特集記事

今注目の記事

2017年7月25日 更新

後回しになりがちだけど、これこそ重要!!妊娠中にしておきたい8つのこと♡

出産後はなかなか自分1人の時間が取れなくなるので、妊娠中にやっておけば良かった!!と後悔することもしばしば・・定番アイデアではない、妊娠中にやっておけば良かった事をまとめてみました☆

やっておくべき事の定番といえば☆

 (94574)

妊娠中にやっておけば良かったこととして
・パパと2人で旅行
・美容院へ行く
・部屋の片付けをする
・歯医者へ行く
・映画を見る
・自分でお腹の写真を撮る
・マタニティフォトを撮りに行く
・入院準備
・ベビー用品の準備
・マタニティフォトを撮る
・資格取得

上記に挙げたものは定番ですよね☆

今回は定番のもの以外の【やっておきたいことリスト】をつくってみました!!

1、申請書類をまとめる

 (94575)

出産後は、やるべき手続きがたくさんあります☆

1、出生届
2、健康保険
3、児童手当
4、出産育児一時金
5、乳幼児医療費助成
6、出産手当金
7、育児休業給付金
8、高額医療費

など手続きが多く、パパが申請しないといけないものもあります!
どの申請が必要で、申請する為の必要書類の確認など出産前にノートにまとめておくだけで、産後バタバタすることなくスムーズに手続きをすることが出来ます☆

2、里帰り中のパパのご飯作り

里帰り出産をする場合、1ヶ月くらいは自宅に帰らないことになりますよね。
そうなるとパパは外食になってしまいます。

体調が良いときに、作り置きのおかずやご飯をまとめて作っておくと良いでしょう☆
チンするだけですぐに食べられるようなものがオススメです。

・チャーハン
・オムライス
・カレーライス
・牛丼
・ハヤシライス
こういったものに加えて、副菜などを用意しておくとバランスの取れた食事に☆


もし里帰りしない場合でも、作り置きご飯があるとママは手抜きすることが出来ます!
産後しばらくは睡眠時間もまともに取れないので、ご飯を作るのもしんどい・・・なんて日あるかもしれません。睡眠不足って本当にしんどいですよね。

ママがゆっくり休むためにも、出産前にまとめて作り置きご飯を作っておきましょう☆

3、立ち会い出産について話し合う

今はママだけではなく、パパも出産や子育てについて学ぶことが出来る両親教室。
その時に立ち合い出産についても学ぶ方が多いのではないでしょうか?

立ち合い出産については、男女で意見が分かれる場合があります。
・立ち合い出産を希望するママ、希望しないパパ
・立ち合い出産を希望しないママ、希望するパパ
どうしたいのか2人でしっかり話し合うことが大切です☆


また立ち合い出産になった場合は、立ち会ってもらうパパに自分の意見を伝えておくと良いでしょう。
例えば
・頭側に立っていて欲しい(下は見られたくない)
・あまり喋りかけて欲しくない、励ましてほしい
・ビデオをまわして欲しい
・へその緒を切って欲しい
などママが考えている事を伝えておきましょう!


陣痛に耐えている間、筆者がしてもらって良かったことは
・テニスボールでお尻を押さえてもらうと楽になる
・のどがカラカラになるので、こまめに水分補給したい
・汗が出るので、タオルで拭いたりうちわで仰いでもらうと気持ちいい
・背中をさすってもらう
この4つがとても助かりました!


きっちり話し合いが出来ていれば立ち会う側のパパもあたふたせずに済みますし、ママ自身もパパがてきぱき動いてくれると大助かりです☆

4、母乳育児について学ぶ

 (30960)

筆者は赤ちゃんを産んだら、自然とおっぱいが出るだろう!と楽観的に考えていました。
しかし産後は意外と母乳トラブルが多く、おっぱいにはさんざん悩まされました。


・おっぱいがカチカチになって痛い
・乳首が切れて痛い
・赤ちゃんが上手に飲めない
・乳腺炎になる
・母乳が出ない
こういった悩みを持つママは意外と多いんです。


こんな場合にはどうすれば良いのかという対処方法を調べておくと、早めの対処をすることが出来ます☆

例えば
・母乳が出やすくなる食べ物リストを作る
・母乳が出やすくなるおっぱいマッサージはどんなものか
・タンポポ茶やルイボスティーなど、母乳が出やすくなる飲み物のリサーチ
・乳首が痛くなったときは乳頭保護器が良いのか、クリームを塗った方が良いのか


など母乳育児のトラブルや対処法を調べてまとめておくと、母乳トラブルが起きたときにも焦る必要がなくなるので安心です☆

5、内祝いを考える

27 件

この記事のキーワード


関連する記事 こんな記事も人気です♪

3人の妊娠体験談☆子供たちへの妊娠報告は?臨月に入ってから出産までの過ごし方☆

3人の妊娠体験談☆子供たちへの妊娠報告は?臨月に入ってから出産までの過ごし方☆

3人目の出産を経験した筆者が、どのように子供たちへ”お兄ちゃんになる”ことを伝えていったか、出産の時子供たちはどうする!?という流れをまとめました☆2人目、3人目を考えている方の参考になれば嬉しいです。
もしかして…出産が近づいているかも!?これがサインです☆

もしかして…出産が近づいているかも!?これがサインです☆

妊娠後期や正産期に入ると、いつ生まれてくるのかな??とソワソワし始める時期ですよね。早く赤ちゃんに会いたい反面、陣痛ってどんなのだろう?破水したらどうしよう?など不安もあると思います。陣痛・出産に備えて、どんな出産兆候があるのかまとめてみました☆ぜひ参考にしてみてください。
子連れ移動をもっと快適に!【子育てタクシー】に登録しよう

子連れ移動をもっと快適に!【子育てタクシー】に登録しよう

妊娠中だけじゃない!赤ちゃんが産まれてからママが助かるサービスいっぱいの【子育てタクシー】をご存知ですか!?
選ぶ人が増えてます和痛分娩。無痛分娩との違いは?メリットなどご紹介します!

選ぶ人が増えてます和痛分娩。無痛分娩との違いは?メリットなどご紹介します!

最近耳にする機会の多い、和痛分娩。芸能人でも選択する人が増えているため、浸透しつつある分娩方法です。興味はあるけど、どんなものか気になっている人も多いのではないでしょうか?和痛分娩とはどういったものか、メリットや費用など知りたいあれこれを解説します!
プレママ必見★気になる!出産前後の入院生活ってどんなの?

プレママ必見★気になる!出産前後の入院生活ってどんなの?

いよいよもうすぐ出産!というプレママは、出産前後の入院生活が気になりますよね。特に初産のプレママは未知の世界です。今回は出産前後産院での一般的な過ごし方をご紹介します★
妊婦最後の大仕事である"出産”!どうやって"いきめ"ばいいの!?

妊婦最後の大仕事である"出産”!どうやって"いきめ"ばいいの!?

長いようで短く、短いようで長い妊娠期間がもうすぐ終わろうとしています。しかし待っているのは出産!早く会いたい気持ちと、怖かったり不安といったマイナスの感情も出てくるのはおかしなことではありません。最後の大仕事であるいきみ方についてご紹介しま☆

この記事のキュレーター

nozomi nozomi