特集記事

今注目の記事

2018年6月3日 更新

試したい!ワンオペ育児をポジティブに乗り切る方法とは?

「ワンオペ育児」という言葉も定着してきました。問題にはなっていても私を含めワンオペをせざるを得ないママが多いかと思います。辛いワンオペ育児をポジティブに過ごすためにはどうすれば良いのでしょうか。

ワンオペ育児が大変・・・

すっかり定着した「ワンオペ育児」という言葉。主に母親ひとりが家事、育児、共働きの場合は仕事まで一人でこなすことを言います。

男性の家事育児の参加も現在は少しずつ増えてきてはいますが、長時間勤務はまだまだ解消されていないですよね。共働きでも大体はママが仕事量を調整して育児の対応をしなければならないのが現状だと思います。

我が家も現在1歳・3歳の子供がいますが、パパは平日は子供が起きる頃に出社、就寝後に帰宅する毎日で休日出勤も度々あるため、家事・育児、時短の仕事と私1人で回している状態です。

自分の時間はほとんどなく、育児と家事に追われる毎日は肉体的にも精神的にも本当に大変ですよね・・・。けれど、周りの家庭でも平日は特にワンオペのママが多く、急に改善できるものでもないのが現実です。

とにかく一番大変なのは子供が小さい数年間、出来るだけ自分を追い詰めずに乗り切っていきたいものです。

 (134077)

ワンオペ育児を乗り切るために

ワンオペを解消するために夫婦間の話合いなどはもちろん必要なのですが、どうにもならない場合も多く、押し寄せる毎日を乗り切っていかなければなりません。ワンオペを乗り切るコツをまとめました。

*睡眠時間の確保!

何はともあれママの睡眠時間を確保することが必須です。小さい子がいて夜泣きなどがあると睡眠不足が慢性化してしまうことも多いかもしれませんが、睡眠不足が続くとイライラしてしまったり体調を崩しやすくなったり、肌荒れにつながったり・・・と良いことはありません。

とにかく寝られる時に寝ることが一番です。子供が昼寝をしたり夜早めに寝てくれると家事を済ませたり、自分の時間を満喫したくなりますが、睡眠が足りない場合はまずは自分も一緒に寝ることを優先しましょう。

*頼れる人や場所を作る

自分も子供も調子が良ければワンオペ育児も比較的上手く回すことが出来ますが、子供の発熱や自分が体調不良になると途端に崩れ始めてしまいます。

祖父母など頼れる人が身近にいればラッキーですが、そうでない場合は自治体の一時保育やファミリーサポート、ネットでママの相互援助を応援するサイト(AsMamaなど)に登録をしておいて、いざという時に頼れる場所を作っておいてください。

金銭的な面もあるので日常的な利用は難しいかもしれませんが、本当に困った時にはここに頼ろう!というよりどころがあるだけでも精神的には大分違うと思います。
支援サービスは事前登録が必要なことが多いので問い合わせてみてくださいね。
 (134079)

*子供を味方に付けよう

子供が大きくなってきたら子供を味方につけるようにしましょう。3歳くらいになればお手伝いもできるようになってくるので、最初は手間がかかりますが子供ができることから少しずつ家事を教えて一緒にできるようになると良いですよね。

特に下の子が生まれたら、赤ちゃんのお世話などでお兄ちゃんお姉ちゃんは戦力になります。赤ちゃんの安全面や上の子に頼りすぎないように注意は必要ですが、子供自身のしつけや勉強にもなります。
24 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

【育児絵日記】ついに魔の3週目がやってきた!?

【育児絵日記】ついに魔の3週目がやってきた!?

生後3週間頃から突然やってくる赤ちゃんのぐずり。ぐずぐず泣き止まず、寝てくれない時期が“魔の3週目”といわれています。個人差はありますが、多くのママが経験している魔の3週目について描かれている育児絵日記を紹介します。
ママは腰を大事にして!腰椎になりやすい生活習慣を見直そう

ママは腰を大事にして!腰椎になりやすい生活習慣を見直そう

筆者は産後10か月なのですが、腰や足の調子が悪く「椎間板ヘルニア」という腰の病気になってしまいました。産後のママは腰に負担がいっぱいかかっているので要注意ですよ!
子育て奮闘中のママを救う一冊『なりたい母ちゃんにゃなれないが』に共感の嵐!

子育て奮闘中のママを救う一冊『なりたい母ちゃんにゃなれないが』に共感の嵐!

“『男の子ママ』の悩みをぶっとばす言葉”や”両立どころの騒ぎじゃない。”でお馴染みの、母ちゃんドクター須藤暁子さんの新刊『なりたい母ちゃんにゃなれないが』も子育て奮闘中のママを救ってくれる事間違いなしです!
話題の書籍【かみさまは小学5年生】著者は胎内記憶を持って生まれた女の子☆

話題の書籍【かみさまは小学5年生】著者は胎内記憶を持って生まれた女の子☆

【かみさまは小学5年生】の著者は、なんと小学5年生の女の子。著者のすみれちゃんは、ママのお腹の中にいたときの胎内記憶があるそうです。それだけではなくオーラが見えたり、前世の記憶があったり・・・とにかくすごい!
これだけで変わる!子供の心が豊かになる言葉がけの法則☆

これだけで変わる!子供の心が豊かになる言葉がけの法則☆

子育てをしていれば「どうやって声をかけてあげればいいのかな?」と思う場面も少なからずあると思います。そんな時、子供の心に響く言葉がけの法則があるのなら今すぐ実践してみたいですよね。どんな法則なのでしょうか?
自分と家族のために乳がん検診に行こう!「ジャパン・マンモグラフィー・サンデー」

自分と家族のために乳がん検診に行こう!「ジャパン・マンモグラフィー・サンデー」

仕事に育児、家事と忙しく、平日は乳がん検診に行けないというママはぜひ!10月第3日曜にマンモグラフィー検査が受診できる取り組みをご紹介します。

この記事のキュレーター

momonga momonga