特集記事

今注目の記事

2016年4月8日 更新

知っていれば慌てない!熱性けいれんの知識

熱性けいれんとは、高熱により小さな子供が痙攣を起こしてしまう症状です。どんな症状がでるのか?どう対処したら良いのか?予め知っておくことはとても大切です。

熱性けいれんとは?

体温計を持つ白衣姿の子供1|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (13442)

熱性けいれんは、3か月から6歳までの小さい子供が発熱によって起こすけいれんの事です。
発熱後、24時間以内にけいれんを起こすことが多いので、要注意です。

インフルエンザなどの高熱によって熱性けいれんを起こしやすいですが、熱性けいれんでは無い他の原因によって起こるけいれんとの区別をきちんと見分ける事が大切です。

良性の熱性けいれんの場合には数分間でけいれんは止まります。
その場合にはあまり心配はありません。
しかし、15分以上のけいれんや、何度もけいれんを起こす場合には緊急で受診する必要があります。

生涯の内で熱性けいれんを繰り返す確率は低く、大体が1度きりの事となります。しかし、中には発熱の度に熱性けいれんを繰り返す事も10%程度はあります。熱性けいれんを繰り返し起こす場合には、専用の座薬のお薬を処方される事もあります。しかし初めての熱性けいれんの場合には処方されない事がほとんどの様です。

熱性けいれんを起こしたらどうしたらいい?

baby, cry, cute, grimace, love - image #410100  on Favim.com (13568)

数分で終わる熱性けいれんはあまり危険なモノとは言われませんが、やっぱり突然我が子がけいれんしてしまうと、ビックリしてしまうと思います。

でも、予め知識を知っておくと万が一の時にも慌てずに済みます。

けいれんが起こった時には、けいれんが何分間続いたのか?口から泡を吹いていないか?目はどこを向いていたか?など、子供の様子をしっかり観察する事が大切です。
そうする事で、受診した際にも適切な処置を受ける事が出来るでしょう。

熱性けいれんの時に注意する事は?

注意!|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (13143)

けいれんを起こしていると、つい大きな声で名前を呼んでしまう事があると思いますが、大きな声で呼んだり、ゆすったりする事はNGです。

更には「舌を噛まない様に」とけいれんしている時に、割り箸などを噛ませると良いと、昔は言われていたようです。しかし現在はNGです。
舌を噛むことで命に関わるような状態になる事は少なく、けいれんしている時に何かを噛ませる事の方が危険と言われています。

その他、吐いてしまった場合には嘔吐物が喉に詰まらない様に、横向きにさせてあげるようにします。
とにかく、必ず目を離さない様にしましょう。

まとめ

わが家の3歳の子供も先日、インフルエンザの熱により初めてけいれんをおこしました。
けいれんしだした時にはビックリしましたが、「熱性けいれんは命に関わる症状では無い」という事は聞いたことがあったので、慌てながらもパニック状態にはなりませんでした。

ただ、熱性けいれんを起こしたらどう対処すると良いのか?という事は知りませんでした。
ですので、対処法なども知っておく事は大切だと思います。
特に、けいれん中の状態を観察する事は、実際に我が子が受診した際にも主治医から聞かれた事でした。

6歳以降では熱性けいれんは見られなくなりますが、幼児期の高熱の際には注意が必要ですので、なるべく一人で寝かせておくという事はせずに、出来るだけそばについていてあげる様にしましょう。
11 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

みんながかかる突発性発疹・1歳過ぎてもかからなかったら心配?

みんながかかる突発性発疹・1歳過ぎてもかからなかったら心配?

生まれて初めての高熱は突発性発疹のことが多いようです。だれでもかかる病気だよって聞くと思いますが、ちょっと待って、うちの子、もう1歳を過ぎたのにまだかかってない・・・と逆に心配になっている方はいませんか?そこで、突発性発疹にかからない場合はどうなるのか調べてみました。
【保存版】必ず通る道!?かかりやすい病気は?知っておきたい子供の病気

【保存版】必ず通る道!?かかりやすい病気は?知っておきたい子供の病気

元気に走り回っていたかと思えば突然高熱を出したりと、子供にとって体調不良はつきもの。ただの風邪ならいいですが、時には入院しなければいけない状態になることもありますよね。今回はいざという時にも落ち着いて対応できるよう、子供がかかりやすい病気に注目してみました。
徹底予想!今年のインフルエンザの傾向と対策は?

徹底予想!今年のインフルエンザの傾向と対策は?

毎年冬になると大流行するインフルエンザ。しかし、流行るウイルスの型や流行る時期など、その傾向は毎年違っています。今回は、今年のインフルエンザの傾向と対策を徹底予想したいと思います!
冬に大流行!?「マイコプラズマ肺炎」と「風邪」の違いを徹底解剖

冬に大流行!?「マイコプラズマ肺炎」と「風邪」の違いを徹底解剖

みなさんは「マイコプラズマ肺炎」という病気を聞いたことがあるでしょうか?毎年、寒い時期になると流行する怖い病気なのです。風邪の症状と似ているため、風邪だと思い込んでしまい気付くのが遅れてしまうことも多々あるようです。そんな「マイコプラズマ肺炎」と「風邪」の違いについて分析していきましょう!
要注意!秋にはやる感染症まとめ

要注意!秋にはやる感染症まとめ

夏に流行る感染症はいろいろありますが、秋に流行る感染症もたくさんあります。秋に流行る感染症は長引く傾向があるので注意が必要です。そこで今回は、注意したい秋の感染症についてまとめました。
子供の頭痛が増えている!?大人とは違う原因と知っておきたい対処法

子供の頭痛が増えている!?大人とは違う原因と知っておきたい対処法

子供が頭痛を訴えたら親としては心配になりますよね。熱で頭が痛いということもあるのですが、最近は熱以外で頭痛を訴える子供が増えているようです。では、子供の頭痛には熱以外にどのような原因があり、どのように対処すれば良いのでしょうか。

この記事のキュレーター

mikan*mama mikan*mama