特集記事

今注目の記事

2018年1月11日 更新

雪が降ったら何しよう♡子供と楽しめる雪遊び4選

いよいよ本格的な冬がやってきました。子供って雪が大好きですよね♡ママもパパも意を決して童心に戻り、子供と一緒に雪遊びを楽しみましょう♡

①やっぱり鉄板の雪合戦

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (118853)

やはり雪遊びと言えば、雪合戦ですよね★
ルールも簡単なので、小さい子供でも大丈夫!
大人もつい張り切って、童心にかえって楽しんでしまいます。

雪合戦をする時には、本気になって子供を泣かせてしまうことがないように気をつけましょう(笑)

②こちらも王道!雪だるま作り♡

雪が降ったら絶対したい、雪だるま作り!!
子供用に小さい雪だるまを作って楽しみましょう◎

頭にコップを載せたり木の枝で顔を作ってみたり・・いろんな表情の雪だるまを作ってみては?
パパ、ママ、子供と3体並べて楽しむのもいいですね♪
写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (118854)

③絵の具を使ってカラフルな雪を作ろう♪

真っ白な雪も綺麗ですが、せっかくなので絵の具を使って雪遊びをするのもおすすめです♡
好きな色の絵の具を使って雪とまぜてみたり、丸く作った雪の塊に筆で色をつけてみたり・・楽しみ方は様々です。

普通のお絵描きとは違った楽しさを感じることができるはずです★
カラフルな雪を見た子供の表情はきっとキラキラですね!
写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (118852)

④寒い日にはバケツに氷張り★

私のオススメは、寒い日にバケツにお水を張って一晩置いておくこと!

私が幼稚園に勤めていた時によくやっていたのですが、寒い日の翌日にみてみるとバケツの中のお水が氷になっていました。
子供たちはそれをみて「お水を入れたはずなのにどうして氷になっているんだろう?」
「寒いとそうなるのか」と色々と子供同士で話し合っていて反応が様々でした。

こうして自然の原理を学ばせてもらうのは大事なことですね。
こういった季節の変化もいっしょに楽しんで発見していきましょう♫

しっかりと防寒をして楽しもう

 (118855)

雪遊びは身体をたくさん動かしていると、楽しくてどんどんあたたかくなってきます♡
でも子供が雪遊びをしてから体調を崩してしまっては冬の楽しみも減ってしまいますよね。
それに雪遊びは身体をたくさん動かすので体力も消耗します。

あったかい格好をして、休みながら子供の様子をみて雪遊びを楽しんでください♫
14 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

本格的に冬到来*雪遊びの子供の服装&必須アイテムはコレ!

本格的に冬到来*雪遊びの子供の服装&必須アイテムはコレ!

雪が積もると子供はとっても喜びますよね♪「外に出て遊びたい!」「雪だるまが作りたい!」とやっぱり雪遊びがしたくなります。ママとしては「風邪をひかないかな…」など心配な面も…。そんな時はしっかり雪遊びに適した服装を選んでいっぱい遊ばせてあげましょう!
子供は風の子元気な子!寒い冬の外遊びがもたらす効果とは?

子供は風の子元気な子!寒い冬の外遊びがもたらす効果とは?

寒い冬でもおかまいなし!子供のはいつでも元気ですね。ついつい大人の都合で「寒いから」と外遊びを避けてはいませんか?外遊びによる効果を知ればパパママも一緒に外で元気に遊べるでしょう!
そろそろ準備を★ベビーのための冬のお出かけアウター&グッズ12選

そろそろ準備を★ベビーのための冬のお出かけアウター&グッズ12選

夏も終わりどんどん涼しくなってきましたね。あっという間に冬がきてしまうので、そろそろベビーのためのお出かけグッズを揃え始めましょう!!オススメアウターやグッズ、ママコートなど多数紹介したいと思います☆
子育てママの必需品!ピジョンから”電動鼻吸い器”が新発売☆

子育てママの必需品!ピジョンから”電動鼻吸い器”が新発売☆

子供が風邪をひいてしまった際に使えるのが【電動鼻吸い器】ですよね。あって良かった育児グッズでも常に上位に挙がっているほど人気の商品です。今回紹介するのはピジョンから新発売された電動鼻吸い器です。
普通の花火じゃ物足りないアナタに…おもしろ&大迫力花火5選☆

普通の花火じゃ物足りないアナタに…おもしろ&大迫力花火5選☆

夏の風物詩といえば花火ですよね。今年はちょっと変わったおもしろくて迫力のある花火に挑戦してみませんか?きっといつもより一層盛り上がりますよ!
子供はみんな大好き♡親子で「こちょこちょ遊び」をやってみよう

子供はみんな大好き♡親子で「こちょこちょ遊び」をやってみよう

子供ってこちょこちょされるのが大好き♡ケタケタ笑う子供の姿は最高に可愛いものです♪くすぐり遊びはなにも用意しなくていいんです!ママと子供が向き合っていればすぐに始められるんですよ。

この記事のキュレーター

みさっこ みさっこ