特集記事

今注目の記事

2018年6月3日 更新

試したい!ワンオペ育児をポジティブに乗り切る方法とは?

「ワンオペ育児」という言葉も定着してきました。問題にはなっていても私を含めワンオペをせざるを得ないママが多いかと思います。辛いワンオペ育児をポジティブに過ごすためにはどうすれば良いのでしょうか。

ワンオペ育児が大変・・・

すっかり定着した「ワンオペ育児」という言葉。主に母親ひとりが家事、育児、共働きの場合は仕事まで一人でこなすことを言います。

男性の家事育児の参加も現在は少しずつ増えてきてはいますが、長時間勤務はまだまだ解消されていないですよね。共働きでも大体はママが仕事量を調整して育児の対応をしなければならないのが現状だと思います。

我が家も現在1歳・3歳の子供がいますが、パパは平日は子供が起きる頃に出社、就寝後に帰宅する毎日で休日出勤も度々あるため、家事・育児、時短の仕事と私1人で回している状態です。

自分の時間はほとんどなく、育児と家事に追われる毎日は肉体的にも精神的にも本当に大変ですよね・・・。けれど、周りの家庭でも平日は特にワンオペのママが多く、急に改善できるものでもないのが現実です。

とにかく一番大変なのは子供が小さい数年間、出来るだけ自分を追い詰めずに乗り切っていきたいものです。

 (134077)

ワンオペ育児を乗り切るために

ワンオペを解消するために夫婦間の話合いなどはもちろん必要なのですが、どうにもならない場合も多く、押し寄せる毎日を乗り切っていかなければなりません。ワンオペを乗り切るコツをまとめました。

*睡眠時間の確保!

何はともあれママの睡眠時間を確保することが必須です。小さい子がいて夜泣きなどがあると睡眠不足が慢性化してしまうことも多いかもしれませんが、睡眠不足が続くとイライラしてしまったり体調を崩しやすくなったり、肌荒れにつながったり・・・と良いことはありません。

とにかく寝られる時に寝ることが一番です。子供が昼寝をしたり夜早めに寝てくれると家事を済ませたり、自分の時間を満喫したくなりますが、睡眠が足りない場合はまずは自分も一緒に寝ることを優先しましょう。

*頼れる人や場所を作る

自分も子供も調子が良ければワンオペ育児も比較的上手く回すことが出来ますが、子供の発熱や自分が体調不良になると途端に崩れ始めてしまいます。

祖父母など頼れる人が身近にいればラッキーですが、そうでない場合は自治体の一時保育やファミリーサポート、ネットでママの相互援助を応援するサイト(AsMamaなど)に登録をしておいて、いざという時に頼れる場所を作っておいてください。

金銭的な面もあるので日常的な利用は難しいかもしれませんが、本当に困った時にはここに頼ろう!というよりどころがあるだけでも精神的には大分違うと思います。
支援サービスは事前登録が必要なことが多いので問い合わせてみてくださいね。
 (134079)

*子供を味方に付けよう

子供が大きくなってきたら子供を味方につけるようにしましょう。3歳くらいになればお手伝いもできるようになってくるので、最初は手間がかかりますが子供ができることから少しずつ家事を教えて一緒にできるようになると良いですよね。

特に下の子が生まれたら、赤ちゃんのお世話などでお兄ちゃんお姉ちゃんは戦力になります。赤ちゃんの安全面や上の子に頼りすぎないように注意は必要ですが、子供自身のしつけや勉強にもなります。
24 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

自分と家族のために乳がん検診に行こう!「ジャパン・マンモグラフィー・サンデー」

自分と家族のために乳がん検診に行こう!「ジャパン・マンモグラフィー・サンデー」

仕事に育児、家事と忙しく、平日は乳がん検診に行けないというママはぜひ!10月第3日曜にマンモグラフィー検査が受診できる取り組みをご紹介します。
【Twitterで話題】泣いてる子供に困っていたママが触れた優しさに涙…

【Twitterで話題】泣いてる子供に困っていたママが触れた優しさに涙…

毒リンゴ(@dokuringomaimai)さんが呟いた感謝のツイートが話題になっています。心が温まって優しい気持ちになれるツイートをご紹介します。
meg
フォロワー14.6千人☆まきこんぶ(@makikonbu33333333333)さんの育児絵日記

フォロワー14.6千人☆まきこんぶ(@makikonbu33333333333)さんの育児絵日記

Instagramのフォロワーが14.6千人もいるまきこんぶ(@makikonbu33333333333)さんは2017年3月に誕生した女の子のママです♪まきこんぶさんの育児絵日記に元気をもらえること間違いなしです★
ママは涙なしでは読めない絵本!?『おこだでませんように』

ママは涙なしでは読めない絵本!?『おこだでませんように』

『おこだでませんように』は、お家でも学校でもいつも怒られている小学1年生のぼくが主人公のお話。いつも怒られてばかりいるぼくが何を思い、何を願うのか・・・読み終わったあと、胸がきゅっと締め付けられること間違いなし!
Twitter発「#育児っていいな」大変なことばかりではない育児の素晴らしさが再確認できる☆

Twitter発「#育児っていいな」大変なことばかりではない育児の素晴らしさが再確認できる☆

育児の大変なことばかりを「ネタ」としてつぶやきがちなSNS。でもでも、本当は「育児っていいな」と思うことがたくさんあるんです!
ママの元気が一番☆手抜き育児&家事のススメ

ママの元気が一番☆手抜き育児&家事のススメ

育児、家事とママの毎日は目まぐるしく過ぎていきます。頑張ることも素敵だけど、良い塩梅に手抜きをして笑顔で過ごせることが自分にとっても子供にとっても一番ではないでしょうか。

この記事のキュレーター

momonga momonga