特集記事

今注目の記事

2018年10月27日 更新

子供と一緒に料理をするメリットは?親子で作るオススメ簡単レシピもご紹介♡

子供と一緒に料理をする機会を作っていますか?実は親子で料理をするのはメリットだらけなんですよ♡「子供と一緒に何を作っていいのかわからない」というママ注目です!

年齢にあったお手伝いを♪

「危ない!」「それはダメ」と禁止ばかりしたり、干渉しすぎるのはもってのほか!
時には腹を括って見守ることも大事です★

年齢にあったお手伝いをお願いすることで、ママに頼りにされたお子さんが嬉しくなり、自信につながります。
◆1~2歳は手で食材をこねこねして、お粘土遊びの延長のような手を使う作業がオススメ。

◆3~4歳はお米を研いだり野菜を洗ったり、火や包丁を使わない作業を任せてみましょう!

◆5~6歳でいよいよ火や包丁にチャレンジ!でも必ずママはそばにいてあげてくださいね★
子供用の包丁があれば安心です。
 (153474)

お子さんとのお料理は時間に余裕を持って行いましょう!

特に小さなお子さんと一緒のお料理は時間がかかってしまうので、料理を作り始める時間をいつもより30~40分早めにするといいかも◎

子供と一緒に料理をするメリット♡

①嫌いなものもパクパク食べられるようになる♪

お料理をする時、お子さんが嫌いな食べ物を用意してみてください。
必ずではありませんが、自分で作った料理なら嫌いな食べ物だったとしてもパクパク食べてくれるケースが多いようですよ!
まな板の上のパプリカ(赤)の画像|おしゃれなフリー写真素材:GIRLY DROP (150690)

②五感をフル回転!

なんと料理をすることで五感(味覚・触覚・視覚・聴覚・嗅覚)が鍛えられるんです!

【味覚】お料理の味見で味の変化が感じられる
【触覚】お料理を通していろいろな食材を手で触れられる
【視覚】食材を切ったり火にかけたり…食材の変化が見られる
【聴覚】調理中はお米を研ぐ音、食材を火にかけた時の音などいろいろな音が聞ける
【嗅覚】食材や調味料の香りなどお料理をしないと体験できない香りがある

③親子のコミュニケーションの場になる

一緒に包丁を持って食材を切ったり、キッチンで一緒に並んで調理をしたり、「今度一緒に何作ろうか?」とお話したり…お子さんとのコミュニケーションが増えます。

お子さんと接する機会が多くなるのは親子の絆が深まるということです★
ズッキーニ、たまねぎ、トマト、ほうれん草、牛乳、ベーコン、たまごの画像|おしゃれなフリー写真素材:GIRLY DROP (150691)

④ありがとうの気持ちが育つ♡

41 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

オシャレなママはもう使ってる!大流行のニトスキとは一体!?

オシャレなママはもう使ってる!大流行のニトスキとは一体!?

見た目のオシャレさだけではなく、料理がとっても美味しくなるといわれているこのアイテム。料理の幅も広がること間違いなし!!人気沸騰中のニトスキについて調査しました☆
簡単手作り♪美味しい手作りパンを作っちゃおう!

簡単手作り♪美味しい手作りパンを作っちゃおう!

離乳食を卒業しても、子どもの御飯って悩みますよね。朝ごはんは特にぱぱっと済ませたい・・・そこで今日は、簡単に作れちゃう、手作りパンを紹介します。
ホームパーティにぴったり!たこ焼き器活用メニュー

ホームパーティにぴったり!たこ焼き器活用メニュー

たこ焼き器ってお持ちですか? 年に数回たこ焼きを作る時にしか使わない・・なんていうのはもったいないですよ! 意外と色々使えるたこ焼き器の魅力をご紹介します。
見た目も味も大満足!!節分メニューアイディア

見た目も味も大満足!!節分メニューアイディア

節分は鬼のお面作りや豆まきなど子供が楽しめる日本の伝統行事ですよね。恵方巻を食べるのが一般的になってきましたが、今年は子供が喜ぶ可愛い節分ごはんを作ってみてはいかがでしょうか?
絶対喜ぶ!離乳食ストックレシピ~パン&パンケーキ編~

絶対喜ぶ!離乳食ストックレシピ~パン&パンケーキ編~

今回紹介する離乳食ストックレシピは、パン&パンケーキ編です。どのレシピも色んな野菜や果物が入っていて、栄養満点で美味しそうなものばかりです。ぜひストック作りの参考にしてみてくださいね☆
下痢になった時に知っておきたい!お腹に優しい食材と料理レシピ★

下痢になった時に知っておきたい!お腹に優しい食材と料理レシピ★

冬の寒さや体調不良が原因で下痢になるお子さんが多くなる時期です。今回は下痢の時にも安心して食べられそうなお腹に優しい食材とレシピをご紹介します。

この記事のキュレーター

momoco momoco