特集記事

今注目の記事

2016年11月8日 更新

我が子が大きくなったときに恥をかかないように習得させておきたい習い事

子供の習い事、何を習わせるか悩みますよね。将来恥をかかないように・・・と、大きくなって役立つことをさせたい、という親御さんも多いはず。日本の伝統の習い事には素養を身に着けるものも数多くあります。そこで今回は、子供が大きくなったときに恥をかかないように、習得させておきたい習い事をご紹介しましょう。

絶対役立つ!きれいな文字になれる「書道」

Instagram (43594)

インターネットの普及によって、文字を書く機会が以前に比べても格段に減っていますよね。そのため、祝儀袋など、いざというときにきれいな文字が書けると素敵ですよね。

文字は、書く人の人柄や性格を表すとも言われます。また、小さいうちに文字を書くという習慣や、きれいな文字を書く技術は大人になったときにも役立ちます。

心を落ち着かせ、ゆっくりと丁寧に文字を書くという時間を持つのは、子供の心の安定につながるでしょう。集中力が身に付いたり、姿勢がよくなるなどよい点がたくさんあります。
子供の字を上手にするといいことがいっぱい

きれいな字は一生の財産ともいわれます。 就職してからも、字が上手であることは本当にプラスになります。

ノートをとったり、テストを受けたり、作文を書いたり、という子どもたちは、 字の良し悪しが成績にダイレクトに響いたりもします。

字をきれいに書くことで、人物もきちんとして見えるというか、 信頼性がアップするのは、子供にも大人にも言えることだと思います。

日本習字|教室を探す

日本習字|教室を探す
日本習字公式サイト。全国の書道教室を検索、ご紹介。幼児から成人まで、毛筆、ペン字、墨画など通信講座も充実。資格取得から教室開設まで目指せます。

子供ならではの感覚が活きる「華道」

Instagram (44151)

華道は植物に触れながら、四季を感じることができる習い事です。現代の子供には、四季の移ろいを感じられる機会が少なくなっているので、自然に親しむよい機会になるでしょう。

花を活けるときに、バランスや色合いを考えながら行うので、色彩感覚、バランス感覚、想像力を養うことができます。

子供のときに生きた植物に触れ、自分で創意工夫をした経験は大人になったときにも、自分の力で物事を解決する力にも役立ちます。子供のうちは、自然に親しむという感覚で楽しみながら行い、子供にしかできない作品をつくれるのも華道の魅力のひとつです。

子供の個性や自主性を伸ばす!いけばな教室

■子供の感性を伸ばす芸術系の習い事は数多くなりますが、「いけばなならでは」という点はありますか?

生き物である「植物」を扱うという点です。
少し乱暴に扱えば花が傷ついてしまうといった経験を通じて、花に対する、ひいては生き物に対する理解が生まれていきます。
また、四季折々に変わる花を通じて季節を肌で感じることができるのも、いけばなの大きな特徴ではないでしょうか。
子供いけばなコンクール

子供いけばなコンクール

小学生低学年の作品です

いけばなの根源 華道家元池坊

いけばなの根源 華道家元池坊
いけばなの根源 華道家元池坊の公式ホームページ。全国のいけばな教室検索や、花展・イベント情報検索の機能をご利用いただけます。池坊いけばなの歴史や様式(スタイル)の説明、作品写真も多数掲載しています。

穏やかな心を身に着ける、所作が美しい「茶道」

Instagram (43600)

日本の伝統的な習い事のひとつである茶道。和の心が詰まった人気の習い事です。決められた作法や手順に従って行うため、ルールやマナーを学ぶ絶好の機会になるでしょう。

道具の使い方や動きなどを見ることで、美しい所作を知ることにもつながります。また、長い時間を正座でじっと待つのは子供にとって大変なことです。静かな空間で過ごすことで、落ち着いた心を身に付けることができるようになります。茶道は、子供の頃の情操を育てるのにたくさんの要素が詰まった習い事と言えそうです。
26 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

0歳から始められる★赤ちゃんにもできる習い事★4選

0歳から始められる★赤ちゃんにもできる習い事★4選

早期教育!と難しく捉えずに、楽しく始めたい習い事。赤ちゃんのうちからできる習い事と、0歳から始めるメリットをご紹介します。
天才ゴルファー須藤弥勒ちゃん。天才を育てる教育方法とは!?

天才ゴルファー須藤弥勒ちゃん。天才を育てる教育方法とは!?

世界ジュニアゴルフ選手権に史上最年少で優勝した日本人の5歳の少女、須藤弥勒ちゃんをご存知ですか?ユニークな教育法でも注目を集めています。天才児を育てる教育とは?早期教育の効用や注意点などと合わせてご紹介します!
鏡文字のひらがな書いてない?ヨコミネ式ひらがな練習法ならダイジョウブ!

鏡文字のひらがな書いてない?ヨコミネ式ひらがな練習法ならダイジョウブ!

「ヨコミネ式」というと、テレビで見たことがある人も多いかもしれませんね。勉強も運動もすごいというスーパー保育園のイメージでしょうか。我が家の長男(現在中学生)はヨコミネ式の幼稚園に3年間通いました。逆立ち歩き、かけっこ、レスリング、読み書き計算と、それはそれはもりだくさんの教育をしていただきました。つめこみ、かわいそうという外部からのイメージとは全然違って、子どもは目を輝かせて取り組みました。そんななかでも、一番すばらしいと思ったのがヨコミネ式のひらがな教材でしたのでご紹介いたします。
◇体験談◇ごめんなさいが言えない我が子。~その理由や解決策を考えてみた~

◇体験談◇ごめんなさいが言えない我が子。~その理由や解決策を考えてみた~

みなさんのお子さんは『ごめんなさい。』とすぐに謝ることができますか?私の息子は今、素直に謝ることができないでいます。今回は私の体験談をもとに、なぜごめんなさいが言えないのか、そしてどうすれば良いのか考えてみました。
ちょっと待って!子供と電車に乗る時のマナーって?

ちょっと待って!子供と電車に乗る時のマナーって?

子供との移動によく使われる電車。安く遠くにも行けるので便利ですが、子供が一緒だといろいろと周りの目が気になることも多いですよね。みなさんは一体どういうことに気をつけているのでしょうか・・?
親の呼び方『パパママ』or『お父さんお母さん』どっちにしてる!?

親の呼び方『パパママ』or『お父さんお母さん』どっちにしてる!?

1歳過ぎたら徐々に言葉も出始めますね。子供は両親の事を認識していますが呼び方までは決めていません。たいていは親が「ママ」「お母さん」など呼ばせたい呼び名を子供に伝えます。ママなのかお母さんなのか母ちゃんなのか…人それぞれにこだわりがあるかと思います。そんな呼び方についてまとめてみました。

この記事のキュレーター

shuka shuka