おすすめの記事

今注目の記事

2017年7月27日 更新

これは言わないで!子供に言ってはいけないNGワード

つい言ってしまった言葉が子供にとってはとても傷つく言葉だったりします。そこで、子供に言ってはいけないNGワードをまとめてみました。

18,939 view お気に入り追加 1
バタバタと忙しい時間を送る毎日、育児、家事と多くのことをこなさなければならい焦りから、ついイライラしてしまう時もありますよね。

そんな時に子供がぐずったり、言うことを聞いてくれないときに言ってしまった言葉が、子供を傷つけてしまっているかもしれません。。。

ここで、子供に言ってはいけないNGワードをまとめてみました。
 (31410)

叱ることはとても大切

子供が危険なことをした時、いけないことをした時に、親がきちんと叱ってあげることは大切です。

ですが、心に余裕がないときに感情的に怒ったことはありませんか?しつけのために叱るのと、感情をぶつけるのは全く違います。子育ては何かとイライラしがちなもの。なかなかうまくいかないかもしれませんが、心の中にとどめておいて欲しいことをまとめました。
 (31414)

こんな言葉を言ってしまっていませんか?

早くしなさい!

これ、言ってしまうママも多いと思います。忙しい朝に駄々をこねたり、イヤイヤ、ぐずぐず…思わず出てしまう、早くしなさい!出かけるまでに何度も言ってしまっていませんか?

子供はどうして「早くしなさい!」と怒られているのか分かりません。早くしてほしい!というのは、大人の都合の場合が多いので、その子が理解できるように、どうして早くしてもらいたいのか説明してあげましょう。

時間に余裕があれば早く!と言わなくてもすみます。5分早く起きてみませんか?ほんの少し早く起きることで心の余裕ができるかもしれません。あきらめも肝心です。

ま、いっか。と思う気持ちも大切です。筆者も朝ごはんを食べてくれない息子にイライラしていましたが、食べたくない気分の日もあるよね、と気持ちを切り替えたら、心に余裕が生まれました。
 (95285)

いつも~なんだから!などの否定語

なんでいつも○○君は出来ないの?などの否定的な言葉を使っていませんか?

子供が失敗したとき、何か悪いことをした時に、こんな言葉をぶつけていませんか?怒りたい気持ち、イライラする気持ちはとてもよくわかります。実際に筆者もイライラしている時に、お茶をぶちまけられたり、ご飯をぐちゃぐちゃにされて、ついカッとなってしまったことがあります。

ですが、親の感情をぶつけても子供は泣くだけ。なんの解決にもなりませんよね。子供を否定するような言葉は、子供の自信を喪失させてしまうので、やめましょう。

いつも出来ない!と言われることで、自分は出来ない人間なんだ、と思いこんでしまいまい、自己肯定力の低下につながります。子供を出来ると信じて、それを伝えてあげましょう。

泣かないで!

 (95283)

まだきちんと自分のことを表現できない子供にとって、泣くことは大切な自己表現の1つです。
泣くことによって、悲しいとか寂しいとか嫌だ!とかの気持ちを表現しています。
なので、泣くな!と言われることは、感情をなくせと言っていることと同じになってしまいます。感じることは成長にとても大切です。

そんな時は、「ころんじゃって痛かったね」「お友達ともっと遊びたく泣いてるのかな、寂しいんだよね」となんで泣いているのかを聞いて理解して寄り添ってみてください。ママが理解してくれた、とうれしい気持ちになると思います。そうすると、意外とすぐに泣き止んだりするかもしれませんね。

大人も一緒ですよね、何か嫌なことがあって悩んでいる時に、友達に相談したら「そんなちっちゃな事で悩んでるの?」「そんな事でくよくよしてもなんにもならないよ!」と言われたらとても悲しい気持ちになると思います。もしかしたらそれは正論かもしれません。
でも、「大変だったね」「そりゃつらいよね」と理解してもらえたことで気持ちが落ち着くことがあると思います。
 (95284)

25 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

知りたい!子供の心に響く『褒め方』&『叱り方』

知りたい!子供の心に響く『褒め方』&『叱り方』

「叱らない子育て」「褒める子育て」が子供を伸ばす!と聞いたことはありませんか?しかし、どちらもその内容が大切です。2歳前後の子供に向けた『褒め方』と『叱り方』のコツをご紹介します。
e-family 2,004 view
「いい子症候群」って何?手のかからない子供ほど注意が必要!?

「いい子症候群」って何?手のかからない子供ほど注意が必要!?

教育評論家の尾木ママによって広まった「いい子症候群」という言葉。ささいなことで親は子供に「いい子」を演じさせてしまい、親の顔色をうかがって意見が言えない「いい子症候群」にしてしまうことも。いい子症候群にならないようにどうしたらいいでしょうか?
mamano writers 3,345 view
わざと親を困らせる?子供の試し行動の原因や対処法とは?

わざと親を困らせる?子供の試し行動の原因や対処法とは?

子供のいたずらやわがままに手を焼いていませんか?親をわざと困らせるようにわがままを言ったり、手が付けられないほど泣いたり・・・子供が困るような行動ばかりいている時は、試し行動に出ているかもしれません。
usagijyou 5,904 view
もう手が付けられない!!子供のわがままの原因と対処法まとめ。

もう手が付けられない!!子供のわがままの原因と対処法まとめ。

子供が成長すると自我が強く現れ始め、次第にわがままが強くなっていきます。毎日子供と接しているママにはとても大変な時期ですが、子供のわがままには大切な理由があります。また、わがままで大変な時期を乗り切る方法についてもまとめたので、子供のわがままに悩んでいるママは是非読んでみてください。
usagijyou 4,184 view
意外と難しい!?子供の好奇心をうまく育てるコツとは?

意外と難しい!?子供の好奇心をうまく育てるコツとは?

好奇心が行動を起こす原動力になるので、子供にとって好奇心を持つということは非常に大切なことです。では、どうすれば子供の好奇心を引き出すことが出来るのか?うまく好奇心を育てる方法を見ていきましょう。
girlytree 515 view
ほめる子育てってどうすればいい??子供のほめ方の注意点とコツ。

ほめる子育てってどうすればいい??子供のほめ方の注意点とコツ。

注目されている「ほめる子育て」とはどのようなものでしょうか?ほめると言ってもただやみくもにほめてもあんまり意味がないですよね・・・ほめる子育てのコツをご紹介します。
mamano writers 1,751 view

この記事のキュレーター

tomoko tomoko