ドキドキの出産!少しでも痛みを和らげ、安産を招く5つの方法!!

臨月が近くなり、大きくなるお腹を見ながら赤ちゃんと会える日を心待ちに思う気持ちと、出産の怖さとが入り混じった気持ちになるのではないでしょうか。少しでも、出産の痛みを和らげるために出来る5つの方法をまとめました。
緊急帝王切開はなぜ必要なの?手術の流れ、術後の痛みは?

緊急帝王切開はなぜ必要なの?手術の流れ、術後の痛みは?

普通分娩を予定していたのに、とつぜん帝王切開に切り替わるとショックと恐怖が入り混じります。緊急帝王切開の必要性、手術の進め方や術後の経過など、帝王切開の怖さを少しでも軽減できるような情報を集めました。

この記事のキュレーター

cherrysako cherrysako