特集記事

今注目の記事

2017年5月24日 更新

その思い込み間違ってるかも!?無痛分娩って、ほんとに痛くないの?

無痛分娩というと、全く痛くなくて、なんだか楽そう・・・そんな風に思っていませんか?

無痛分娩とは・・・?

無痛分娩って気になるけど、実際どういうものなのか知らない人も多いのでは。無痛分娩についてまとめてみました。


実際に無痛分娩といっても、どうして無痛になるのか、どういう方法があるのか知らない人も多いと思います。

●無痛分娩には代表的な方法が2種類あります。

硬膜外鎮痛と、点滴からの鎮痛薬投与の2種類です。

硬膜外鎮痛は、硬膜外鎮痛という、背中の脊髄に近い場所に局所麻酔と、医療用麻薬を加えたものを投与するやり方です。

点滴は静脈の中に医療用麻薬を投与するやり方です。2つの方法を比較すると以下のようになります。


硬膜外鎮痛…鎮痛効果が強い。処置の難易度は上がる。母体への影響は、意識ははっきりしていて、呼吸は乱れることがほとんどない。赤ちゃんへの影響はほぼない。

点滴…鎮痛効果が弱い。処置は非常に簡単。母体と赤ちゃんへの影響は、眠くなったり、呼吸が弱くなることがある。
 (20014)

無痛分娩ってホントに痛くないの??

無痛分娩ってほんとに痛くないの?それなら私も・・・と思うママも多いと思います。

ですが、そう思っているママ達には、無痛分娩は全く痛くなくなる訳ではないということを覚えておいていただきたいと思います。

全身麻酔とは違い、無痛分娩は(もちろん産院によってやり方は様々ですが)子宮口が開くまでは麻酔を使用しない場合が多いのです。

子宮口の大きさの判断は産院や先生によってもまちまち。

そしてあくまでも麻酔ですので、時間に限りがあります。時間が経てば切れてしまいます。

筆者の友達の体験談では「麻酔が切れるととたんに痛くなり、何度も麻酔は打てないと言われてその間我慢して、また麻酔を打ってもらい、また切れて、我慢しての繰り返して、あまり意味がなかった!」という話を聞きました。

普通分娩と3万円しか変わらなかったそうなので、試してみたけどあまり意味はなかったというのが本音だそうです。

インターネットで調べると、たくさん体験記がブログ等で紹介されていますが、陣痛を味わうことは全くなく、全く痛みなしで出産した!という人はほとんど見られませんでした。(もちろん個人差があります)
 (20016)

無痛=全く痛みを伴わないということではない

無痛分娩というと、その名のとおり「一切痛みを感じない」といったイメージを持ってしまいがちですが、どちらかというと「痛みをコントロールして出産の手助けをする」といった解釈の方が間違いないかと思います。

陣痛は、お産に必要な痛み(その痛みによって赤ちゃんが生まれてくるので)ものです。

なので、全く痛みを感じずに出産するということはどのタイミングでいきめばいいかもわからずに出産に挑むのと同じこと。なので不必要に出産が長引いてしまう場合もあるのです。

海外では無痛分娩は当たり前だそうですが、無痛=全く痛みを伴わないということではないと知っておいたほうが、いざという時にパニックにならずに済むかもしれませんね。
とはいえ、陣痛は痛いし、怖い・・・一人目の出産の時に2日がかりだった!もう二度とあんな痛い思いはしたくない!という人も多いでしょう。

決して無痛分娩が効果がないというわけではありません。

あくまでも陣痛を和らげるということを念頭において、産科医とよく相談をして、出産に望みたいですよね。
 (82736)

12 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

選ぶ人が増えてます和痛分娩。無痛分娩との違いは?メリットなどご紹介します!

選ぶ人が増えてます和痛分娩。無痛分娩との違いは?メリットなどご紹介します!

最近耳にする機会の多い、和痛分娩。芸能人でも選択する人が増えているため、浸透しつつある分娩方法です。興味はあるけど、どんなものか気になっている人も多いのではないでしょうか?和痛分娩とはどういったものか、メリットや費用など知りたいあれこれを解説します!
妊婦最後の大仕事である"出産”!どうやって"いきめ"ばいいの!?

妊婦最後の大仕事である"出産”!どうやって"いきめ"ばいいの!?

長いようで短く、短いようで長い妊娠期間がもうすぐ終わろうとしています。しかし待っているのは出産!早く会いたい気持ちと、怖かったり不安といったマイナスの感情も出てくるのはおかしなことではありません。最後の大仕事であるいきみ方についてご紹介しま☆
こんなの誰も教えてくれなかった! 産後に直面する、知っておきたい☆あんなことやこんなこと☆

こんなの誰も教えてくれなかった! 産後に直面する、知っておきたい☆あんなことやこんなこと☆

初めてのお産という一世一代の大仕事を終えたあと、今までに体感したことのないような、幸福な達成感に包まれながらも 次々とやってくる出来事があります。妊娠中にはこんなの聞いてなかった!ということも・・・ 対策も含めて妊娠中から知っておくことで、不安にならずに対処できますよ☆
プレママ必見!出産の流れってどうなるの?これだけは抑えておきたい豆知識

プレママ必見!出産の流れってどうなるの?これだけは抑えておきたい豆知識

待ちに待った我が子と対面できる瞬間、楽しみですね。でも、初産のママにとって、出産は楽しみと同時に不安も大きいことでしょう。そこで、知っておきたい出産の流れについてご紹介します。
陣痛から出産まで46時時間!?そんな私を救ってくれたアイテムとは・・・

陣痛から出産まで46時時間!?そんな私を救ってくれたアイテムとは・・・

陣痛の時に役立ったアイテムを解説付きでご紹介します☆これから出産を控えているママの参考になれば嬉しいです!
緊急帝王切開はなぜ必要なの?手術の流れ、術後の痛みは?

緊急帝王切開はなぜ必要なの?手術の流れ、術後の痛みは?

普通分娩を予定していたのに、とつぜん帝王切開に切り替わるとショックと恐怖が入り混じります。緊急帝王切開の必要性、手術の進め方や術後の経過など、帝王切開の怖さを少しでも軽減できるような情報を集めました。

この記事のキュレーター

tomoko tomoko