特集記事

今注目の記事

2018年3月29日 更新

[PR]英語を始めるなら1・2歳から◎親子で楽しく英語にふれよう

小学校でも2020年から英語の必修化が始まりますね。これから進むグローバル化に向けて、いま親として我が子にできることって何でしょう?それはきっと「英語って楽しい!」と感じられるきっかけを与えてあげることではないでしょうか♡

〈こどもちゃれんじぷち English〉の魅力は、しまじろうと一緒に楽しめるということ。
大好きなしまじろうと一緒なら、英語を楽しく学べること間違いなし!

DVDにもたくさん登場しますし、もちろん教材や英語玩具もしまじろう一色♡
こだわりの付録は、安心安全を第一に考えているので、ママも安心して子供に持たせることができますね。

『えいごころ』を育む3つのメソッド

①音・リズムから学ぶ

 (128807)

◆英語圏の幼児と同じようにマザーグースを通して英語特有のリズムを感じられます
◆映像、絵本、英語玩具と、多彩な音遊びを通してたっぷりと英語特有の音に親しめます

②日常の中でくり返しふれる

 (128808)

◆お着替えの時、家事の合間、寝る前のベッドタイムなど、ふだんの生活、遊びの中で英語にふれる時間がつくれます
◆1・2歳の身近な日常シーンでの親子のやりとりを英語でお届けします

③親子のふれあいの中で親しむ

 (128811)

◆親子のスキンシップ遊びを楽しみながら英語の音・リズムに親しめます
◆親子のやりとりを広げる教材を好きな時間に、親子のペースで楽しめます

顧客満足度4年連続第1位!

こどもちゃれんじ Englishシリーズはたくさんのママから支持され、イード・アワード「子ども英語教材」幼児の部で、顧客満足度1位を4年連続で獲得しています。

その理由の一つに、手頃に始められる負担の少ない価格設定があります。
日々節約を考えているママには、とても嬉しいポイントです★
だって英語はもちろん大事だけど、正直プールや体操、バレエ等も気になりますもんね!

負担の少ない価格でより質の高い英語教育を、この機会に手に入れましょう♡
 (129128)

*今なら期間限定特典があります*

4月11日(水)までに入会された方には、3月開講号についてくる英語玩具(マイリズムプレーヤー)をもっと楽しめる特典ブックをお届けします!
30 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

気になる!子供の指しゃぶりの影響と防止策まとめ!

気になる!子供の指しゃぶりの影響と防止策まとめ!

生後数か月すると「指しゃぶり」が始まりますね。赤ちゃんのうちは「可愛い!」でしたが大きくなるにつれて「いつまでするの?」という疑問がわいてきます。指しゃぶりが与える影響と対策をまとめました。
子供の『自主性』を育もう★3歳までに大切な3つのコツ★

子供の『自主性』を育もう★3歳までに大切な3つのコツ★

自主性は大切!そうはわかっていても、実際のところなぜ大切か、どうやって伸ばすかを考えたことはありますか?子供の自主性を伸ばすコツについてお話したいと思います。
育児ママ必見☆赤ちゃんの新常識「メンタルリープ」って!?ぐずる時期を知って対策が出来る!

育児ママ必見☆赤ちゃんの新常識「メンタルリープ」って!?ぐずる時期を知って対策が出来る!

「メンタルリープ」という言葉をご存知ですか?まだ、聞きなれないママも多いのではないでしょうか。「メンタルリープ」を知ることで、赤ちゃんのお世話が楽になるかもしれません!赤ちゃんの機嫌が悪く、ママが手を焼いてしまう時期には、法則がありました!
三歳児神話を信じる??「三歳まで」の子育てに大切なこととは。

三歳児神話を信じる??「三歳まで」の子育てに大切なこととは。

「三歳児神話」とは、子供が3歳になるまでは母親が子育てに専念すべきであり、そうしないと成長に悪影響を及ぼすという考え方を言います。あなたは信じますか?三歳までの子育てで大切なことは何なのでしょうか?
たくさんの声かけが赤ちゃんとの信頼関係を強くする☆

たくさんの声かけが赤ちゃんとの信頼関係を強くする☆

赤ちゃんに声をかける時、どのように語りかけますか?「りんごを食べたいのね」だけで終わっていませんか?「りんごを食べたい」という言葉にたくさんの修飾語を付けることで、赤ちゃんとの信頼関係が変わってきます!
言葉の早い遅いは、ママの独り言が大きな鍵!?感受性豊かな子供に育てるために・・・

言葉の早い遅いは、ママの独り言が大きな鍵!?感受性豊かな子供に育てるために・・・

言葉の早い、遅いはママにとってとても気がかりな成長のパラメーターです。子供の言葉が早くなるのは、ママとの生活の中にありました!!感受性豊かな子供に育ててあげるために、大切なママの独り言について紹介します。

この記事のキュレーター

meg meg