特集記事

今注目の記事

2018年3月29日 更新

[PR]英語を始めるなら1・2歳から◎親子で楽しく英語にふれよう

小学校でも2020年から英語の必修化が始まりますね。これから進むグローバル化に向けて、いま親として我が子にできることって何でしょう?それはきっと「英語って楽しい!」と感じられるきっかけを与えてあげることではないでしょうか♡

とにかく子供もママも楽しもう♪

子供の習い事ランキング、常に上位ランクインしている「英語」。

自分自身が英語が苦手だったママはもちろんのこと、得意なママならなおさら我が子に英語をしっかり身につけてあげたいと思いますよね。

「英語を身につける」ことで、我が子の可能性が格段に広がります。

でもいつから始めればいいの?どうやって始めるといいの?今回はそんなママの疑問にお答えします!
 (129118)

1・2歳くらいの子供は「英語を楽しい!」と感じると、英語がどんどん好きになっていきます。
英語をもっと聞きたい、もっと覚えたい、その心はワクワクでいっぱいになります★

そんな心を『えいごころ』と名付け、この『えいごころ』をより大きく育むための専門コースを新たにスタートしました。
それが1・2歳から始める英語、〈こどもちゃれんじぷち English〉です!

1・2歳という時期は日本語と同じ感覚で、英語を吸収できるかけがえのない大切な時間。
子供とママで楽しみながら英語にふれましょう。

それが英語を好きなる一番の秘訣です!

英語教育に“ 早すぎる”ということはない!

赤ちゃんは魔法の耳を持っている!?

「日本語もまだ喋れないのに、まだまだ英語なんて…」と思っていませんか?
そんなママに耳寄りの情報があるんです!

生まれたての赤ちゃんは、世界中の言語を聞き分ける魔法の耳を持っていますが、この能力は1・2歳ごろから失われ始めてしまうんです。

すなわち、英語をスムーズに吸収するためには、より早く英語を始めることが重要なのです。
 (128812)

英語にふれると、日本語のコミュニケーション能力も伸びる!

英語を小さい頃から習うと日本語習得への悪影響を心配してしまうママもいます。

でも、安心してください!
英語教育の第一人者・玉川大学大学院教授 佐藤久美子先生は、長年に渡る研究結果からその心配はないという研究結果を示しています。

むしろ早く英語にふれることで、音を集中して聞く習慣ができ、日本語に対する敏感性も養われると話しています。

今まで育児に必死だったママたちも、1・2歳の誕生日を迎えるころになると少し余裕が生まれ、子供に何か習わせたいと思うママが多くなってきます。

『1・2歳』は英語を始める上で、親子にとってピッタリのタイミングなのです◎

しまじろうと一緒に♪遊びの延長で英語を楽しもう

プレッシャーは禁物!

1・2歳の子供は、日本語を覚えるのと同じ感覚で英語を吸収することができます。

しかしせっかく早くから英語を始めても、それがつまらなく感じたり、ストレスになったりするようでは、むしろ逆効果になってしまいます。大人も一緒ですよね。

楽しい音やリズムに囲まれ、大好きなママと一緒に取り組むことで、子供の中に自然と「英語って楽しい!大好き!」という気持ち『えいごころ』が育まれていきます。

この時期はただ「英語を楽しもう!」というスタンスが大事なのです☆

みんな大好き♡しまじろう

 (128810)

30 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

気になる!子供の指しゃぶりの影響と防止策まとめ!

気になる!子供の指しゃぶりの影響と防止策まとめ!

生後数か月すると「指しゃぶり」が始まりますね。赤ちゃんのうちは「可愛い!」でしたが大きくなるにつれて「いつまでするの?」という疑問がわいてきます。指しゃぶりが与える影響と対策をまとめました。
子供の『自主性』を育もう★3歳までに大切な3つのコツ★

子供の『自主性』を育もう★3歳までに大切な3つのコツ★

自主性は大切!そうはわかっていても、実際のところなぜ大切か、どうやって伸ばすかを考えたことはありますか?子供の自主性を伸ばすコツについてお話したいと思います。
育児ママ必見☆赤ちゃんの新常識「メンタルリープ」って!?ぐずる時期を知って対策が出来る!

育児ママ必見☆赤ちゃんの新常識「メンタルリープ」って!?ぐずる時期を知って対策が出来る!

「メンタルリープ」という言葉をご存知ですか?まだ、聞きなれないママも多いのではないでしょうか。「メンタルリープ」を知ることで、赤ちゃんのお世話が楽になるかもしれません!赤ちゃんの機嫌が悪く、ママが手を焼いてしまう時期には、法則がありました!
三歳児神話を信じる??「三歳まで」の子育てに大切なこととは。

三歳児神話を信じる??「三歳まで」の子育てに大切なこととは。

「三歳児神話」とは、子供が3歳になるまでは母親が子育てに専念すべきであり、そうしないと成長に悪影響を及ぼすという考え方を言います。あなたは信じますか?三歳までの子育てで大切なことは何なのでしょうか?
たくさんの声かけが赤ちゃんとの信頼関係を強くする☆

たくさんの声かけが赤ちゃんとの信頼関係を強くする☆

赤ちゃんに声をかける時、どのように語りかけますか?「りんごを食べたいのね」だけで終わっていませんか?「りんごを食べたい」という言葉にたくさんの修飾語を付けることで、赤ちゃんとの信頼関係が変わってきます!
言葉の早い遅いは、ママの独り言が大きな鍵!?感受性豊かな子供に育てるために・・・

言葉の早い遅いは、ママの独り言が大きな鍵!?感受性豊かな子供に育てるために・・・

言葉の早い、遅いはママにとってとても気がかりな成長のパラメーターです。子供の言葉が早くなるのは、ママとの生活の中にありました!!感受性豊かな子供に育ててあげるために、大切なママの独り言について紹介します。

この記事のキュレーター

meg meg