特集記事

今注目の記事

2018年2月7日 更新

大丈夫★乳児期の成長は子供自身に任せてOK★楽しんで見守ろう

「他の子と比べてうちの子は…」「育児書通りにしているのに…なぜ?」「周囲の意見が気になる!」そんなママたち必見★大丈夫です!どんな子も必ず成長します!

『一般的な成長の目安』とは?

 (122647)

〇カ月で〇〇ができるようになる、こうすればできるようになる!
子供の成長において『一般的な目安』を目にすることは少なくないと思います。

これは、あくまでも平均的な数値であり、その通りに成長しなければ劣っている…というものではありません。

乳幼児期の成長…こんなところが気になる!

◆睡眠時間

昔から「寝る子は育つ」と言われるように、たくさん寝る方が良いと考えるママは多いはず。
けれど、夜泣きが多かったりなかなか寝付かない赤ちゃんもいます。

そんな場合は、「今は眠くないんだ!」と割り切って、無理に寝かせようとしなくても大丈夫。
ゆったりと眠くなるような空間の中で絵本を読む、静かな音楽を流すなど、穏かに過ごしましょう。

成長とともに、自然と睡眠時間は確立されていきます。
 (122649)

◆ハイハイ

7~9カ月に始まると言われる『ハイハイ』。
脳の発達に良い影響を与えるため、ハイハイはたくさんした方が良い!と言われますよね。
しかし、ハイハイをまったくせず、つかまり立ちから歩くようになってしまう赤ちゃんもいます。

ハイハイをしなかった赤ちゃんの脳が発達しない、その後の成長において悪影響が!?
まさか!そのような心配はありません。

◆言葉の発達

テレビやタブレットが各家庭にある時代、その影響で言葉の発達が遅れがち…これもママたちを悩ませる意見のひとつではないでしょうか。
確かにあながち間違いではないかもしれません。

しかし、言葉の発達には1人1人の性格が大きく影響しています。
好奇心が旺盛で賑やかな家庭で育つ子は言葉が早いかもしれません。
内向的で大人しい子供は言葉を覚えていても声にすることが恥ずかしいのかもしれません。

発達が遅れていると直に結びつけるのではなく、我が子のありのままの姿を認めて、ゆっくりと成長を見守ってあげたいですね。

ママの意思では解決できない!?

例えば、ハイハイしやすい体育館など広い場所に連れ出すとか、ママが一生懸命話しかけて言葉を引き出す、といった対処法もあります。
もちろん試す価値はあるでしょう。

しかし、それでも解決できないこともあります。

そんな場合は、我が子にとって、今はその時期ではない!と諦めて、ゆっくりと成長を見守ってみませんか?
ママの気持ちも楽になり笑顔が増えることで、赤ちゃんも安心して成長することができるかもしれません。

成長の個人差を楽しもう♪

 (122648)

17 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

これだけで変わる!子供の心が豊かになる言葉がけの法則☆

これだけで変わる!子供の心が豊かになる言葉がけの法則☆

子育てをしていれば「どうやって声をかけてあげればいいのかな?」と思う場面も少なからずあると思います。そんな時、子供の心に響く言葉がけの法則があるのなら今すぐ実践してみたいですよね。どんな法則なのでしょうか?
不安に思わないで大丈夫!1歳半健診の心得とは?

不安に思わないで大丈夫!1歳半健診の心得とは?

自治体で行われる1歳半健診。簡単な知能テストがある場合も多く不安に思うママも多いかもしれません。ここでは1歳半健診の体験絵日記や心得などをご紹介します。
知っておきたい【4歳の壁】ママの上手な対処法とは?

知っておきたい【4歳の壁】ママの上手な対処法とは?

ママの間では【魔の3歳児】という言葉が定着していますが、4歳にも【4歳の壁】といわれる言葉があります。一体それはどういうことなのでしょうか?
『命の大切さ』を教えたい!まずは『命』に触れる機会を作ろう

『命の大切さ』を教えたい!まずは『命』に触れる機会を作ろう

2〜3歳の子供が、蟻を足で踏み潰したり、無駄に花を摘んでしまう…そんな場面を見たことはないでしょうか。すべてに『命』があること、それが大切であることを、どのように教えていったら良いのでしょうか。
パパを頼りに★こんな方法で育児参加を促してみよう!

パパを頼りに★こんな方法で育児参加を促してみよう!

もっとパパに育児参加してほしい…まだまだ慣れないパパにもできること、パパだからこそ頼りにできること☆ご紹介します♪
気になる!子供の指しゃぶりの影響と防止策まとめ!

気になる!子供の指しゃぶりの影響と防止策まとめ!

生後数か月すると「指しゃぶり」が始まりますね。赤ちゃんのうちは「可愛い!」でしたが大きくなるにつれて「いつまでするの?」という疑問がわいてきます。指しゃぶりが与える影響と対策をまとめました。

この記事のキュレーター

e-family e-family